栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 08月 15日

2148) 「勝毎花火大会 【道東小旅行①】」

 



 昼過ぎに帯広市内に着く。

 今回の旅の大きな目的である守屋美保展を見に、早速六花亭に行く。行ってびっくり!広い喫茶室はお客さんだらけ。しかも空きを求めて並んでいる。待ちながら作品を一渡り見る。当然、辺りはお客さんだらけ。方針を変えて、帯広美術館に行くことにする。そしてあらためて、午後4時頃に再度六花亭に行く。しかし、やはり人で一杯だ。喫茶室は2階なのだが、そこにしかないトイレを求めて女性が階段で行列をなしている。作品の概要は既に見ているのだが・・空き席を待ちながら写真を撮り・・・ようやく座れた。「何かが変だ?何かのお祭りかな?」そのうちに妻が「カチマイ花火の日なのよ!」

 ということで、花火を見に行くことにした。守屋美保展の様子は近々報告します


f0126829_23581245.jpg



 コンビニで弁当を買って何となく人混みの流れで花火会場に行く。
 日中、市内でも浴衣姿の女性をかなり見受けた。皆な夜の花火を待っていたのだ。


f0126829_035719.jpg



 歩くこと20分、橋のたもとの護岸に着く。


f0126829_05646.jpg



f0126829_052344.jpg



 護岸に上がって河川敷を見ると・・・人人人・・・人だらけだ。
 写真は大橋の東側なのだが、「西側は既に満杯・・・」と、マイクで騒いでいた。東に行くように一所懸命にマイク誘導だ。

 公式発表20万人だ。その数の実感はつかめないが、花火大会でこれだけの人混みを見るのは始めてだ。

 河川敷に降りたが、席がない。ようやく見つけて辺りをパチリ。


f0126829_0112028.jpg



 西側の風景。



f0126829_0113995.jpg



 透かし屋根の下に場所を見つける。花火は上の写真の方向と決め込んだ。が、実際はより東側で、上の屋根が邪魔であった。



f0126829_018574.jpg



f0126829_0253843.jpg



f0126829_026836.jpg



f0126829_0263872.jpg




 「これでは見えん!」と、妻は席を換える。先ほどまでの通路が、今では客席に変身している。ということで、夫婦二人で小移動。

 以下、そこからの花火の様子です。
 


f0126829_03238100.jpg



f0126829_033988.jpg



 この白いテント内が特設ルーム。有料だ。お値段に3段階ぐらいあるみたい。
 そのテント越しに我々の花火があるわけだ。


f0126829_039158.jpg



f0126829_039499.jpg



 写真上部の青い色は照明装置による電飾。会場は照明、音楽、花火の総合舞台。花火は大輪を見上げると言うより、フランス風のシャンパン花火だ。小刻みに乱火乱火のパチパチ、ドンパチだ。


f0126829_0403159.jpg



 子供の顔が写ってしまった。こうして写真で見ると絵になっているが、子供は飽きたのかあちこちをうろついていた。見るのにはいささか邪魔だが仕方がない。



f0126829_0515115.jpg



f0126829_0521966.jpg



f0126829_053324.jpg





f0126829_056818.jpg




f0126829_0563681.jpg




f0126829_057093.jpg





f0126829_0571773.jpg




 
 旅行初日で目的の個展も見た。美術館にも行った。大々的な花火も期せずして見ることができた。
 大満足の一日であった。ほぼ、目的な8割は達成した。

by sakaidoori | 2013-08-15 23:50 | 【2013旅行記】 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/20212063
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 2149) 「忠類ふるさと盆踊...      2147) 昨日の天気と、ちょ... >>