栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 05月 03日

1728)「松本ナオヤ・個展 『IMAGE INVADER』」 ト・オン・カフェ 終了・4月17日(火)~4月30日(月)

  
○ 松本ナオヤ・個展 

     IMAGE INVADER

     

 会場:TO OV cafe(ト・オン・カフエ)
      中央区南9西3-1-1
       マジソンハイツ1F
      (地下鉄中島公園駅下車。
      北東に徒歩2分。北東角地。)
     電話(011)299ー6380

 会期:2012年4月17日(火)~4月30日(月)
 休み:会期中無休
 時間:10:30~22:00
    (日曜日は、10:30~20:00)
 電話:(011)299-6380

ーーーーーーーーーーーーーーー(4.30)

f0126829_6555384.jpg


f0126829_7262943.jpg
     ↑:(入り口の喫茶室)


f0126829_7273490.jpg



f0126829_728641.jpg



f0126829_7294722.jpg



f0126829_7301847.jpg




 (以下、敬称は省略させて頂きます。)


 道都大学中嶋ゼミでシルクスクリーンを学んだ20代の青年。

 画題の根っこにあるのは「人間」だ。「人間」のある種のポーズを、別のポーズに置き換えたり、ある組み合わせで人型にしたりと遊んでいる。卒業後は、そのパターンも拡がり、構成構図も画面一杯に膨らんでいる。何より好ましいのは、作品が「強く」なったことだ。青年らしいエネルギーが充満している。それは学生時代にはあまり見られなかったことでもある。かつては、どこかお洒落に品よくまとめるという姿勢だった。それが今は強い。
 今展は、画題とか、色々な意味でゴチャゴチャと言っていいだろう。確かにまとまりはないのだが、「オレのニンゲンを見せたい」というのはよく分かるので、違和感はない。むしろ、ストレートな分だけ好ましい。敢えて言うなら、「オマエはいったい、ニンゲンの何を見せたいのか?」だろう。だが、それは不満と言うよりこれからの期待だ。第一、この若さで明快に具体的に詳細に「ニンゲン表現」を求めるわけにはいかない。歳をとったところで「人間表現」など、言うは易く行うは難しだ。

 「松本・人間」には真正面の顔はない。何かで覆われたり後ろ向きであったりする。組み合わせ人型などは、「遊び」には違いはないが、人間直視を避けている感もする。だが、「後ろ向き」も、「直視逃避」も、人間に何を見ているかとか、自分自身の立つ位置・自意識の反映であって、作品の優劣・良し悪しには関係ないだろう。そういう姿勢が見る者の心を揺さぶれれば良いのだ。今は、そのエネルギーの強さが何より好ましい。


f0126829_825682.jpg



f0126829_8314494.jpg
          ↑:「夢大陸アドベンチャー」

 DMに使われた作品。
 そのDMを見て、全館写真合成のベタベタ作品を少なからず期待していた。「作り物の美学」、それは遊びでもある。そして、作り物に包まれたロマンや哀しさを夢見てしまった。


f0126829_8355239.jpg
f0126829_836213.jpg
     ↑:左側、「Moonhead」。
     ↑:右側、「Myth」。(神話。)

 左側は、タコ坊主が海から出てきた感じだ。右側は王様が玉座に、これまた丸顔タコ坊主で威張って座っている。威張ってはいるが微笑ましい。何より作品が大きく見える
 ○や△などの幾何学模様を駆使しての画面構成だ。抽象模様の完全無欠さを好んでいるのだろう。
 

f0126829_8251567.jpg


 左右の作品は油彩だ。油彩の重ね塗りという粘着性や、その発散力の強さが画家の体質に会っているのだろう。
 

f0126829_844466.jpg
     ↑:「Eyes Wide Open」。

 それにしても強い目だ。画家自身の気迫の表明か?



f0126829_8473488.jpg
          ↑:「老人と仔犬」。

 ほんの少しばかり古い作品。入り口あたりにこそっと飾られている。あたりの暗さで、作品が影のよう。センチメンタルな作品だ。愛すべき作品だ。

by sakaidoori | 2012-05-03 08:58 | (カフェ)ト・オン | Comments(0)


<< 1729) 「大坪俊裕・写真作...      1727)「町嶋真寿・個展 『... >>