栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 05月 06日

1534) ③「多摩美術大学版画科OB展 2011」 さいとう 終了1月25日(火)~1月30日(日)

○ 多摩美術大学版画科OB展
            2011
 


 会場:さいとうギャラリー
     中央区南1条西3丁目1
      ラ・ガレリア5階
      (北東角地。
      1階が日産のショールーム。)
     電話(011)222-3698

 会期:2011年1月25日(火)~1月30日(日)

 【参加作家】
 石原誠 伊藤あずさ 大久保拓子 太田マリコ 御囲章 小川了子 小田麻子 川田竜輔 小竹美雪 佐竹邦子 澤村佳代子 三瓶光夫 島田北斗 鈴村優 高橋亜弓 竹腰桃子 谷黒佐和子 友野直美 西岡久實 ネモトサトコ 堀田恵理 宮崎文子 渡邊慶子・・・以上、21名。 

ーーーーーーーーーーーーーーー(1.27)

 (1443番①、1533番②の続き。)


f0126829_10215825.jpg
     ↑:ネモトサトコ、左から 「最後の門」・F80 ミクストメディア 2010年、「ふきこぼれ」・F60 同、「山の雲、つむじ」・F40 同。

 いつものように大きな顔で札幌見参だ。かつては同じ画題によるモノトーンの版画作品だった。その時は、憂いの中に華やかさがあった。今は、華やかさの中に憂いがある。華やかさはネモトサトコの体質かもしれない。アンバランスな両目の関係や口の形が作品の窓になって、そのぎこちなさが見る感覚に刺激を与える。アンバランスは目や口だけではないのだろう。体の向きも自然な動きではあるが、腰が浮き上がるバランスをともなっている。鼻も変だ。全てが微妙に変だ。
 変ではあるが大きく勝負するネモトサトコだ。



f0126829_10421349.jpg
     ↑:高橋亜弓、左から 「tobu-no」、61×69㎝ 油性木版(凸凹版) コラージュ 2010年、「微睡」・61×91㎝ 同、「kuumo」・69×90㎝ 同。

 ネモトサトコが顔ならば、高橋亜弓は体だ。ふっくらと膨らました重厚な造形により、動きを楽しんでいる。規則的パズル感覚で裸体は動く。それでも顔は視点の中心だ。人を選べばそうならざるを得ない。だが、気分はどこもかしこもフックラ・ヒップ感を大事にしたそう。オッパイもあるから女性のようだが、女性云々よりも、全てに豊満さを好むのだろう。


f0126829_113811.jpg
     ↑:小川了子、右側 「神無月」・110×90㎝ リトグラフ コラージュ 手彩色 2007年。

 シュールがかった異様な動きの植物だ。細部は黒が重たい。マグマ溜まりを意力で突破して、そのまま何処かに突っ走るのだ。ミクロの細胞からマクロの宇宙へ。
 今回は旧作の発表だ。それでも大きな作品を札幌に披露した。小柄な作家だが、気持ちは常に大きい。


f0126829_11204547.jpg
     ↑:島田北斗、左から  「S氏に捧ぐ」・74×115㎝ エッチング2010年、「家」・26×20㎝ エッチング 2009年、「教会へ行く道」・29×38㎝ エッチング 2011年。

f0126829_11242353.jpg



f0126829_11243725.jpg



 制作年は違うが、全てはS氏への鎮魂歌のようだ。
 人が穏やかに横たわっている。画面配置からすれば異様に大きめに全身像を描いている。点景が彼に和し、その動きで献花しているのだろう。
 教会へ行く道、それはまるで地下の墓所に行くトンネルのよう。児童画的表現は全ての距離感を狂わしそう。近くのものが遠く、遠くのものが近い。教会への道は遠いのか近いのか?墓所までの道は遠いのか近いのか?

by sakaidoori | 2011-05-06 13:39 | さいとう | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/15924505
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 根保孝栄・石塚邦男 at 2011-05-09 01:58 x
高橋亜弓さんの油性木版コラージュ面白いセンスでしたね。情感に溺れていない造形性が買えます。企みの深さが嬉しいです。
Commented by sakaidoori at 2011-05-10 10:20
>根保さんへ
多摩美版画OB展ですね。

 高橋亜弓さんの造型性は面白いです。私自身は情感に溺れない情感があればと思ったものです。
Commented by 根保孝栄・石塚邦男 at 2011-05-13 00:40 x
情感性や文学性は立体造型や平面絵画には敵になりこそすれ味方にはなりずらいものです。素人と玄人を分ける分岐点は、情感の排除、文学性の排除があるかないかです。造型は造型として自立しているもので、絵画も絵画としていかに自立しているかという観点からのみ評価されるもので、情感や文学性とはまるで異なるもの。
あえて言えば、精神性というものが、情感、文学性に代わる表現でしょう。
Commented by sakaidoori at 2011-05-17 20:32
>根保さんへ
造型性と情緒性の問題ですね。

 ご教示ありがとうございます。きっとそうなのでしょう。

 ところで「造型性」といっても、「造形」の基準となると難しい。美大系の学生の作品には、ある程度似たところがあります。おそらく、「造形」の基準を共に学んでいるからでしょう。それは同時に、「美大系」というおもしろ無さとも相通じます。おそらく、学生自身の感性に支えられた「造型性」ではないからだと思っています。僕は「造形」を支えるその人らしさを重視します。たとえそれが情感や文学過多であっても、自分らしさのにじみでている作品をとります。僕の書いていることは「評価」をするのではなくて、自分の「好み」を書きつづっているだけなのです。その好みとは、描き手ならでは個性を楽しんでいるのです。
 それと、失礼ですが、情感・文学に代わるものとしての「精神性」は矛盾しています。官能主義よりもプラトニック・ラブが高い愛だだと言っているだけです。つまり、造型性がもっとも大事だとしても、言葉でそれを語り出したら、どうしても文学的にならざるをえないということでしょう。


<< 1535) 前「藤女子大学3月...      1533) ②「多摩美術大学版... >>