栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 03月 07日

1960)「門間暢子 展 (らいらっく新鋭展)」 道銀らいらっく 3月4日(月)~3月9日(土)

    


らいらっく新鋭展 

     門間暢子
   



 会場:らいらっく・ぎゃらりい
     中央区大通西4丁目
      北海道銀行本店ビル 1F
      (大通公園の南側、北東角地。)
     電話(011)233-1029

 会期:2013年3月4日(月)~3月9日(土) 
 休み:日曜・祝日(定休日)
 時間:10:00~17:00
     (初日は、12:00~から。最終日は、~16:00まで)

 主催:(財)道銀文化財団

 【らいらっく新鋭展参加作家】
 
 浜地彩 (新道展推薦)   1月21日(月)~1月26日(土)
 佐藤仁敬 (全道展推薦)  1月28日(月)~2月2日(土)
 宮地明人 (同上)      2月4日(月)~2月9日(土)
 武田志麻 (同上)      2月12日(月)~2月16日(土)
 あやせちめ (道展推薦)  2月18日(月)~2月23日(土)
 千葉美香 (同上)      2月25日(月)~3月2日(土)
 門間暢子 (同上)      3月4日(月)~3月9日(土)  
 佐藤菜摘 (同上)      3月11日(月)~3月16日(土)
  (上掲8名のリレー展)

ーーーーーーーーーーーーーーー(3.5)


1960)「門間暢子 展 (らいらっく新鋭展)」 道銀らいらっく 3月4日(月)~3月9日(土) _f0126829_1683231.jpg



1960)「門間暢子 展 (らいらっく新鋭展)」 道銀らいらっく 3月4日(月)~3月9日(土) _f0126829_1624222.jpg



 狭い会場だ。だが、大学生という青年の個展だ。全く問題ない。というか、狭いから、若さがムンムン伝わってくる。逃げ場がなくてちょっと困りもするが、迷い無しと言いたげな直球臨場感に浸ることができる。もし若さというエネルギーが伝わらなければ、こちらの感受性が弱まっているのだ。あるいは、作品にエネルギーが欠けているということだ。

 今週で7人目の「らいらっく新鋭展・門間暢子展」も画題が飛び跳ねていて、狭い会場で見るには実に良い。女の子のピンク気分にどっぷり浸かってしまった。

 門間暢子。1992年、旭川生まれ。そして旭川育ちの旭川暮らし。どっぷり旭川人だ。現在は北海道教育大学岩見沢校美術コース2年生。昨年の度重なる道展U21での受賞歴で今回の道展推薦での個展だ。

 以下、大作を制作年代順に載せます。


1960)「門間暢子 展 (らいらっく新鋭展)」 道銀らいらっく 3月4日(月)~3月9日(土) _f0126829_16285591.jpg
          ↑:「idea」・2010年 色鉛筆 アクリル B1。



1960)「門間暢子 展 (らいらっく新鋭展)」 道銀らいらっく 3月4日(月)~3月9日(土) _f0126829_1631719.jpg
          ↑:「星の海」・2011年 色鉛筆 アクリル 107×75.5㎝。



1960)「門間暢子 展 (らいらっく新鋭展)」 道銀らいらっく 3月4日(月)~3月9日(土) _f0126829_16325130.jpg
          ↑:「ときめき」・2012年 アクリル 107×75.5㎝。



1960)「門間暢子 展 (らいらっく新鋭展)」 道銀らいらっく 3月4日(月)~3月9日(土) _f0126829_16393126.jpg
          ↑:「駆け抜けろ!」・2013年 アクリル 107×75.5㎝。


 高校時代からの作品を、こうして順番に見ると、迷いなき明快な路線が見える。「人(私)が好き、生き物が好き、皆な皆な溢れて、明るく楽しく弾けて、う~ん、人生ってステキ!」だ。

1960)「門間暢子 展 (らいらっく新鋭展)」 道銀らいらっく 3月4日(月)~3月9日(土) _f0126829_17194185.jpg さすがに近作の「駆け抜けろ!」は、今までのピンク中心のワンダー・ランドで攻めるスタイルから、渋い赤が発色よろしく輝き、バリエーションも重なり魅せる世界に迫っている。だが、それは絵の表現力の上達であり、「絵画讃歌」という門間ワールドまっしぐらには変わらない。

 僕は「迷いがない」と書いた。迷いのない人や画家はいない。「迷いからくる暗さがない」、ということだ。必ず迷いはくる。結果、作風が激変するかもしれない。「女の子」から「女」に変身するかもしれない。逆に、パワーアップのノーテンキ元気印になるかもしれない。が、そんな先のことを思っても無駄だし面白くも可笑しくもない。カラー・ウーマン200%を今後も楽しみにしよう。



1960)「門間暢子 展 (らいらっく新鋭展)」 道銀らいらっく 3月4日(月)~3月9日(土) _f0126829_1761073.jpg
     ↑:(空間部分は)「ねがいごと」・2013年 色鉛筆 アクリル コラージュ A3。


1960)「門間暢子 展 (らいらっく新鋭展)」 道銀らいらっく 3月4日(月)~3月9日(土) _f0126829_178377.jpg 上の空いている空間は現在制作中です。というか、左の写真に写っている赤い蝶などが貼られていくわけです。会期終了までには出来上がります。
 赤い蝶、今の彼女は赤系に関心があるみたい。ちょっと気になる即興作品です。









1960)「門間暢子 展 (らいらっく新鋭展)」 道銀らいらっく 3月4日(月)~3月9日(土) _f0126829_17122213.jpg
1960)「門間暢子 展 (らいらっく新鋭展)」 道銀らいらっく 3月4日(月)~3月9日(土) _f0126829_17123663.jpg
     ↑:左側 「Sweet」・2013年 色鉛筆 アクリル。右側 「あこがれ」・2012年 アクリル B3。





1960)「門間暢子 展 (らいらっく新鋭展)」 道銀らいらっく 3月4日(月)~3月9日(土) _f0126829_17125058.jpg →:「Love The Earth」・2011年 アクリル コラージュ 18×18㎝。

by sakaidoori | 2013-03-07 17:34 | 道銀・らいらっく


<< 1961)「千葉美香 展 (ら...      1959)「平田まどか 『ボル... >>