栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 10月 16日

1829)②「小樽・鉄路・写真展 13th 2012」 小樽旧手宮線跡地 8月27日(月)~9月9日(日)

  

小樽・鉄路・写真展 
13th 2012



 会場:小樽旧手宮線跡地
   小樽市色内2丁目マリンホール裏

 会期:2012年8月27日(月)~9月9日(日)
 時間:24時間屋外展示、当然無休。
     (最終日は~17:00まで。)

 主催:小樽・鉄路・写真展実行委員会
 協賛:(有)石崎電気商会

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(9.8)

 1822)①の続き。

 それでは後半部分を軽く歩くことにしよう。


f0126829_9382246.jpg



f0126829_942675.jpg



 彼女は歩く。僕の写真を邪魔したかったのか、僕の写真に収まりたかったのか、彼女は去っていく。


f0126829_9434913.jpg
     ↑:M イワナミ。

f0126829_944980.jpg



f0126829_953935.jpg
     ↑:(左側の写真作品は、M イワナミ。)


 またまた彼女が立っている。ミスター・イワナミの守護姫か。


f0126829_9551316.jpg



f0126829_9564239.jpg
     ↑:(上下、ツグミ。)


 小さめのおがみ看板という意匠、びっしりと思春期が詰まっている。
 やや古風な衣装の乙女がビンに詰まっている。コレクション風の男性作品ではない。性欲がないから。「このまま水の浸ったビンの中にいたい、だって気持ちいいんだもの、安心なんだもの、でも外は・・・」そんな感じの女心に見える。
 しかし、その気持ちを連続作品として提示しているのがいい。「小さい世界小さい世界、ワンダフル」といいながら、溢れる思い、増殖するエネルギーを楽しんでいる。当然、この小さい世界は羽ばたくための培養器だ。惜しみなくこの若さを大きくしてもらいたい。

 撮影者の言葉があった。ストレートにその気分が伝わってくる。


f0126829_10122927.jpg
f0126829_10124767.jpg



f0126829_1015715.jpg



f0126829_2164857.jpg
f0126829_2171079.jpg
     ↑:國生隆史。


f0126829_21105759.jpg
f0126829_21113275.jpg


f0126829_21114551.jpg
     ↑:小林直智。



f0126829_21133833.jpg



f0126829_21135461.jpg
     ↑:?。


f0126829_2118557.jpg
     ↑:?。


f0126829_21183662.jpg
     ↑:三好めぐみ。


f0126829_21205347.jpg



f0126829_212117100.jpg




f0126829_21235650.jpg



 ③に続く

by sakaidoori | 2012-10-16 21:27 | [小樽] | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/18072470
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 1830) 「碓井玲子・展 『...      1828)②「南東北旅行 (フ... >>