栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 09月 21日

1378) ニュー・スター 「mamizu 第3回 展覧会 『はこいりむすめ』」 終了・9月18日(土)&19日(日)


○ mamizu (まみず) 第3会展覧会

    ひらいてむすんで
      はこいりむすめ


 会場:ギャラリー ニュー・スター
     中央区南3条西7丁目・KAKU1階
     (西向き一方通行の道路の北側。
      美容室kamiyaの隣。)

 期間:2010年9月18日(土)&19日(日)
 休み:火曜日(定休日)
 時間:11:00~20:00

ーーーーーーーーーーーーー(9.18)

 夕方の6時半頃に到着。もう辺りは暗い。入り口付近には多くのお客さんだ、それぞれの仲間たちで話が弾んでいた。
 そして、しっかりそこに居たマミとミズ、早速他のお客さんには失敬してお部屋の中に入り込んだ。

 何やら箱がぶら下がり、箱と箱とはリボンで結ばれている。床には小さな小さな折り紙のカケラ。七色の床はかわいくてバージンロードのよう、土足での入室に戸惑ってしまう。「女の子」の部屋に男性が入り込むのは、なかなか勇気がいるものだ。


1378) ニュー・スター 「mamizu 第3回 展覧会 『はこいりむすめ』」 終了・9月18日(土)&19日(日)_f0126829_12584012.jpg



1378) ニュー・スター 「mamizu 第3回 展覧会 『はこいりむすめ』」 終了・9月18日(土)&19日(日)_f0126829_12591097.jpg



1378) ニュー・スター 「mamizu 第3回 展覧会 『はこいりむすめ』」 終了・9月18日(土)&19日(日)_f0126829_1259397.jpg



 女の子の手作り着せ替え人形のような部屋。

 入室すると本物の携帯電話が鳴って、お話をすることになる。
 「ハコイリムスメノ オウチニ キテクレテ アリガトウ」
  ミズの声が聞こえて、ちょっと恥ずかしドキドキ気分。
 「・・・」
  あれやこれやと簡単な会話。そして最後は、
 「コッチヲ ムイテ」
  振り向くとマミがカメラ目でこちらを見つめている。
  パシャリとカメラに収まって、ハコイリムスメのお友達になってしまった。


 マミの案内でつり下がった箱を開けてみる。中から二筋のリボンが降りてきて、小さな紙くずがひらひらと床に落ちていく。(あ~、床の紙くずはこれなのかと納得する。)リボンを他のリボンに結んで、網の目のような結ばれの世界ができていく。


1378) ニュー・スター 「mamizu 第3回 展覧会 『はこいりむすめ』」 終了・9月18日(土)&19日(日)_f0126829_13211317.jpg


1378) ニュー・スター 「mamizu 第3回 展覧会 『はこいりむすめ』」 終了・9月18日(土)&19日(日)_f0126829_13325229.jpg
1378) ニュー・スター 「mamizu 第3回 展覧会 『はこいりむすめ』」 終了・9月18日(土)&19日(日)_f0126829_1333664.jpg



 左壁にはハコイリムスメの経歴が記されている。過ぎし人生というには若過ぎるが、誰でもが通る道だ。
 初恋、別れ、普通の学校生活・・・一大事件は200万の借金生活。月6万の返済生活、完済したかどうかは分からないが、「気になるアイツ」と出会い、2人生活・・推定年齢27、8歳のハコイリムスメだった。

 天井、空間。左壁、床と適当に埋まっている。右壁には何にもない。もったいない。うるさくなるかもしれないが、大きな仕事(表現)の練習のために、ささやかな工夫の欲しい所だった。省略の美学はまだ早い!


 たわいのないお遊びだった。こんな遊びも時には良いものだ。

 マミは札幌在住、ミズは大阪?在住。だからだろう、札幌から関西まで、ハコイリムスメ・ツアーがしてみたいと2人は言う。良き仲間を見つけて、できる所から開いていけばいい。
 何かがしたい、もっともっと弾けたいと念じている2人だ。「若さ」と「女の子性」を武器にして、ドンドン・ドンドン歩いたらいいのだ。
 そしてまた来年、札幌で会いましょう。もしかしたらひょっこりと、「ハコイリムスメ・ツアー」にお邪魔するかもしれない。


1378) ニュー・スター 「mamizu 第3回 展覧会 『はこいりむすめ』」 終了・9月18日(土)&19日(日)_f0126829_13352142.jpg



1378) ニュー・スター 「mamizu 第3回 展覧会 『はこいりむすめ』」 終了・9月18日(土)&19日(日)_f0126829_1335491.jpg

by sakaidoori | 2010-09-21 13:37 |    (ニュー・スター)


<< 1379) 小樽・旧手宮線跡地...      1377) 旅行記 「③ 20... >>