栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 08月 25日

2164)「浅川良美 木版画展 『いきもの万歳』」 カフェエスキス 8月15日(木)~9月3日(火)

  
      
  
浅川良美木版画展 

   いきもの万歳
 

               



 会場:カフェ エスキス
     中央区北1条西23丁目1-1
      メゾンドブーケ円山1F
      (南東角地)
     電話(011)615-2334

 期間:2013年8月15日(木)~9月3日(火)
 休み:水曜日(定休日)
     ※ 8/12.13.14 はお盆休み。  
 時間:12:00~24:00
     (日・祝日は、~21:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーー(8.23)



2164)「浅川良美 木版画展 『いきもの万歳』」 カフェエスキス 8月15日(木)~9月3日(火)  _f0126829_15541353.jpg




 入るなり、作品の大きさにびっくしちゃった。サイズも大きいが、直球一生道のような動物賛歌が目にドーンと飛び込んできた。






2164)「浅川良美 木版画展 『いきもの万歳』」 カフェエスキス 8月15日(木)~9月3日(火)  _f0126829_15543255.jpg



2164)「浅川良美 木版画展 『いきもの万歳』」 カフェエスキス 8月15日(木)~9月3日(火)  _f0126829_15544937.jpg



2164)「浅川良美 木版画展 『いきもの万歳』」 カフェエスキス 8月15日(木)~9月3日(火)  _f0126829_1555280.jpg



 会場風景では個別作品が見にくいでしょう。でも、大丈夫。しっかりと撮ってきたので、以下の写真で浅川良美の「いきもの万歳」を楽しんで下さい。キャプションも一、二個載せます。駄洒落も織り込んだタイトルの言葉遊び、過剰なまでの思い入れ文章も味わって下さい。

 ちなみに木版画です。何版かは不明。そういうことで動物賛歌の邪魔をしたくないのでしょう。上手く「賛歌」が伝われば、技術技法はどうでもいいのでしょう。もし伝わらなければ・・・厳しい美術修行が続くのです。でも、動物大好き人間にとっては、技法習得、上達は二の次でしょう。「この動物界を見よ!、私たちもこの一員なのよ」その一念なのでしょう。

 ただ、木版画を選ぶと、一気に江戸時代精神が遺伝子の中から浮かび上がってくるのでしょう。どこか浮世絵風な味があったり、江戸文人の粋な遊び心があったりと、気分は超時代的精神で動物賛歌を、いや動植物に「ありがとう、万歳」と三唱です。



 奥から載せます。


2164)「浅川良美 木版画展 『いきもの万歳』」 カフェエスキス 8月15日(木)~9月3日(火)  _f0126829_16224919.jpg





2164)「浅川良美 木版画展 『いきもの万歳』」 カフェエスキス 8月15日(木)~9月3日(火)  _f0126829_16271535.jpg





   ↑:「いざ、上陸」。




2164)「浅川良美 木版画展 『いきもの万歳』」 カフェエスキス 8月15日(木)~9月3日(火)  _f0126829_16282231.jpg
   ↑:「こんな夜は・・・」



2164)「浅川良美 木版画展 『いきもの万歳』」 カフェエスキス 8月15日(木)~9月3日(火)  _f0126829_16291770.jpg


2164)「浅川良美 木版画展 『いきもの万歳』」 カフェエスキス 8月15日(木)~9月3日(火)  _f0126829_1630204.jpg
   ↑:(上掲作品の部分図。)




2164)「浅川良美 木版画展 『いきもの万歳』」 カフェエスキス 8月15日(木)~9月3日(火)  _f0126829_1636581.jpg
   ↑:「小春日和」。




2164)「浅川良美 木版画展 『いきもの万歳』」 カフェエスキス 8月15日(木)~9月3日(火)  _f0126829_1637341.jpg    




2164)「浅川良美 木版画展 『いきもの万歳』」 カフェエスキス 8月15日(木)~9月3日(火)  _f0126829_16373212.jpg





   ↑:「キミ曜日」。


2164)「浅川良美 木版画展 『いきもの万歳』」 カフェエスキス 8月15日(木)~9月3日(火)  _f0126829_16393188.jpg




2164)「浅川良美 木版画展 『いきもの万歳』」 カフェエスキス 8月15日(木)~9月3日(火)  _f0126829_1702871.jpg
   ↑:「テリトリー」。


 この目は、タイトルから判断すると「侵入するかもしれない人」を見つめているものだ。本来は敵対者に対する鋭き視線、表情のはずだ。
 しかし、やさしい目だ。「それ以上侵入したら、ワタシはアナタを攻めなければいけない。だから、来ないで」と、哀願しているのか?
 あるいは、「ワタシはアナタと遊びたいのにそれはできない」という寂しい心持ちか?

 敵対者に対する野生味の乏しい作品だ。攻撃心露わは作家の本意ではないだろう。気分は中立的な表現にしたかったのだろうが、優しい作品になってしまった。それはやはり、タイトルの意図に反したものだ。
 作家自身の「人・社会に対するさりげない異議申し立て」の顔なのだろう。



2164)「浅川良美 木版画展 『いきもの万歳』」 カフェエスキス 8月15日(木)~9月3日(火)  _f0126829_17155626.jpg
   ↑:「フンこらしょ!」。



 今展の作品群は生き物たちへの愛のまなざしであり賛歌だ。「清く明るく美しく」ではないが、結ばれることへの全幅の信頼だ。

 会場にはワーク・ブックがあった。
 生き物たちの別の側面、生きる生態をきっちりと表現していた。もちろん、彼等に対する愛は変わらない。優しいが、日本人はこういうのを見ながら食事はしづらいだろう。

 ワーク・ブックのA4サイズ・複製プリントから、会場作品とはチョット違う浅川ワールドを載せます



2164)「浅川良美 木版画展 『いきもの万歳』」 カフェエスキス 8月15日(木)~9月3日(火)  _f0126829_1733984.jpg

2164)「浅川良美 木版画展 『いきもの万歳』」 カフェエスキス 8月15日(木)~9月3日(火)  _f0126829_1733297.jpg




   ↑:左から、「変身願望」、「飛べない蝶」。(ワーク・ブック作品集より。)



2164)「浅川良美 木版画展 『いきもの万歳』」 カフェエスキス 8月15日(木)~9月3日(火)  _f0126829_17364576.jpg


2164)「浅川良美 木版画展 『いきもの万歳』」 カフェエスキス 8月15日(木)~9月3日(火)  _f0126829_17371866.jpg



   ↑:左から、「生きる、ということ」、「いのちを繋ぐ」。(ワーク・ブック作品集より。)



 長く作品を載せすぎたかもしれない。
 最後です。暗闇の入り口あたりの紹介です。


2164)「浅川良美 木版画展 『いきもの万歳』」 カフェエスキス 8月15日(木)~9月3日(火)  _f0126829_17414690.jpg




2164)「浅川良美 木版画展 『いきもの万歳』」 カフェエスキス 8月15日(木)~9月3日(火)  _f0126829_1744231.jpg

   ↑:「夏の夜に何をかんガエル」。


2164)「浅川良美 木版画展 『いきもの万歳』」 カフェエスキス 8月15日(木)~9月3日(火)  _f0126829_17452370.jpg →:「雨宿り」。

by sakaidoori | 2013-08-25 00:10 | (カフェ)エスキス


<< 2165) 「伊藤洋子展」 道...      2163) 「鈴木麻衣子ボール... >>