栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 06月 12日

1789)④「北の日本画展 第27回」 時計台 終了5月21日(月)~5月26日(土)

f0126829_0132445.jpg
○ 第27回 

    北の日本画展
  


 会場:時計台ギャラリー 2・3階全室
      中央区北1西3 
       札幌時計台文化会館
      (中通り南向き)
     電話(011)241-1831

 会期:2012年5月21日(月)~5月26日(土)
 時間: 10:00~18:00 
      (最終日は~17:00まで。)

○ 深川移動展 

 会場:深川アートホール東洲館
      深川市1条9番19号深川市経済センター2階
      (JR深川駅を降りて直ぐ左側のビル)
      電話(0164)26-0026

 会期:2012年6月1日(金)~6月15日(金)
 時間: 10:00~18:00
 休み:月曜日

 【参加作家】
 総勢62名。
 (DMを拡大して個人名を確認して下さい。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー(5.26)

 1771)①、1773)②、1775)③の続き。
 (以下、敬称は省略させて頂きます。)


3階のE F室。


 なぜだか全室をこまめに載せることになりました。こんなことはめったにありません。時にはいいでしょう。


f0126829_12331777.jpg


f0126829_12334875.jpg


f0126829_1234071.jpg


f0126829_12341033.jpg




f0126829_12385284.jpg
f0126829_123994.jpg
     ↑:ともに岡惠子(札幌)。
 左から 「古い人形(梅華模様)」・M25(額込み横幅75㎝)、「ミドリ色のボク達」・P30(額込み横幅90㎝
)。


 今展でも印象深い作品だった。
 見た瞬間に人形作品が気に入った。何とも言えないリアリティーだ。渋くまとまった姿は、画家自身の年輪の反映だろう。どっしりとした安定感重量感に人形以上のものを感じた。

 「ミドリ色のボク達」、はじめはちょっと地味過ぎると思った。人形の世界は色合いは地味だが、見れば見るほど派手に感じて、作家の外に向かう力を思った。
 その目の後で緑色の世界に見やると、男が菩薩に見えてしまった。フックラとして余裕のある姿だ。画家が菩薩なり仏を意識して描いたかは知らない。が、男性にある種の理想のお姿を表現しようとしたと思う。おそらく年配作家だから、自然に仏ムードになったのだろう。


f0126829_0213092.jpg
          ↑:伊藤洋子(札幌)、「ベルギーの傘屋」・F30(72.7×90.9㎝)。


 隣近所には迷惑をかけないようにして、それぞれの品々がやさしく席を占めている。
 人はいないが、しっかり人の気配や余韻がたちこめていて、物語作品になっている。
 
 以前の伊藤作品はどこか冷たくよそよそしかった。絵としてはその緊張感が面白いのだが、何かを避けているようでいて、どうなるのかと見続けている。
 「何か」とは「人間」だ。避けていた人間臭が今作だと思う。さて、大作にもこの気分が反映するのか?


f0126829_0364122.jpg
          ↑:安栄容子(稚内)、「花の島にて」・F50



f0126829_0375374.jpg
          ↑:加藤仁彩(札幌)、「まちあかり」・F15(53×65.2㎝)



f0126829_0414313.jpg
          ↑:葛巻真佑(苫小牧)、「憩」・F6

 F6という小品です。これをそのまま大きくしても、絵としては大変でしょう。ですが、足と腰と手だけの絵もいいものです。



f0126829_0473470.jpg
f0126829_0474539.jpg
     ↑:ともに、工藤真由香(札幌)。左から 「穀雨」・F20(72.7×60.6㎝)、「eau」・F20(同)

 今は表情の堅さが目立つが、いろんな意味で若さの証拠でしょう。ブルーな心象、それもやっぱり若さでしょう。

 (お名前を間違っていました。すいませんでした。)



f0126829_0522351.jpg
     ↑:中野邦昭(札幌)、「はるか Ⅰ」・F30。「はるか Ⅱ」・F30


f0126829_185926.jpg
     ↑:紅露はるか(札幌)。
 「snow field」・変形(90×32㎝)、「snow field」・変形(90×32㎝)、「明るい部屋」・変形(75×30㎝)






 残り一部屋です。続く予定ですが・・・。

by sakaidoori | 2012-06-12 01:12 |    (時計台) | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/17625004
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 根保孝栄・石塚邦男 at 2012-09-17 00:29 x
最近、油絵よりも日本画が人気を呼んでいるそうですが、北海道は風土的に日本画が適しているそうで、冬油絵は乾きが遅いので、ということと、日本画の先生が少ないためとかでかつては日本画を学ぶ人が伝統的に少なかったようですが、昨今は盛んになって来ました。いいことですね。


<< 1790)「第46回 白日会北...      1788)①「森本めぐみ・展」... >>