栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 05月 20日

1557)③「阿部真大個展 中島ゼミ展・道都大学(第50回記念展)」市民gallery 終了5月11日(水)~5月15日(日)

f0142432_114049.jpg
○ 第50回記念 道都大学 

    中島ゼミ展 

型と版をめぐる
    5人と22人の冒険




 会場:札幌市民ギャラリー 
     中央区南2東6(北西角地)
     電話(011)271-5471

 会期:2011年5月11日(水)~5月15日(日)

 【個展メンバー】
 阿部真大 石井誠 犬養康太 大泉力也 松本ナオヤ 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー(5.15)
 1548番①、1555番②の続き。
 (以下、敬称は省略させて頂きます。)


◎ 阿部真大個展


f0126829_1065158.jpg


f0126829_1071890.jpg


f0126829_1074564.jpg



 ライブを中心に載せます。


f0126829_1082056.jpg


f0126829_1035888.jpg


f0126829_10363119.jpg
f0126829_10364142.jpg



f0126829_10524051.jpg 大泉力也の隣室ではライブ・ドロ-イングの阿部真大。

 ニューヨーカー風落書きマンになるのかと思っていたが、意外にも緻密な描き手になりつつある。
 運動・連動・増殖という気分はかつてと同じなのだが、情念爆発型のライブではない。静かで美しい絵巻物を画いている。淡々とものが生まれ、気持ちを落ち着かせてはサイコロのような積み木を組み立てていく。風は花風船に化けている。おそらく、都会の建築群が好きな人であろう、SFも好きかもしれない、近未来宇宙都市の華やかな除幕式へと筆を進めている。
 所々に見られるユーモア調、やはり今風青年である。コミック感覚で物が出入りしたり、膨らんだりと、人はいないが「作品という人」が高笑いしている。真っ直ぐでないフリーハンドの輪郭線が微笑ましい。突然耳元で大声を上げて、線を乱れさせたい、そんな天の邪鬼気分になったりもしたが、そんなことも許してくれそうな「阿部真大絵巻物」だ。



 それから約1時間後の風景。時は午後5時、ほぼ終了時間だ。

f0126829_10505768.jpg



f0126829_10512728.jpg




f0126829_1105780.jpg



f0126829_1132445.jpg


f0126829_1113858.jpg
f0126829_112147.jpg




f0126829_1135454.jpg

by sakaidoori | 2011-05-20 11:08 | 市民ギャラリー | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/15999280
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 荒川達哉 at 2011-05-20 20:05 x
お久しぶりです。
統合失調症で入院していたため、長らくコメントできずにいました。

中島ゼミ展では、北海道特有のあたたかみのある土着性と独自のキャラクター性を強く感じました。
僕の中では「THE・札幌!!!」という感じで、非常に見ごたえのあるいい展示だったと思います。
僕のお気に入りは犬養君です。
Commented by 根保孝栄 at 2011-05-21 02:50 x
阿部真大さんは、いい作家ですね。栄さんはSF的と言ってましたが、SF小説の挿絵なんかやると、イメージたっぷりのもの書くかもしれないですね。毎日の連載新聞小説のカットなどにも使える作家でしょう。
新聞社時代、一カット5000円で新聞小説のカットを画家に依頼したことがありましたが、画家のみなさんは、勉強になったと言ってましたね。30人ほどに依頼しましたが、今でも友だちつきあいしてます。
Commented by sakaidoori at 2011-05-21 12:35
>荒川達哉 さんへ

 そうですか、入院していたのですか。退院、何よりです。

 今展は学校関係展ですが、しっかりと存在を主張していて、良いグループ展だったと思います。確かに、「THE・札幌!!!」といってもおかしくないと思っています。
 残りの三個の個展も載せたい。荒川君の好きな犬養さんもと思いますが、そこまで辿り着くか微妙です。

 久しぶりのコメント、ありがとうございました。お気に入りの作品に出会えたら、また言葉を下さい。
Commented by sakaidoori at 2011-05-21 12:49
>根保孝栄さんへ

 カットのお話、いいですね。若い人に、そういう場が与えられれば勉強にも刺激にもなって、良いこと尽くめだと思います。知名度も上がるし、絵描きとしての社会性も高まるでしょう。
 僕は絵を見てブログを書いているから、暇をもてあましている金持ちと思っている人もいるみたいです。小品でも作品を買ったりして、作家を応援できればいいのですが、残念なことにそこまでの余裕がありません。最近では公募展の図録購入も滞りがちで情けない話です。「断酒」が全ての道を開くのですが、最近は再びの復活で情けないことです。

