栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 01月 07日

1417) 終了「タムラ リク・コテン(田村陸・個展)」・オリジナル画廊 12月11日(月)~12月18日(土)

○ タムラ リク・コテン

   (田村陸・個展)



 会場:オリジナル画廊
    札幌市中央区南2条西26丁目3-10
    電話(011)611-4890  

 会期:2010年12月11日(月)~12月18日(土)
 休み:日曜日(定休日)
 時間:11:00~18:00
    (最終日は、~16:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーー(12.16)

f0126829_23474534.jpg
f0126829_2348354.jpg
     


f0126829_23535799.jpg
f0126829_2354780.jpg
               ↑:右側、「」。


 当館も昨年で閉廊と聞いている。既にその日が来たのかは定かではない。記念に入り口から載せよう。記念ではあるが、個展は廊下から用意周到に始まっている。

 田村陸・青年ーーおといねっぷ高校2年生、3回目の個展か?頼もしい若人だ。狭い会場ではあるが、個展雰囲気が気に入っているので、全容を載せておこう。


f0126829_23593812.jpg


f0126829_0512013.jpg


f0126829_2359507.jpg


f0126829_00337.jpg


f0126829_001576.jpg


f0126829_0564180.jpg



 絵が好きだから絵を描いているには違いない。だが、彼の魅力は


 彼の魅力は、自身の中に存在する世界を何とかして「絵画にしよう」とする姿勢だ。絵が上手いとか、将来にそこはかとない可能性を感じるとかではない。
 上手いとか将来性とかは僕には分からない。上手さに関してはそれほどではないだろう。というか、描きたい尺度が明快さと茫洋さとの間を彷徨っていて、それを絵の具でキャンバスに絵空事として成り立たせるリアリティーをまだ確保していない。不分明な未知の世界を明快に上手く描くというのも無理があるだろう。2次元の世界の自立を模索している段階だ。そんなに上手さに汲々とする必要はないのだろう。

 描きたい世界は未だ不分明だが、出てくる美的世界は実に安定している。変にこぢんまりとしないのが良い。写真、映像、デザイン、言葉と表現分野も絵画だけでないのも良い。外に吐き出す溢れる思いがあるのだろう。 

 作風自体は弱々しくセンチメンタルなところはある。それは見るもの聞くものへの旺盛な反応の証でもあろう。「恋」をつかむアンテナが敏感なのだ。
 スペイン張りのシュールの影響があるようだ。だが、超自然を見つめる強靱さは薄くユーモラスなロマンが漂っている。
 闇夜を好んで描くが、色を覆い尽くす自然界の闇とは違う。作られた絵画的「闇」」だ。この闇が自身の内面への「窓」なのだろう。「闇という窓」、独自の田村・窓を見続けていくことにしよう。


f0126829_0471525.jpg
          ↑:「鮮やかな痛み」。


f0126829_1122287.jpg
          ↑:「夜明け前」。


f0126829_8422466.jpg
               ↑:「月」。

 一つの習作だが、興味が尽きない。茫洋なる宇宙を茫洋のままに描いてみる。見えぬ世界を見えぬままに迫ってみる。拙きが故のシンプルな魅力を感じる。絵を描くことが好きで好きでたまらいという世界だ。


f0126829_8454426.jpg
f0126829_846396.jpg
     ↑:左から 「」、「よあけ」。


f0126829_8491824.jpg
     ↑:「」。


f0126829_8513251.jpg
     ↑:「宗教」。



 会場には映像作品も流れていた。映像とはいっても、風景のスナップ写真を連続に流しているものだ。ささやかな工夫として、映像順番がランダム設定になっているので、イメージの終わりがないことだ。否が応でも「田村・リズム」に合わせることになる。その感覚にはまってしまった。以下、数枚だけその写真を載せます。


f0126829_8591229.jpgf0126829_8594984.jpg
f0126829_9073.jpg




f0126829_92442.jpgf0126829_922727.jpg
f0126829_923912.jpg


by sakaidoori | 2011-01-07 09:03 |    (オリジナル) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/15289051
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by dynamiter909 at 2011-01-11 00:40
お越しいただきありがとうございました。
記事を読んで、とても沢山の事に気がつけました。
丸島さんの記事は、いつもいつも核心をついていて、為になります。
特に、絵画的闇というのは自分でもとてもしっくり来ました。
二次元としてのリアリティーを研究しつつ、そっちも突き詰めていきます。
Commented by sakaidoori at 2011-01-11 21:40
>dynamiter909 君へ

 多感な時期ですから、いろいろと焦ったり逸る気持ちにもとらわれる事でしょう。
 そして、廻りの学友も同じように美術・芸術に高い関心を抱いている人達です。優越感や劣等感などで心が塞がる事もあるでしょう。何より自分自身が情けなくなる時が一番辛い。

 絵には時間が必要です。時間を伴にして、遊び学んで下さい。

 実家が札幌に引っ越されたみたいですね。バッタリとどこかで会えるかもしれません。実に楽しみな事です。
 発表等、何かありましたら教えて下さい。

 いつもコメントを頂き、嬉しく思っています。



<< 1418)終了「札幌学院大学 ...      1416) 栄通八景 「サイク... >>