栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 04月 28日

1722)①「井上まさじ・展 2012」 ミヤシタ 4月11日(水)~5月6日(日)

    
○ 井上まさじ・展 2012   
  

 会場:ギャラリー ミヤシタ
      中央区南5条西20丁目1-38 
      (南北の中小路の、東側にある民家)  
      電話(011)562-6977

 会期:2012年4月11日(水)~5月6日(日)
 休み:月曜日(休廊日)
 時間:12:00~19:00 
     (最終日は ~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー(4.19)

 (以下、敬称は省略させて頂きます。)


 1階、2階と二部屋の展示。
 1階は、今の井上まさじの最前線。
 2階は、もう少し期間を延ばした井上ワールド。

 その1階から紹介します。


1722)①「井上まさじ・展 2012」 ミヤシタ 4月11日(水)~5月6日(日)_f0126829_22333265.jpg



1722)①「井上まさじ・展 2012」 ミヤシタ 4月11日(水)~5月6日(日)_f0126829_223343100.jpg



1722)①「井上まさじ・展 2012」 ミヤシタ 4月11日(水)~5月6日(日)_f0126829_22335579.jpg









1722)①「井上まさじ・展 2012」 ミヤシタ 4月11日(水)~5月6日(日)_f0126829_22385746.jpg




1722)①「井上まさじ・展 2012」 ミヤシタ 4月11日(水)~5月6日(日)_f0126829_22401649.jpg


1722)①「井上まさじ・展 2012」 ミヤシタ 4月11日(水)~5月6日(日)_f0126829_22411172.jpg









1722)①「井上まさじ・展 2012」 ミヤシタ 4月11日(水)~5月6日(日)_f0126829_22414177.jpg


1722)①「井上まさじ・展 2012」 ミヤシタ 4月11日(水)~5月6日(日)_f0126829_22415095.jpg







1722)①「井上まさじ・展 2012」 ミヤシタ 4月11日(水)~5月6日(日)_f0126829_22571544.jpg
1722)①「井上まさじ・展 2012」 ミヤシタ 4月11日(水)~5月6日(日)_f0126829_22572551.jpg






1722)①「井上まさじ・展 2012」 ミヤシタ 4月11日(水)~5月6日(日)_f0126829_22442331.jpg
1722)①「井上まさじ・展 2012」 ミヤシタ 4月11日(水)~5月6日(日)_f0126829_22443375.jpg


1722)①「井上まさじ・展 2012」 ミヤシタ 4月11日(水)~5月6日(日)_f0126829_2245295.jpg



1722)①「井上まさじ・展 2012」 ミヤシタ 4月11日(水)~5月6日(日)_f0126829_22465984.jpg




 いつもはもっと色燦々として華やかだ。湖面に映える夕焼け朝焼けの輝きがあった。今回は「白」が基層になっている。もちろん、七色はある。が、表に出さない。色にしろ模様にしろ、激しさを押さえて淡々と白と青の世界を楽しんでいる。

 「青」と言えば宇宙の相であり、空であり海だ。これらの作品を宇宙や海として楽しんでも構わないだろう。
 では「白」は何だろう?雲、雪、光という存在?余白や飾りという空間?「純白」という言葉がある。まさに潔く清々しい作品達だ。
 以前の色爛漫な世界に、こちらの顔は思わず華やいでしまった。笑みが浮かんだ。幸せな気分になった。が、今回はそういう気分にはならない。同じように綺麗な世界だが、中に入って夢を共有する感じではない。「井上まさじよ、どこに行く」と、つぶやきたくなる。修行とは暗い世界でするものと思っていた。白い世界での修行だ、自分だけの世界を見つめている。

 今展は新たな展開の一つだと思う。個人的にはワクワクしてしまった。白という地味な世界です。不思議なことをされている画家です。お勧めの個展です。


 2階は②に続く。

by sakaidoori | 2012-04-28 00:04 | ミヤシタ


<< 1723)「米澤卓也作品展『ふ...      1721)④「北海道抽象派作家... >>