栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 05月 22日

1761) 「金環日食 2012年5月21日(月曜日) 朝の登校時間」

   


1761) 「金環日食 2012年5月21日(月曜日) 朝の登校時間」_f0126829_8265719.jpg
     ↑:(5:03)


 昨日は金環日食ということで朝から太陽を拝むことになった。特別なフィルターも用意しなかったから、目が少し変になった。何か無いかとプラスチックや下敷きを使ったが効果無し。妻はカラー写真のネガを重ねての鑑賞だ。バッチ・グーだ。

 自宅から朝陽の方角は丸見えなので、見る分には楽なものだ。雲が架かったりすると、うす灰色に欠けた太陽が見えて、日食なんだとホッとする。
 窓のガラス越しで見ているのだが、二重窓ということで思わぬ現象を見れた。向こう側のガラスに、白く欠けた太陽が写っている。以下、適当に二つの太陽を楽しんで下さい。
 写真は明度やコントラストなどの画像処理をかなりしています。撮ったままでは普通の輝く太陽ですが、画像処理していけば、何とか欠けている様子も見えるみたいです。


1761) 「金環日食 2012年5月21日(月曜日) 朝の登校時間」_f0126829_9263984.jpg
     ↑:(6:50 情報によれば、札幌では少しは欠けているはずだ。確認できない。ウリュウ ユウキさん好みのアングルだ。もちろん僕好みでもある。眩しいから、見ないで適当にパチリだが、上手くいった。)


1761) 「金環日食 2012年5月21日(月曜日) 朝の登校時間」_f0126829_923298.jpg
     ↑:(7:12 右上が少し欠けている。太陽が少しいびつなのは、二重窓のガラス越しだからだろう。)


1761) 「金環日食 2012年5月21日(月曜日) 朝の登校時間」_f0126829_931789.jpg
     ↑:(7:28。 お月さんのような太陽だ。見事に欠けている。実は、これはガラスに写ったものだ。太陽が隠れ気味なので、ガラス写りも鮮明だ。)


1761) 「金環日食 2012年5月21日(月曜日) 朝の登校時間」_f0126829_9371093.jpg
     ↑:(7:57。最大限に欠ける時刻を7分ほど過ぎた時。 
 真っ赤に燃える太陽と、三日月のような組み合わせ。太陽の本体と虚像だ。しかし、本体はその姿を明るさで誤魔化し、虚像は小さいながらも実体を表現している。何がホントで、何がウソだか?)


1761) 「金環日食 2012年5月21日(月曜日) 朝の登校時間」_f0126829_9422841.jpg
     ↑:(8:21。 最後に撮った写真。青味も出ていて、深みもあり綺麗だ。




1761) 「金環日食 2012年5月21日(月曜日) 朝の登校時間」_f0126829_9484148.jpg



1761) 「金環日食 2012年5月21日(月曜日) 朝の登校時間」_f0126829_9504559.jpg


by sakaidoori | 2012-05-22 09:52 | ◎ 風景


<< 1762) 「甲斐野市子・個展...      1760)「本田征爾・展 -虹... >>