栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 08月 26日

2167)① 「北海道教育大学油彩画研究室 大学院生展」 時計台 終了・8月19日(月)~8月24日(土)

   


北海道教育大学油彩画研究室 

  大学院生展
      
        


 会場:時計台ギャラリー 2階 A・B室
      中央区北1条西3丁目 
       札幌時計台文化会館
      (中通り南向き)
     電話(011)241-1831

 会期:2013年8月19日(月)~8月24日(土)
 時間: 10:00~18:00 
      (最終日は~17:00まで。)

 【参加学生】
 山崎麻乃 村岡陽菜 清武昌 橋本知恵 山越美里   

ーーーーーーーーーーーーーーーーー(8.23)


A室の風景


2167)① 「北海道教育大学油彩画研究室 大学院生展」 時計台 終了・8月19日(月)~8月24日(土)_f0126829_8583685.jpg
   ↑:左側1点のみが院1年・山崎麻乃、他は院2年・村岡陽菜


2167)① 「北海道教育大学油彩画研究室 大学院生展」 時計台 終了・8月19日(月)~8月24日(土)_f0126829_8593849.jpg
   ↑:全作、院2年・橋本知恵



2167)① 「北海道教育大学油彩画研究室 大学院生展」 時計台 終了・8月19日(月)~8月24日(土)_f0126829_90883.jpg
   ↑:人体作品が院2年・橋本知恵、右側の2点が院1年・山崎麻乃




B室の風景

2167)① 「北海道教育大学油彩画研究室 大学院生展」 時計台 終了・8月19日(月)~8月24日(土)_f0126829_985322.jpg
   ↑:左壁面が院2年・清武昌。他は院2年・山越美里



2167)① 「北海道教育大学油彩画研究室 大学院生展」 時計台 終了・8月19日(月)~8月24日(土)_f0126829_9103314.jpg
   ↑:左側2点が院2年・山越美里、右側壁面が院2年清武昌



 AB室を広々と使った立派な展覧会だ。院2年生・男一人に女三人、院1年一人・女性という5人構成。基本は院2年生4人の為の展覧会で、そこにちょっとお邪魔しますと院1年生。だから、今展は院2年生の院生時代の総括展といっていい。
 総括的だが、決して準備万端の展覧会ではないだろう。当館の年間予定表が年末に配布されている。最近、当館では教育大生の研究室展のオン・パレードだが、全く予定表にはない。もしかしたら、空きを生かすために、当館と教育大学の半企画的展覧会が浮上したのだろう。

 そこで院生達は、それなりに描き貯めていたものを一挙に吐きだした。だから、個展並みの集合展覧会だが、あくまでも院時代の全員の日頃の姿を見てもらおう、だ。用意周到、準備万端の発表ではないだろう。
 だから個展的だが、個展並みのテーマ性はない。それでもテーマ的にそれぞれが見える。それが院時代の姿だからだろう。いろいろなことをしているのではない。狭い関心の中で一所懸命に絵画を模索している。
 (発表歴の豊富な清武昌の場合は、当てはまらない意見ばかりです。)

 していることは実に堅実でクラシカルだ。試みとか、冒険心、挑戦意欲は乏しい。あくまでも個的な小さな絵画動機を大きな絵にしている。そこに物足りなさ、不満を感じる鑑賞者は間違いなくいる。実力を見て、なんだかんだと思う人もいるだろう。今風の色爛漫や完全心象風景での若人気質の世界ではない。皆で楽しもうにはならない渋い作品展だ。


 僕は大いに楽しんだ。やっと院の姿が見えたから。ようやくチャンと全面公開してくれた。残念なのは、こうして自己を晒すことが半年から1年ほど遅いと思う。もっと早く自分の学業を見せて、他との交流を図ればいいのに。そして、最後の1年は入念に大量に描き込んで、それだけで、自分を「どうだ!」とはじけ飛べばいいのに。
 半年後には終了展が待っている。その時はバリバリの新作2点ほどで「院の最後」を見せるのだろう。時間がない・・・。
 今や人生の長さからすれば院の2年などはわずかだ。が、60歳の僕の2年と、20代の君たちの2年では質量、充実度が全然違う。
 「のんびりしているかな院生達よ」、それが感想の総括だ。
 「のんびりするなかれ院生達よ」、それが僕の願いだ。




 会場風景だけで本項を終えるのも寂しい。院1年生の山崎麻乃の全作・3点で締めます。



2167)① 「北海道教育大学油彩画研究室 大学院生展」 時計台 終了・8月19日(月)~8月24日(土)_f0126829_946026.jpg
   ↑:「(?)」。



2167)① 「北海道教育大学油彩画研究室 大学院生展」 時計台 終了・8月19日(月)~8月24日(土)_f0126829_9461635.jpg
   ↑:「ミゼリコルディアの聖母」・油彩 アクリル キャンバス。



2167)① 「北海道教育大学油彩画研究室 大学院生展」 時計台 終了・8月19日(月)~8月24日(土)_f0126829_9463061.jpg
   ↑:「メデューサの魔女」・同上。



 インド風サイケで元気がいい。空間処理という半端な言葉を吹き飛ばす勢いだ。

 こういう画風を教育大の卒展で時々出会うことがある。どうしたわけか、そういう学生達のその後が伝わらない。画風を代えたのか、公にそれほど発表していないのか・・・。「学生時代の勢い」で終わって欲しくない。



 間違いなく②に続きます。少なくても一人だけは個別掲載したい。 

 

by sakaidoori | 2013-08-26 10:22 |    (時計台)


<< 2168) 「Summer w...      2166)「本田征爾展 -水夢... >>