栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 05月 01日

1521) 「山本雄基・個展 『グレーゾーンが踊っている』」 六花亭・福住店 終了4月1日(金)~4月30日(土)

○ 山本雄基・個展 

     グレーゾーンが踊っている
 


 会場:六花亭・福住店(2F喫茶室)
      豊平区福住2条5丁目1
      (地下鉄東豊線・福住駅から徒歩10分) 
     電話(0120)012-666

 会期:2011年4月1日(水)~4月30日(金)
 休み:
 時間:11:00~17:30
     (最終日は、~17:00まで)

 企画:六花ファイル

ーーーーーーーーーーーーーーー(4.29)

1521) 「山本雄基・個展 『グレーゾーンが踊っている』」 六花亭・福住店 終了4月1日(金)~4月30日(土)_f0126829_9451424.jpg



 お菓子の六花亭。
 帯広の本店には北海道的な広い柏林に、ゆったりとした美術館を持っている。幾つかの建物があり、散策気分で一日を楽しむことができる。
 また、ある支店では音楽会を催したりと芸術に明るく、一見リッチ高級志向に思える。今回掲載の福住店のたたずまいも広い駐車場があり、煉瓦造りの建物といい、何やら敷居が高そうだ。(いったいこの建物は何だったんだろう?)
 ところが2階の喫茶室に入ると、余計な物は一切無く、イスもテーブルも安直この上ない。それらは簡単に移動できるし、お客さんの数に合わせて幾通りにも配置換えも可能だろう。そしてケーキやコーヒーのお値段、いわゆる「リーズナブル」、お安く気軽にどうぞ、というものだ。「リッチとリーズナブル」、まさに日本が到着した姿を正直に表現した店舗戦略だ。

 そういう現在日本市民感覚のお店で、山本雄基・作品が常設のようにして白い空間に並んでいた。
 その日は祝日でお店は大盛況、お客さんはだんだん増えていき、とうとう座って並び始めた。ゆっくりと店内との関わりで作品を載せたいがとても無理だった。

 作品のある喫茶店は2階、その様子です。


1521) 「山本雄基・個展 『グレーゾーンが踊っている』」 六花亭・福住店 終了4月1日(金)~4月30日(土)_f0126829_1023886.jpg



1521) 「山本雄基・個展 『グレーゾーンが踊っている』」 六花亭・福住店 終了4月1日(金)~4月30日(土)_f0126829_1033899.jpg



1521) 「山本雄基・個展 『グレーゾーンが踊っている』」 六花亭・福住店 終了4月1日(金)~4月30日(土)_f0126829_103788.jpg



1521) 「山本雄基・個展 『グレーゾーンが踊っている』」 六花亭・福住店 終了4月1日(金)~4月30日(土)_f0126829_1042914.jpg



1521) 「山本雄基・個展 『グレーゾーンが踊っている』」 六花亭・福住店 終了4月1日(金)~4月30日(土)_f0126829_105413.jpg



1521) 「山本雄基・個展 『グレーゾーンが踊っている』」 六花亭・福住店 終了4月1日(金)~4月30日(土)_f0126829_1053713.jpg



 そして2階に至る階段の壁。


1521) 「山本雄基・個展 『グレーゾーンが踊っている』」 六花亭・福住店 終了4月1日(金)~4月30日(土)_f0126829_1071115.jpg



1521) 「山本雄基・個展 『グレーゾーンが踊っている』」 六花亭・福住店 終了4月1日(金)~4月30日(土)_f0126829_1074025.jpg
     ↑:(見上げれば、そこは山本グレーゾーン。)


1521) 「山本雄基・個展 『グレーゾーンが踊っている』」 六花亭・福住店 終了4月1日(金)~4月30日(土)_f0126829_1085322.jpg

1521) 「山本雄基・個展 『グレーゾーンが踊っている』」 六花亭・福住店 終了4月1日(金)~4月30日(土)_f0126829_1181923.jpg


     ↑:(今展一の小ささ。でも、色燦々、光り燦々で一番幸せ気分。当然ながら売れていた。幾らだろう?。右側の写真は小品を横から撮ったもの。絵の重なりを確認して下さい。)



 今展の目玉は6点組の作品だろう。まさしく山本・レインボーで、ここの空間、この壁面、そして喫茶店を考えてのものだろう。会場にフィットして、目立たずに心なごませ華やいでいる、それがコンセプトだろう。もちろん、山本雄基が作品に込める「見える見えない」というテーマが、この空間でどう活かされるかをためしているのだ。

