栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 09月 21日

1377) 旅行記 「③ 2010年9月道北旅行  ③遠軽ー太陽の丘公園の彫刻」 9月1日(水) 晴れ時々大雨

f0126829_11515919.jpg


f0126829_11521676.jpg


f0126829_11544056.jpg



 コスモス園とは道路を挟んで、向かい側に彫刻が立っていた。何をするでもない広場にただのんびりと立っていた。広い公園にはよくある光景だ。青空と緑の芝生、僕は美術愛好家だ。作品を撮りにしばし歩くことにした。


f0126829_1224261.jpg
     ↑:道展会員・小林繁美、「精霊たち(木神)」・平成15年4月。


f0126829_1254617.jpg
f0126829_126876.jpg




f0126829_12743.jpg
          ↑:小林繁美、「精霊たち(芽甲)」・平成16年5月。


f0126829_12101211.jpg
     ↑:小林繁美、「精霊たち(ミノタウロス)」、平成16年5月。


f0126829_1212144.jpg
     ↑:道展会員・望月建、「環」・平成16年5月。


f0126829_12142167.jpg


f0126829_12172236.jpg
     ↑:道展会員(彫刻家)・小石巧、「漂」・平成15年4月。


 平成15、16年頃に道展立体造形作家に依頼してのモニュメント群。適度な量の作品群で、これ以上は必要ないだろう。
 辺りに寝そべりたくなる。子供の頃、遊ぶことに飽きたら、暇つぶしに寝ころんだ。草が首の辺りをちくちく刺した。香も覚えている。いつまでも寝そべっていたかった。そのうちに小さな虫にかまれて、体中がむずがゆくなる。何分もしないで起きあがってしまう。いつもそうだった。もっと皮膚が強くて、いつまでもいつまでも青空の下に居れたらと思った。本当に寝れたらどんなに幸せだろうと思った。


 旅行記、いつもながら最後の小平まで行けるかどうか?
 次回は紋別です。

by sakaidoori | 2010-09-21 12:26 | 【2010年旅行記】 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/14639829
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 1378) ニュー・スター 「...      1376) 道新ぎゃらりー 「... >>