 阿倍真大君、最近の卒業生ですが、成長した一人です。これからの人でもあります。健闘、奮闘してもらいたい。
Commented by 根保孝栄・石塚邦男 at 2011-05-21 18:54 x
公募展の事務局へ行って、こういう場で紹介したいと訳を話せば、図録もくれます。そのくらいのあつかましさがないとダメです。日本人は遠慮しすぎです。公募展の場所には事務局の部屋が必ずありますので、誰か彼かいますから。受付で訊いて遠慮なく訪ねると快く寄贈してくれますよ。ご自分のこの場の仕事に自信を持つことです。
Commented by sakaidoori at 2011-05-23 22:22
>根保さんへ
公募展図録の話ですね。

 根保さんにそういって言っていただけてとても嬉しい。でも、単なる絵好きがノコノコ行ってもダメだと思います。有力な知り合いがいるとかしなければ。それに、例えば道展は公式にはブログ掲載を許可して頂けなかった。いわゆる、個人の著作権を優先しているのでしょう。僕の勝手な判断でブログに載せているのが実情です。
 それに貰えば批判がましいことも言いにくくなるし、やはり自力が基本でしょう。
Commented by 根保孝栄・石塚邦男 at 2011-05-24 20:49 x
 公募展の図録も提供がないようでは、まだ一人前ではないということ。評価は自己判断ではなく、他者にゆだねるもの。また、自己弁護はしないこと。居直らず謙虚であること。それらが、インターネットとはいえ、一つの誌面を編集する編集者としてのあなたの最低の立場です。
 そういう立場が評価されれば、自ずから図鑑など向こうで提供してくれるでしょう。私のところには、現役を退いた今も、公募展の図鑑は送ってきますよ。この場が、きちんとした感想、批評の場となって認められれば、公募展の分厚い数千円の原色図鑑送ってきて、ぜひ感想をと依頼があります。佳いものは佳い、悪いものは無視、そういう旗印を明らかにすると、「あいつは目がある」と注目されることになり、評論家として認められることになり、図鑑も送ってくるようになる、のです。
 この場は、美術専門誌、美術専門新聞と同じ機能を果たしていることを自覚していただきたい。
Commented by 根保孝栄・石塚邦男 at 2011-05-24 21:04 x
 *続き   栄通りさんのこの場は、美術新聞、美術専門雑誌と同じ機能を果たすべき場ですから、管理人のあなたは、編集長なのです。編集長としての自覚と責任があるもので、それが管理人の立場です。それには趣味的な遊びの場と軽く考えずに、ご自分の編集長としての矜持を自覚していただくことでしょう。そういう姿勢が見られるなら、この場は美術専門家も注目してくれることになります。
 現に、私ごときもそうなってほしいと、こうして関わってきたわけで、そういう者は、今後ひとりふたりと少しずつ増えてきましょう。良い紙面を作るために日夜奮闘してください。それによって、あなたの歴史的使命が果たされると思います。謙虚に、しかし、理想の上を目指して楽しく有意義な誌面つくりを進めていただきつぃと希望いたします。
Commented by sakaidoori at 2011-05-26 11:32
>根保さんへ

 情熱的な言葉、ありがとうございます。

 美術専門家にも注目していただけるのは望外の喜びです。
 私の文章をその道の人が読めば全くの素人というのは明白です。ですが、好みというのは素人・玄人を問わないでしょう。絵は知性によって生まれたものではないでしょう。しかし、知性を刺激するのです。もちろん感性への刺激を前提にし、知性が沸き立つということです。「何故、面白いのか、何故、何故・・・」、その流れが私の言語化という作業です。趣味的な行為ですが、趣味のみの情動ではいかんともしがたい、知識も動員するし前頭葉をキリキリさせてしまう。

 その結果が当ブログです。結果的には美術情報誌的な働きはあるでしょう。ですが、実に軟弱なもので、その機能を意図的に捉えていません。だから、「美術運動」に関しては、声を大にして語る見識を持っていません。画家達の営為に比すれば安易かつ甘いところがあります。自覚の欠如に根保さんから見れば、物足りなさを覚えるでしょう。仕方がありません。

 ただ、意見は明快に言いたいと思っています。
 共に美術を語る場を作りましょう。
Commented by 根保孝栄・石塚邦男 at 2011-05-26 16:12 x
太宰治はシェークスピアを称して「情熱の火柱が太い」という形容をしてます。栄通りさんには火柱を望みたいのです。期待してますよ。
Commented by sakaidoori at 2011-05-29 18:31
>根保さんへ

 「情熱の火柱・・・」とは、さすが小説家ですね。仄かなかがり火にでもなれれば、上等でしょう。期待というものは裏切られるのがオチですよ。
Commented by 根保孝栄・石塚邦男 at 2011-06-13 01:05 x
人は上手に感動するのではありません。情熱に感動するのです。栄通りさんには情熱の火柱がチロチロ燃えているのを感じます。


<< 1558) 「額田春加・個展 ...      1556) 登山 2011.5... >>