栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 02月 18日

1468)①モエレ沼公園 「SNOWSCAPE MOERE 6 (スノースケープ モエレ)」 2月18日(金)~2月20日(日)

○ SNOW SCAPE MOERE 6 

   (第6回 スノースケープ・モエレ)
 


◎ トーク・イベント  

    ・管啓次郎 × 佐々木愛 
    ・服部文祥 「サバイバル」

◎ 展覧会 於・ガラスのピラミットの雪倉庫

 【参加作家】
 今村育子 河田雅文+伊藤明彦 札幌市立大学山田ゼミ 澁谷俊彦 高臣大介 ICC+S-AIR創造資源開発「アートによる地域資源活用事業 Chen Hangfeng(上海) 村山修二郎(神奈川) 

◎ ワーク・ショップ  ビバーク入門・児玉毅 

◎ スノウ・ラウンジ 於・雪倉庫内

◎ 他 イグルー作り、子供雪合戦大会 
   

 会場:モエレ沼公園・ガラスのピラミッド[HIDAMARI]とその周辺 
     東区モエレ沼公園1-1
     電話(011)790-1231

 会期:2011年2月18日(金)~2月20日(日) 
 時間:11:00~17:00
     (19日は、~20:00まで)

 主催:当実行委員会 (財)札幌市公園緑化協会

※ 注意 ⇒ 時間や料金など、詳細はパンフを拡大して確認して下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーー(2.18)

1468)①モエレ沼公園 「SNOWSCAPE MOERE 6 (スノースケープ モエレ)」 2月18日(金)~2月20日(日)  _f0126829_2253572.jpg
     ↑:河田雅文伊藤明彦、「ミニエベレスト」。

1468)①モエレ沼公園 「SNOWSCAPE MOERE 6 (スノースケープ モエレ)」 2月18日(金)~2月20日(日)  _f0126829_234556.jpg



1468)①モエレ沼公園 「SNOWSCAPE MOERE 6 (スノースケープ モエレ)」 2月18日(金)~2月20日(日)  _f0126829_2361740.jpg



 ガラスのピラミッドの雪倉庫での作品。

 なぜここにエベレストなのか?それは知らない。この作品が抜群のレベルなのか?それも分からない。
 北国の冬に、冬山を作って、冬ならではのイベントの象徴にする。人少なき倉庫会場は淡々とした冷気が漂っていた。「山だな~、山だな~。上手いものだな~」と小さな感慨に耽ってしまった。
 白を愛する河田雅文、自然のリズムを愛する河田雅文、文明批判も怠りない河田雅文、大きな顔を見ることができた。

 会場はささやかなネパール仕様だ。カフェがある。チャも売っている。ネパールの匂いがする。

 15年前、ネパールのエベレスト街道トレッキングを経験した。
 小学生、中学生、高校生と夫婦の5人連れだが、いっぱしの大名行列だった。同行の2人のシェルパーが荷を負担してくれるのだ。楽なものだ。15泊16日、最後はエベレストがわずかに見える地点であった。
 何をするでもなく、朝起きては食事を注文し、ようやく朝食を終えて出発。出発の前に宿に精算をするのだが、家族が多いので簡単に計算ができない。計算が下手なのだ。夕食、宿泊、朝食で安い場合は1500ルピー、4500円だ。
 先行するシェルパーを追うようにして、ようやく出発だ。2時間程あるいては宿に着いて昼食。注文を聞いてご飯を炊くスタイルだからなかなか食事が来ない。その間その辺をブラブラ。それから2、3時間歩いてはその日の宿泊場所に着く。
 食べて、ゆっくり歩いて、寝る、その繰り返しだ。子供に会えば、「ワッチャー ネーム?」、「ハウ オールド アー ユー?」の連発だ。これで気分はフレンドリーだ。後は簡単な英語とボディー・アクションだ。
 街道でネパーリーに会えば「ナマステー」だ。いろんな人が歩いていた。通訳と同行だから、彼にいろいろと説明してもらった。郵便屋さんに会って手紙を希望されたが出さないままになっている。
 寝るのは大変だった。とても寒い。板塀の可愛い家のすき間から、星空が見えた時もあった。寝袋一枚で過ごすのだ、暖房はない。真夜中は札幌の真冬以上の寒さだ。途中に起きてのトイレが辛い。一大決心で外に出るのだが寒い。男はともかく、女性には堪えるだろう。トイレは綺麗でそれぞれに風情があった。天然水洗という優雅なところもあった。トイレ百景で話は尽きないだろう。・・・。

 思い出とは楽しいものだ。ついついイベントに関係ない話で終わりそうだ。スイマセン。

 屋外の風景を載せます。


1468)①モエレ沼公園 「SNOWSCAPE MOERE 6 (スノースケープ モエレ)」 2月18日(金)~2月20日(日)  _f0126829_23551653.jpg


 雪倉庫の上の部分。
 赤白のポールの立っているところで雪中宿泊体験をするのだろう。


1468)①モエレ沼公園 「SNOWSCAPE MOERE 6 (スノースケープ モエレ)」 2月18日(金)~2月20日(日)  _f0126829_071522.jpg


 黄色い樹?が札幌市立大学山田良ゼミの作品群。
 こういうイベントにはつきものの飾りだ。雪に黄色も悪くはない。可愛い感じ。

1468)①モエレ沼公園 「SNOWSCAPE MOERE 6 (スノースケープ モエレ)」 2月18日(金)~2月20日(日)  _f0126829_0124496.jpg


 黄色い樹が作品ならば、赤白のポールは?ただの道標。
 アドバルーンは間違いなく作品です。風間天心の「スタンド.」。風の強さに負けて、その後は雪倉庫に一時避難した。後で会場掲示板の説明を読んだ。僕には冬の風との遊びとイメージしたが、かなり違ったようだ。


1468)①モエレ沼公園 「SNOWSCAPE MOERE 6 (スノースケープ モエレ)」 2月18日(金)~2月20日(日)  _f0126829_23594191.jpg


 手前の六角模様は風間天心の「スタンプ」。
 面白いのだが、一望できないのが残念なところ。宇宙へのメッセージのよう。足跡も無い機械的な模様だ。自然の中にあって明らかな人工物ではあるが、人工的な雪祭りには悪くはない。
 モエレ山から幾つかその模様を見ることができるとのことだ。この日は寒くて登山は止めてしまった。


1468)①モエレ沼公園 「SNOWSCAPE MOERE 6 (スノースケープ モエレ)」 2月18日(金)~2月20日(日)  _f0126829_0292934.jpg


 写真の下の方で可愛く色付いているのが澁谷俊彦作品。
 2階の窓縁で見る作品。もっと数があり、大きめのもあれば遠くからも見栄えがするのだろう。今回は身近にあるコンペイト色と傘だ。


1468)①モエレ沼公園 「SNOWSCAPE MOERE 6 (スノースケープ モエレ)」 2月18日(金)~2月20日(日)  _f0126829_050591.jpg 屋内風景と屋外・澁谷作品は次回に。
 (②に続く。)



 

by sakaidoori | 2011-02-18 23:32 | ☆モエレ沼公園


<< 1469)②モエレ沼公園 「S...      1467) 「道都大学建築学科... >>