栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 01月 06日

1415)終了「マリ フジタ(藤田真理)・展覧会 2010」・ミヤシタ 12月9日(木)~12月26日(日)

○ マリ フジタ・展覧会 2010 


 会場:ギャラリー ミヤシタ
    中央区南5条西20丁目1-38 
    (南北の中小路の、東側にある民家)  
    電話(011)562-6977

 会期:2010年12月9日(木)~12月26日(日)
 休み:月曜日(休廊日)
 時間:12:00~19:00 
     (最終日は ~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー(12.10)

1415)終了「マリ フジタ(藤田真理)・展覧会 2010」・ミヤシタ 12月9日(木)~12月26日(日) _f0126829_20133261.jpg


 最近続いている暗室シリーズ。
 ドアの向こうはカーテンで仕切られている。カーテンが白い。いつもの黒さとは違うので、ちょっとした違和感。
 楽しみにしている展覧会だし、それに暗室仕立てということで期待感が高まる。一気にカーテンを開ける。


1415)終了「マリ フジタ(藤田真理)・展覧会 2010」・ミヤシタ 12月9日(木)~12月26日(日) _f0126829_20222820.jpg



1415)終了「マリ フジタ(藤田真理)・展覧会 2010」・ミヤシタ 12月9日(木)~12月26日(日) _f0126829_20224778.jpg



1415)終了「マリ フジタ(藤田真理)・展覧会 2010」・ミヤシタ 12月9日(木)~12月26日(日) _f0126829_20241419.jpg
1415)終了「マリ フジタ(藤田真理)・展覧会 2010」・ミヤシタ 12月9日(木)~12月26日(日) _f0126829_20245558.jpg



1415)終了「マリ フジタ(藤田真理)・展覧会 2010」・ミヤシタ 12月9日(木)~12月26日(日) _f0126829_20252594.jpg



 長い白髪を垂れた老婆の首が3体、それのみだ。
 正直に言えば、ちょっとした衝撃というか、意外性を求めての入場だったから、余りに普通のぶら下がりに拍子が抜けた感じだ。それは作品のできとは無関係に、暗室という道具立てにこちらが過大な光景を期待するからだろう。それはこういう展示を続けることの難しさの一つでもある。作家は決して奇をてらった行為ではないのだが、こちらが勝手にあらぬ妄想を膨らませるからだ。

 さて、老婆の首?やや歳をとった女の首が3個。殊更苦しい風情でもなく、目を閉じ、口を開き加減にした穏やかな顔だ。髪の長さは現代人的ではなく、その白さと重なり少しばかり時代がかって見える。白い髪、白の好きな作家だ。女性性を強める意味を持たせているのだろう。
 額には数字が書かれている。以前の作品にも、バーコードを使ったり数字の川をこしらえたりと、「数字」に拘る作家である。決して無味乾燥な意味ではなく、何かしらの好意的思惑の合図だと思う。

 晒し首とも怨霊とも言えなくもないが、それほどの怖さは伝わらない。「あ~、女の首がある、性少なき女の顔がある・・・」
 今展は今後も続くであろう「藤田真理の表現・闘い」のターニング・ポイントになるのかと感じた。「赤裸々に女をぶら下げたらどうなるのだろう?女が女を吊り下げる、それはどういうことか?」、作家自身の自問自答を見る展覧会であった。



1415)終了「マリ フジタ(藤田真理)・展覧会 2010」・ミヤシタ 12月9日(木)~12月26日(日) _f0126829_2053485.jpg



1415)終了「マリ フジタ(藤田真理)・展覧会 2010」・ミヤシタ 12月9日(木)~12月26日(日) _f0126829_20512731.jpg
             ↑:(後ろ姿。)

by sakaidoori | 2011-01-06 20:58 | ミヤシタ


<< 1416) 栄通八景 「サイク...      1414) アバウトの写真・2... >>