栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 05月 15日

2053)②「樽前arty 2013 『誰かが見たこの街』展」 苫小牧・工房LEO 終了5月3日(金)~5月6日(月・祝)



樽前arty 2013 

誰かが見たこの街』展
 



 会場:苫小牧市立樽前小学校
      苫小牧市字樽前102

 会期:20013年5月3日(金)~5月6日(月・祝)
 時間:10:00~17:00
     (最終日は、~16:00まで)

 【参加作家】
 竹本英樹(写真) 水野剛志(日本画) 山田良(建築・インスタレーション)


※ 樽前arty 2013  

 会場:工房LEO
    苫小牧市字樽前114
    電話(問い合わせ):090-5220-9087(藤沢) 

 会期:2013年4月28日(日)~5月6日(月・祝)
 時間:10:00~17:00
     (最終日は、~16:00まで)

ーーーーーーーーーーー(5.6)

 2052)①の続き。

 (以下、敬称は省略させて頂きます。)


 体育館での水野剛志展。


2053)②「樽前arty 2013 『誰かが見たこの街』展」 苫小牧・工房LEO 終了5月3日(金)~5月6日(月・祝)_f0126829_23314692.jpg




2053)②「樽前arty 2013 『誰かが見たこの街』展」 苫小牧・工房LEO 終了5月3日(金)~5月6日(月・祝)_f0126829_21372118.jpg



2053)②「樽前arty 2013 『誰かが見たこの街』展」 苫小牧・工房LEO 終了5月3日(金)~5月6日(月・祝)_f0126829_23331817.jpg






2053)②「樽前arty 2013 『誰かが見たこの街』展」 苫小牧・工房LEO 終了5月3日(金)~5月6日(月・祝)_f0126829_21201374.jpg



2053)②「樽前arty 2013 『誰かが見たこの街』展」 苫小牧・工房LEO 終了5月3日(金)~5月6日(月・祝)_f0126829_23321560.jpg




 大作だ。今回のイベント参加への強い思い入れが伝わる。

 大きいのだが、今展用の作品とは気付かなかった。樽前山の見える学校だから、いつもそこにある作品と勘違いしてしまった。というか、水野剛志がこんな大きな山を描く人とは思っていなかったから。
 しかし、こんなに大きいのだが、ギラギラと主張していない。確かに水野剛志は大きな作品も描く。描くのだが、発散爆発型ではない。大らかにいつもそこにあるような描き方だ。主義主張という存在感よりも、廻りの空気を引き込む包容力作家だ。


 山のスケッチがピアノの廻りに散乱している。その中でのお気に入りを載せます。絵画大作と通じるものがあります。


2053)②「樽前arty 2013 『誰かが見たこの街』展」 苫小牧・工房LEO 終了5月3日(金)~5月6日(月・祝)_f0126829_2140353.jpg



 絵画もスケッチ画も、山の雄姿を支えている山裾の表現に関心がいく。山そのものは白く淡泊だ。反して、山裾は黒味で、何かが蠢いているような、静かな勢いがある。「山」の不思議さを、一身に山裾が担っている感じだ。
 それはそうと、この超大作をもっと目立たせてもよかったのでは。学校玄関に氏の旧作である赤い花があった。それを隣に飾って華やかにしたら・・・。あるいは、今作は「シロタル(白い樽前)」、あるいは「アオタル(青い空のある樽前山)」だが、隣に「アカタル(赤樽)」はどうだろう。山が重複するのであれば、樽前山からの眼下の風景はどうだろう。そこは何にもない原野の相貌だ。氏ならば、優しく大きく原野を取り込むだろう。


2053)②「樽前arty 2013 『誰かが見たこの街』展」 苫小牧・工房LEO 終了5月3日(金)~5月6日(月・祝)_f0126829_22335673.jpg
2053)②「樽前arty 2013 『誰かが見たこの街』展」 苫小牧・工房LEO 終了5月3日(金)~5月6日(月・祝)_f0126829_22342712.jpg



2053)②「樽前arty 2013 『誰かが見たこの街』展」 苫小牧・工房LEO 終了5月3日(金)~5月6日(月・祝)_f0126829_2235567.jpg




 さて、今展は単なる作家の発表展ではない。外の人間が、どういうふうにこの街・樽前を見たか。さらに、作家自身がこの地の生徒達と関わって、彼らに何かを残す、表現者自身もマレビトとして何かを頂くという主旨だ。
 だから、大作「樽前山」も、単に「山を描きたかった」ではない。

 それはともかくとして、生徒や父兄の方達の作品が壁に数珠繋ぎになっていた。幅は小さいが、これまたなかなかの長さだ。ワイワイ騒ぎながら制作したことだろう。


2053)②「樽前arty 2013 『誰かが見たこの街』展」 苫小牧・工房LEO 終了5月3日(金)~5月6日(月・祝)_f0126829_22483114.jpg



2053)②「樽前arty 2013 『誰かが見たこの街』展」 苫小牧・工房LEO 終了5月3日(金)~5月6日(月・祝)_f0126829_22485450.jpg



2053)②「樽前arty 2013 『誰かが見たこの街』展」 苫小牧・工房LEO 終了5月3日(金)~5月6日(月・祝)_f0126829_22491771.jpg



2053)②「樽前arty 2013 『誰かが見たこの街』展」 苫小牧・工房LEO 終了5月3日(金)~5月6日(月・祝)_f0126829_22493510.jpg



2053)②「樽前arty 2013 『誰かが見たこの街』展」 苫小牧・工房LEO 終了5月3日(金)~5月6日(月・祝)_f0126829_22495287.jpg




 上の巻物が高校生の作品。下の巻物が小学生&父兄作品。下の方が楽しい。

 広い体育館だ。ここで皆ながはいつくばって描いたのだろう。今は静かで誰も居ない。外は雨風の騒がしい天候だが、まったく無関係に体育館がある。イベントも過ぎ去った。後は終わる時を待つだけだ。形あるものを作ったが、その形も消え去ろうとしている。何が残ったか?心に思いでとして、体に体験として積み重なるだろ。生活の中での楽しきザワメキとして。



2053)②「樽前arty 2013 『誰かが見たこの街』展」 苫小牧・工房LEO 終了5月3日(金)~5月6日(月・祝)_f0126829_232546.jpg



2053)②「樽前arty 2013 『誰かが見たこの街』展」 苫小牧・工房LEO 終了5月3日(金)~5月6日(月・祝)_f0126829_233169.jpg




2053)②「樽前arty 2013 『誰かが見たこの街』展」 苫小牧・工房LEO 終了5月3日(金)~5月6日(月・祝)_f0126829_2392774.jpg
2053)②「樽前arty 2013 『誰かが見たこの街』展」 苫小牧・工房LEO 終了5月3日(金)~5月6日(月・祝)_f0126829_2395788.jpg




2053)②「樽前arty 2013 『誰かが見たこの街』展」 苫小牧・工房LEO 終了5月3日(金)~5月6日(月・祝)_f0126829_23105141.jpg
2053)②「樽前arty 2013 『誰かが見たこの街』展」 苫小牧・工房LEO 終了5月3日(金)~5月6日(月・祝)_f0126829_2311839.jpg




2053)②「樽前arty 2013 『誰かが見たこの街』展」 苫小牧・工房LEO 終了5月3日(金)~5月6日(月・祝)_f0126829_23112628.jpg




 ③に続く

by sakaidoori | 2013-05-15 00:42 | [苫小牧]博物館


<< 2054)①「徳丸滋 展」 時...      2052)①「樽前arty 2... >>