栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 05月 03日

1527) ②「500m美術館 '10」 地下鉄コンコース 終了・2010年11月1日(月)~12月12日(日)

  
  
○ 500m美術館 '10 

 会場:地下鉄東西線地下コンコース
      「大通駅」から「バスセンター前駅」間

 会期:2010年11月1日(月)~12月12日(日)
 時間:おそらく地下鉄が利用できる時間帯

 【参加作家】
 ・17人のメイン・アーティスト
   山本雄基 佐藤史恵 伊藤ひろみ 谷口明志 高橋俊司 安藤文絵 野又圭司 藤沢レオ 中橋修 大島慶太郎 河野健 小林麻美 國松希根太 織笠晃彦 風間真悟 森迫暁夫 佐藤隆之 

 ・500美術館通年化プレ企画
 ・札幌市立大学美術部・ノメノン
 ・若手アーティスト・200人展

 プロデューサー:端聡
 
ーーーーーーーーーーーーーーーー(12.7)

 (1526番①の続き。)

 簡単に雰囲気だけをを思ったのですが、写真を見ているといろんな事が思い出されて、一所懸命書いてしまった。このペースでもう少し続けていきます。


1527) ②「500m美術館 \'10」 地下鉄コンコース 終了・2010年11月1日(月)~12月12日(日)_f0126829_8105276.jpg


1527) ②「500m美術館 \'10」 地下鉄コンコース 終了・2010年11月1日(月)~12月12日(日)_f0126829_8121872.jpg
          ↑:高橋俊司、「増殖をはじめる形」。

 ホチキスマン・高橋俊司。舞い降りる巨大な綿雪だ。この場所の雰囲気に意外にピッタシなのには驚いた。マンネリ的通勤道で、うつむき加減の目元を惹き寄せそう。



 選抜作家は与えられたホワイト・パネルを独り占めしている。
 以下、一枚の同じパネルで、温和しく同居している仲間達の紹介です。「若手アーティスト 市民200人展」の一コマです。まさしく通りすがりの作品達、愛をもって見つめてあげましょう。たとえ一つ一つが心に残らなくても、その場その時をなごませてくれたことでしょう。



1527) ②「500m美術館 \'10」 地下鉄コンコース 終了・2010年11月1日(月)~12月12日(日)_f0126829_8283785.jpg


1527) ②「500m美術館 \'10」 地下鉄コンコース 終了・2010年11月1日(月)~12月12日(日)_f0126829_829418.jpg


1527) ②「500m美術館 \'10」 地下鉄コンコース 終了・2010年11月1日(月)~12月12日(日)_f0126829_8302646.jpg


1527) ②「500m美術館 \'10」 地下鉄コンコース 終了・2010年11月1日(月)~12月12日(日)_f0126829_8324748.jpg



1527) ②「500m美術館 \'10」 地下鉄コンコース 終了・2010年11月1日(月)~12月12日(日)_f0126829_934027.jpg
1527) ②「500m美術館 \'10」 地下鉄コンコース 終了・2010年11月1日(月)~12月12日(日)_f0126829_8381431.jpg
               ↑:kensyo

 左側の見方が展示スタイル。その逆転も載せてみた。

 女のエロティシズムを撮るケンショー。清楚なエロだ。
 彼は清楚と妖艶の間を往き来する。耽溺にはならない。プラトニックでもない。しかし、男から女への愛の眼差しには違いない。一つの理想美でもある。
 「生身のオンナ、汝はかくも麗しきかな?」


1527) ②「500m美術館 \'10」 地下鉄コンコース 終了・2010年11月1日(月)~12月12日(日)_f0126829_8424933.jpg
1527) ②「500m美術館 \'10」 地下鉄コンコース 終了・2010年11月1日(月)~12月12日(日)_f0126829_8444070.jpg



1527) ②「500m美術館 \'10」 地下鉄コンコース 終了・2010年11月1日(月)~12月12日(日)_f0126829_92648.jpg
          ↑:ウリュウ ユウキ

 何てことのない街の風景。つなぎ合わせのスナップ写真が時を止める。淡々と目の前を見つめる。何も考えない。僕の廻りで時は動き、時は止まる。その隙間を写真に残す。
 次は「ウリュウ ユウキ・500m写真展」だね。ナニ、無理だって!では「ウリュウユウキと仲間達・その50m写真展」だね。


1527) ②「500m美術館 \'10」 地下鉄コンコース 終了・2010年11月1日(月)~12月12日(日)_f0126829_9372616.jpg


1527) ②「500m美術館 \'10」 地下鉄コンコース 終了・2010年11月1日(月)~12月12日(日)_f0126829_9395750.jpg



1527) ②「500m美術館 \'10」 地下鉄コンコース 終了・2010年11月1日(月)~12月12日(日)_f0126829_9463669.jpg
     ↑:安藤文絵、「Nocch'is 77 lines」。

 これは一般参加作品ではない。ましてや路上パフォーマンスの「皆なでお絵かき、皆なで落書き」ではない。美術家・安藤文絵の渾身の天地創造であり、死と再生と復活だ。
 なぜそんなことが分かるの?
 なぜなら、総合解説チラシに長い自己文章があり、そういう意味のことが書いてあるからだ。"This is modern ART"だ。

 「・・・。
 友人の一人に紙を託し、一ヶ月間線を引いてもらうことをお願いする。
 一枚の紙に一本の線、 形を描くのではなく、
 彼女の思いを込めて引く。
 77本の線が集まった。
 あなたはこの線から何を読み取るだろうか?」


1527) ②「500m美術館 \'10」 地下鉄コンコース 終了・2010年11月1日(月)~12月12日(日)_f0126829_1353290.jpg



 作品は面白い。
 僕は線の自由さと背景の暗さが合わないと思った。背景色、強い思い込みを見る。おそらく復活という儀式の為の装飾なのだろう。旧約の天地創造に始まり、新約の黙示録で終わるドラマ。そこに現れる線という神の道標。いささか洋物過ぎる感じだ。というか今更古事記だの記紀神話を持ち出しても始まらない。装飾としてはいいがリアリティーがない。日本人には神話もドラマも希薄だ。ましてやキリスト教など、知識以上にはならない。もっとも、信じ合っている者同士の語らいならば意味が合うのだろ。
 神話や一神教薄き中での「日本現代美術」、それでも「今」という日本の時空しかない。それは直ぐにでも「今という袋小路」に入らざるを得ない。それでも、神話や信仰以外の道しかないだろう。


1527) ②「500m美術館 \'10」 地下鉄コンコース 終了・2010年11月1日(月)~12月12日(日)_f0126829_13242423.jpg
          ↑:河野健


1527) ②「500m美術館 \'10」 地下鉄コンコース 終了・2010年11月1日(月)~12月12日(日)_f0126829_13475573.jpg
1527) ②「500m美術館 \'10」 地下鉄コンコース 終了・2010年11月1日(月)~12月12日(日)_f0126829_13482886.jpg




 家族を見つめている。家族という神話を見つめている。

 本当のところ、家族を真剣に見つめるとおかしなことになる。だから、普通は見つめない。盲目的な完結した関係に思える。永久不変と思いこむ。それでいいのだ。だが、見つめざるを得ない時がある。それは家族の危機かもしれない。一人一人の危機かもしれない。
 河野・家族の淡い静けさ、画家は危機感はいかばかりか?



   (③に続く。)

by sakaidoori | 2011-05-03 13:35 | 公共空間・地下コンコース


<< 1528) ③「小林麻美の場合...      1526) ①「500m美術館... >>