栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 03月 08日

1962)「『現在(いま)を見つめる目』(高校生絵画) Vol.6 」 道銀らいらっく 終了1月7日(月)~1月19日(土)

  


Vol.6 「現在(いま)を見つめる目

      ~全国にはばたく、北海道の高校生たち
   



 会場:らいらっく・ぎゃらりい
     中央区大通西4丁目
      北海道銀行本店ビル 1F
      (大通公園の南側、北東角地。)
     電話(011)233-1029

 会期:2013年1月7日(月)~1月19日(土) 
 休み:日曜・祝日(定休日)
 時間:10:00~17:00

 主催:(財)道銀文化財団

ーーーーーーーーーーーーーーー(1.12)


f0126829_11205856.jpg



f0126829_11212434.jpg



f0126829_11213681.jpg



f0126829_1121511.jpg




 昨年の北海道高文連優秀作品10点の展示。全作が、今年の長崎での高文連全国大会に出品される。当然優秀作品で上手いのだが、上手い上手いと言ってもつまらない。
 明快な特徴がある。特に油彩画的絵画は「日常の画題を一所懸命に丁寧にリアルに」というものだ。あくまでも全体を一つの作品としてみてのことなのだが、色彩性や意外性には欠ける、華が乏しい。これが高文連というものか?高文連選者の好みかもしれない。が、そこに明快な選定基準があり、一つの「美の基準」の提示だ。これはこれとして理解しよう。セレクト展というものは選者の思想なのだ。思想が明快なことは良いことだ。あとは一般鑑賞者の好みと選択があるだけだ。


 イラスト部門2点がが抜群に気に入った。その作品から載せます。


f0126829_11504185.jpg
          ↑:大麻高校1年 阿知波まどか(あちわ まどか)、「ザリガニ」・イラスト 95.5×67㎝。


f0126829_11533399.jpg


f0126829_1154036.jpg



 ザリガニを描いているのだが、中身はいろいろだ。本人曰く、「ザルガニでまとめるつもりが、川の生き物だけじゃ面白くない。川の生き物→海の生き物→よくわからない生き物→歌舞伎」になったとのこと。要するに絵なんて嘘っぱちなんだし、嘘から生まれる誠もあろうよ、ということだ。そして赤をポイントに入れて「ニクイ」。赤の挿入なんて、歌舞伎そのものだ。そして、何と1年生だ。もっともっとカブレればいいのだ。

 肝心なことが後になった。この作品は点描だ。「カブレル」とは外に目立つ行為なのだが、あろうことか作品実体は「点描」という内に内に情念・神経を注ぐこと甚だしい。あんまり内側で籠もってばかりいると、世界が見えなくなる。せめては画題だけでも外に発散させようということだろう。
 点描の質量、そして遊びを秘めた重厚な画題に構成と、栄通好みの作品だ。



f0126829_1218995.jpg
          ↑:岩内高校2年 甲谷瞳美(こうや ひとみ)、「触」・イラスト B1。



f0126829_14592794.jpg
 同じく点描画。
 目ン玉をリアルに、手の形はぎこちなく、質感たっぷりという全体印象だ。点描表現の独特な陰影・明暗が画題と重なり、日常の中での何となく不気味なシュール感だ。ちくちくと胸騒ぎがする。が、こんな点描に出会えると心は躍る。

 でも、甲谷瞳美にとっては、目をシュールで不気味なものとして描いてはいないのだろう。きっと目ン玉が好きなんだ。「目」ではなく「目ン玉」というものが、画家にとっては大事なもので、好きな「手」と一緒に描きたかったのだろう。一所懸命に点描の質感を出そうとして、そして現在は点描具象力がやや劣るので、それで作品が不気味な感じになっただけかもしれない。
 だが、日常離れして、目ン玉や手に集中しているのが画家らしい。「着目点」が素晴らしい。後は本人の主張を離れて絵画が独り立ちするものだ。変な魅力ある絵として。


  ※※※※※※※※※※


f0126829_1502510.jpg
     ↑:札幌東高2年 長尾柚香(ながお ゆうか)、「友人」・油彩 F30号。


 可愛い絵だ。顔の大きさが赤ちゃんみたいにおおきくしているから、表情以上に可愛い。服装も皺がよりかげんで、普段着感覚で一層可愛い。ポーズも上向きで、若さになっている。
 背景の白は大胆だ。可愛さ200%ならば、この辺に色を入れたり、何かを描き加えたりするのだが、あっさり仕上げている。「白い空間」に大人の前兆を見る思いだ。



f0126829_157099.jpg
          ↑:江別高校1年 前野里佳子(まえの りかこ)、「自転車日記」・油彩 F30号。


 元気な自転車だ。全体に赤で雰囲気を作っている。鉄錆に混じりながら、「私が修理してあげよう、乗ってあげよう」と、画家が絵の中で修復しているみたいだ。それにしても、壊れた自転車の部分部分の新品さは何だろう?リアル過ぎなのだが、それは良いことか悪いことか?
 同じ高校生でも、1年生の元気さは大分違っている。この人は太く大きく真一文字だ。



f0126829_1516981.jpg
     ↑:清水高校2年 松田美希(まつだ みき)、「センチメンタル」・油彩 F30号。


 不思議な表情だ。「センチメンタル」、感傷的というか涙もろいというか、そういうひ弱なイメージだが、この顔は違う。むしろ、感情を押し殺して、淡々と何かを見つめている感じだ。しかも、大きな目と顔、大きなカメラ、大きな手だ。薄塗りで、色もそんなにない。奇をてらわず、スクッと見つめている。大人になりかけの表情で。



f0126829_15174576.jpg
     ↑:釧路北陽高校2年 内田侑岐(うちだ ゆうき)、「こころの一枚」・油彩 F30号。


 きっと大切な空間であり、場所であり、大事な物や人達だろう。描いても描いても描き足りないのだろう。皆な皆な全部が大事で、どれかを大きく描こうという世界ではないのだろう。
 ただ、一杯描いているのに絵が小さく感じるのは何故だろう?物は溢れているが、描き手の気持ちは淡々とした愛情なのだろう。



 以下、言葉無しで作品のみ載せます。



f0126829_15371959.jpg
          ↑:函館高校2年 黒瀧舞衣(くろたき まい)、「ねっこ」・油彩 F30号。



f0126829_15374264.jpg
          ↑:旭川西高2年 坂内沙耶(ばんない さや)、「交差点」・油彩 F30号。
  


f0126829_1538618.jpg
          ↑:室蘭栄高校2年 小林尚通(こばやし なおみち)、「鉄の城」・油彩 F30号。



f0126829_15383781.jpg
          ↑:月寒高校2年 鈴木惟加(すずき ゆいか)、「帰郷」・・油彩 F30号。



 

by sakaidoori | 2013-03-08 16:09 | 道銀・らいらっく | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/18708152
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 1963)③「札幌大谷大学短期...      1961)「千葉美香 展 (ら... >>