1521) 「山本雄基・個展 『グレーゾーンが踊っている』」 六花亭・福住店 終了4月1日(金)~4月30日(土)_f0126829_10243147.jpg
  

1521) 「山本雄基・個展 『グレーゾーンが踊っている』」 六花亭・福住店 終了4月1日(金)~4月30日(土)_f0126829_10245195.jpg


1521) 「山本雄基・個展 『グレーゾーンが踊っている』」 六花亭・福住店 終了4月1日(金)~4月30日(土)_f0126829_10251220.jpg



 何てハッピーな絵だろう。一点の曇りもない。
 「見える見えない」、見えるところも見えないところも良い気分、とはこういう作品をいうのだろう。色が何層にも重ねられている。その間間に水玉がある。その模様や色が絵画という空間の中で息づいている。「踊っている」と氏は語る。
 画家はいつものように、簡単な言葉ではあるが難しく自作を語っている。確かにその言葉は画家には絶対に必要だろう。だが、作品は「うるさい」と言っているようだ。「そんな言葉でないと僕の良い気分を語れないのか!僕を生んだ山本雄基パパ、パパの気持ちは分かった。でも、僕はパパの言葉の奴隷じゃないよ。美味しくケーキが食べれないじゃないか」、6色レインボーは「作品の自立」を訴える。さて、山本パパは語るのを止めるだろうか?山本雄基という若さが、作品を離れて僕らに訴えたいのだろう。そういう意味ではまだ画家でないのかもしれない。

 喫茶店の真ん中で、画家直前の姿で仁王立ちしている。若さの眩しい山本雄基であった。



1521) 「山本雄基・個展 『グレーゾーンが踊っている』」 六花亭・福住店 終了4月1日(金)~4月30日(土)_f0126829_10483120.jpg


 この日は自宅でコーヒーを飲み過ぎた。お昼に甘すぎるお菓子を食べた。だからミニ・パフェを食べた。350円。)



1521) 「山本雄基・個展 『グレーゾーンが踊っている』」 六花亭・福住店 終了4月1日(金)~4月30日(土)_f0126829_10443973.jpg
     ↑:(2階の喫茶室からの風景。)


1521) 「山本雄基・個展 『グレーゾーンが踊っている』」 六花亭・福住店 終了4月1日(金)~4月30日(土)_f0126829_10455076.jpg
     ↑:(店舗の裏側の風景。畑もあり、新しくはあるが時代がかったレンガ倉庫。)

by sakaidoori | 2011-05-01 11:09 |  六花亭 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/15898179
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by やまもと at 2011-05-02 04:00 x
いつも鑑賞+ブログありがとうございます。参考になります。ウラの倉庫まで撮っていたとはさすがです。
今回は飲食空間なので、前回CAI02の個展の時より、ハッピー度を増しつつ、ただの装飾にならないように気をつけました。真冬に春先を想定しながら制作していたので、このような色彩になったのかもしれません。 説明書きは、どうなんですかねー読んでくれた人それぞれの意見を聞いてみたいですね!
Commented by sakaidoori at 2011-05-02 13:43
>やまもと さんへ

 お部屋の良いムードを優しく高めていたと思います。その意味では営業空間ですから、装飾的であろうとなかろうと成功していると思う。
 そして、作品は装飾的とは思いますが、装飾絵画というには絵として魅せるところがあり過ぎで、感心しました。「装飾的ではあるが、装飾ではない」というのが僕の結論です。色の爽やかさと立体感が気に入りました。

 「説明書き」。
 これに関しては明快な意見を持っています。
 作品を「作家の意思の問題」、あるいは「作家の視点」から把握すれば、作家が一方的に決めることでしょう。山本君が文章化せざるを得ない思いが強ければ提示すべきでしょう。

 一方、作品を「作品中心」に見るならば、作品に聞くしかないでしょう。それを作家である山本君が、作品から何を新たに見いだすかという問題になるでしょう。

 いずれにせよ、この問題に関しては鑑賞者の入る余地はないと思っています。我々は与えられた絵なり言葉を楽しむだけです。

 コメント、ありがとう。


<< 1522) ②「’11 第38...      1520) 「Bisen OB... >>