人気ブログランキング | 話題のタグを見る

栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 19日

1555)②「大泉力也個展 中島ゼミ展・道都大学(第50回記念展)」市民gallery 終了5月11日(水)~5月15日(日)

1555)②「大泉力也個展 中島ゼミ展・道都大学(第50回記念展)」市民gallery 終了5月11日(水)~5月15日(日)_f0142432_114049.jpg
○ 第50回記念 道都大学 

    中島ゼミ展 

型と版をめぐる
    5人と22人の冒険




 会場:札幌市民ギャラリー 
     中央区南2東6(北西角地)
     電話(011)271-5471

 会期:2011年5月11日(水)~5月15日(日)

 【個展メンバー】
 阿部真大 石井誠 犬養康太 大泉力也 松本ナオヤ 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー(5.15)
 1548番①の続き。

 前回はテキスタイルの部屋(A室)の半分を載せました。残りは後日と言うことで、まずは個展の5人です。
 全体の規模が大きいので、写真中心で簡単に書きます。
 (以下、敬称は省略させて頂きます。)


○ 大泉力也個展

1555)②「大泉力也個展 中島ゼミ展・道都大学(第50回記念展)」市民gallery 終了5月11日(水)~5月15日(日)_f0126829_18113912.jpg


1555)②「大泉力也個展 中島ゼミ展・道都大学(第50回記念展)」市民gallery 終了5月11日(水)~5月15日(日)_f0126829_18115145.jpg


1555)②「大泉力也個展 中島ゼミ展・道都大学(第50回記念展)」市民gallery 終了5月11日(水)~5月15日(日)_f0126829_1812119.jpg



1555)②「大泉力也個展 中島ゼミ展・道都大学(第50回記念展)」市民gallery 終了5月11日(水)~5月15日(日)_f0126829_18132032.jpg
     ↑:大泉力也。昨年度の卒業生。


 以上、入り口から時計回りの会場模様。

 本展は壁面作品による典型的な空間構成展だ。大泉・心象を前提としながらも、「美的空間とはこれだ、この部屋を見ろ!」にある。「絵画(アート)が織りなす心地良い世界」だ。だから、何かを表現したいとか、生まれいずる悩みを共感して欲しいというものではない。この部屋に入って、見る人がニンマリしてくれればそれでいいのだ。
 デザイン構成とは違う。あくまでも個々の作品は独立した存在だ。だから、個々の作品にも当然力を入れている。それらが、全体との調和の基礎であり、全体で個々を越えた美学を提示したいのだ。

 成功していると思う。
 シンプルにシンプルに、そして空間を広くが今回の方法だと思う。着色ビンも、若者らしくてお洒落だ。
 空間構成は幾例あっても悪くはない。今は多様化している。ワン・バージョンでは寂しい。デザイン性の取り込みは進むだろうが、ムード過多は面白くない。素材や身の回りに関する見る目を鍛え、作家自身の美学を高める必要がある。高望みをするかどうか、今後の取り組みを見守ろう。


1555)②「大泉力也個展 中島ゼミ展・道都大学(第50回記念展)」市民gallery 終了5月11日(水)~5月15日(日)_f0126829_19164750.jpg


1555)②「大泉力也個展 中島ゼミ展・道都大学(第50回記念展)」市民gallery 終了5月11日(水)~5月15日(日)_f0126829_191794.jpg
1555)②「大泉力也個展 中島ゼミ展・道都大学(第50回記念展)」市民gallery 終了5月11日(水)~5月15日(日)_f0126829_1917207.jpg



1555)②「大泉力也個展 中島ゼミ展・道都大学(第50回記念展)」市民gallery 終了5月11日(水)~5月15日(日)_f0126829_19175175.jpg



1555)②「大泉力也個展 中島ゼミ展・道都大学(第50回記念展)」市民gallery 終了5月11日(水)~5月15日(日)_f0126829_19211389.jpg


1555)②「大泉力也個展 中島ゼミ展・道都大学(第50回記念展)」市民gallery 終了5月11日(水)~5月15日(日)_f0126829_1922959.jpg


 物語を連想しての作品のようだ。今回は取り留めのない静かな夢のようだ。


1555)②「大泉力也個展 中島ゼミ展・道都大学(第50回記念展)」市民gallery 終了5月11日(水)~5月15日(日)_f0126829_1923454.jpg


 無意味そうに黒が多くを占有している。画かれた何かを覆うような黒だ。僕はそういう画家の意図とは関係なく、こういう「窓」のような黒を愛する。さて、この黒はデザイン化されるのか、構成としての役目になるのか、文学的な「闇」の象徴になるのか、抜けた「窓」になるのか、画家活動を続けないと見えてはこないだろう。

by sakaidoori | 2011-05-19 20:03 | 市民ギャラリー


<< 1556) 登山 2011.5...      1554) 「Wave 13人... >>