栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 05月 04日

1731)①「阿部典英の全て ~工作少年、イメージの深海を行く~」 近美 4月7日(土)~5月6日(日)

   
○ 阿部典英の全て 

         工作少年、イメージの深海を行く
   

    
 会場:北海道立近代美術館
      中央区北1条西17丁目   
     電話(011)644-6882

 会期:2012年4月7日(土)~5月6日(日)
 時間:9:30~17:00
     (入館は16:30まで。)
 休み:平日の月曜日(定休日)、5月1日
 料金:一般 1000円 高大生 600円 小中生 300円 

 主催:当館 北海道新聞社 

 ※ イベント多数 

ーーーーーーーーーーー(5.4)


f0126829_22164775.jpg



f0126829_221755.jpg




 今展は5月6日までだ。遅い鑑賞になった。しかも、写真撮影可能だった。会期はあとわずかですが、宣伝も兼ねて、会場風景だけでも紹介していきます。


 (以下、敬称は省略させて頂きます。)


 僕はこの10年ぐらいしか典英を知らない。しかし、その間に随分と回顧展らしきものも開催されていたので、ある程度の古さの作品は知っている。初期のの油彩画もポルト会館で見知っている。だから、おおよその流れは分かっていたつもりだが、高校時代の書には驚いてしまった。書と言うより、落書き、素描、デザイン、絵画として見た方がいいだろう。

 とにもかくにも、その書を掲載します。


f0126829_23115119.jpg



f0126829_22333943.jpg



f0126829_22351260.jpg



f0126829_22563531.jpg




f0126829_22353554.jpg




f0126829_22381382.jpg



f0126829_22383341.jpg



f0126829_2247213.jpg



 書は全て高校書道部時代のものだ。凄い、圧巻だネ。この胆力、エネルギー、迫力、天晴れとしか言いようがない。


 以下、第2室の風景。

f0126829_22595638.jpg



f0126829_2302161.jpg



f0126829_2303661.jpg





 ②に続く

by sakaidoori | 2012-05-04 23:16 | ☆札幌・近代美術館 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/17502428
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 1732)②「阿部典英の全て ...      1730)「高橋彩美・写真展 ... >>