栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 08月 17日

1340) 時計台 「古館章・ブロンズ展」 終了・8月9日(月)~8月14日(土)


○ 古館章・ブロンズ展

 会場:札幌時計台ギャラリー 2階C室
      中央区北1条西3丁目
       札幌時計台文化会館
      (東西の中通りの北側にあるビル)
     電話(011)241ー1831

 会期:2010年8月9日(月)~8月14日(土)
 時間:10:00~18:00 
     (最終日は、~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーー(8.14)

f0126829_85844.jpg


f0126829_16284870.jpg

 

入室したとたんに思わず笑ってしまった。まるで展示台展だ。厳密には3種類の展示台なのだが、骨組みだけのアッケラカンの台の立ち姿がいろんなポーズに見えて、他の台との口喧嘩競争をしているみたい。
 しばし作品を見るのを忘れて展示台の誇らしさに見とれてしまった。

 これではイカンと、ようやくブロンズ作品鑑賞となったわけだ。
 またまたそこで不思議なことが分かった。作品の個性が、展示台を目立たせているのだ。全く普通とは逆の現象だ。作品を生かす為の台なのに、台を生かすことによって、最後の最後に作品とも語らいましょうという運びになっている。ブロンズ作品の遊び心というのか、作家のユーモア精神が会場全体を覆っている。会場全体を美術にしているのだ。
 
 要するに、古館章・美学で徹底している。美術において、この「徹底」ほど良き言葉はない。ファージーならファージーでとことん「徹底」する。改めて教えられた。


f0126829_16335885.jpg
f0126829_16343137.jpg



 以下、ブロンズ作品を楽しんで下さい。
 作品台座には石と木材とがある。抜群に石のほうがいい。というのは、見た目はその人の好みで選べばいいのだが、持った時の重量感が全然違う。作風がユーモラスだから、ついついブロンズということを忘れがちだ。ブロンズの重みを引き立たせるには、やはり石が良い。どっしり重いユーモア、手のひらの宝物だ。


f0126829_16404445.jpg
f0126829_16405811.jpg



f0126829_1644550.jpg
f0126829_16445653.jpg



f0126829_16465411.jpg


f0126829_16473996.jpg

f0126829_16561769.jpg

f0126829_1649363.jpg
f0126829_1650537.jpg



f0126829_1651257.jpg
f0126829_16515156.jpg


by sakaidoori | 2010-08-17 17:30 |    (時計台) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/14412134
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 1341) 時計台 「渡辺和弘...      1339) 函館 「ハコトリ ... >>