栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 07月 17日

1300) ⑤ロシア旅行(3日目) 「⑤ハバロフスク(3日目ー其の一)・6月18日(金) ダーチャ」


 6月18日、この日も前日に続いて暑き快晴。まさに今日の札幌のようだった。

 午前中はホテルの近くの郷土博物館と美術館巡り。ギャラリー巡りと市内観光は次回にかくとして、今回は時系列を午後からにします。市郊外のダーチャ訪問です。ダーチャとは仮小屋あるいはバンガロー・別荘付きの家庭菜園です。今回紹介するダーチャには、ハバロフスクの先住少数民族ナナイ族の娘さんとお母さんも登場します。

 「ダーチャ」の理解なくしては現代ロシアの社会は見えない、と言い切れます。ところが、僕自身ダーチャのことは「別荘」として理解していたし、その意味を深く考えた事がなかった。知らない事を前提にしたロシア理解を恥はしない、普通の市民の他国理解とはそんなものだ。それで良いと思っている。だが、知ったからには少しでも現場と僕の理解を伝えたいと思う。


 息子の知人イリーナさん家族所有のダーチャ。イリーナさんはモンゴル的お顔で二十歳ぐらいの小さくて可愛いお嬢さんです。川魚などの狩猟を生計にしていた、ロシア少数民族のナナイ族女性です。ナナイ族・・・黒沢明監督の「デルス・ウザーラ」のデルス・ウザーラがナナイ族です。

1300) ⑤ロシア旅行(3日目) 「⑤ハバロフスク(3日目ー其の一)・6月18日(金) ダーチャ」 _f0126829_1113656.jpg
1300) ⑤ロシア旅行(3日目) 「⑤ハバロフスク(3日目ー其の一)・6月18日(金) ダーチャ」 _f0126829_11133635.jpg


 市内から82番路線バスで終着駅へ。この路線のさらに先にハバロフスク空港がある。運賃はどこまで乗っても13ルーブル(約39円)。マイクロバスだから車掌さんというか運賃集金人は同乗していない。支払いはざっくばらんなもので、運転手の右わきに放り投げる状態。上のマイクロバスが乗ってきたバスで、折り返しの時間待ち。


 バス停にイリーナさんが迎えに来ていて、歩いてダーチャに向かう。歩くこと10分ぐらい。


1300) ⑤ロシア旅行(3日目) 「⑤ハバロフスク(3日目ー其の一)・6月18日(金) ダーチャ」 _f0126829_11203992.jpg
1300) ⑤ロシア旅行(3日目) 「⑤ハバロフスク(3日目ー其の一)・6月18日(金) ダーチャ」 _f0126829_11221682.jpg


1300) ⑤ロシア旅行(3日目) 「⑤ハバロフスク(3日目ー其の一)・6月18日(金) ダーチャ」 _f0126829_11225519.jpg
1300) ⑤ロシア旅行(3日目) 「⑤ハバロフスク(3日目ー其の一)・6月18日(金) ダーチャ」 _f0126829_1123242.jpg
     ↑:近くの沼と、ご近所のダーチャの畑の様子。


1300) ⑤ロシア旅行(3日目) 「⑤ハバロフスク(3日目ー其の一)・6月18日(金) ダーチャ」 _f0126829_11243948.jpg


1300) ⑤ロシア旅行(3日目) 「⑤ハバロフスク(3日目ー其の一)・6月18日(金) ダーチャ」 _f0126829_1129339.jpg


1300) ⑤ロシア旅行(3日目) 「⑤ハバロフスク(3日目ー其の一)・6月18日(金) ダーチャ」 _f0126829_1131186.jpg
     ↑:菜園は木塀で囲まれている。写真に見える建物は隣家のダーチャ内建物。

1300) ⑤ロシア旅行(3日目) 「⑤ハバロフスク(3日目ー其の一)・6月18日(金) ダーチャ」 _f0126829_11332564.jpg
     ↑:見える建物が当菜園の仮小屋。やっとイリーナさんが写真に登場です。
 
1300) ⑤ロシア旅行(3日目) 「⑤ハバロフスク(3日目ー其の一)・6月18日(金) ダーチャ」 _f0126829_1137023.jpg



1300) ⑤ロシア旅行(3日目) 「⑤ハバロフスク(3日目ー其の一)・6月18日(金) ダーチャ」 _f0126829_1138360.jpg


 左側が当菜園の主でイリーナさんのお母さん。
 右側は一緒になって働いていた人。どういう関係かと伺うと、「心の友」と、粋な返事が返ってきた。

 以下、お母さんとの雑談。
 「お前は何をしているのか?今回の旅行は休暇か?」
 実に直裁な質問で困ったが、嘘のない程度に正直に応えた。
 「山に登ったり、本を読んだり、自宅にも小さな空き地があるから花や何かを植えて楽しんだりしている。最近はパソコンに時間を使うのが多くなった」
 「そうか、自分の為に生きているのか。年金でももらっているのか?畑は広いのか?」
 「年金はもうすぐ妻がもらえる。畑はほんとにわずかなものだ。今年の稔りはどうか?」
 「まだわからない。雨が降って欲しい」

 なかなかザックバランなお母さんだ。「折角だから何か働いてもらおうか」、などと言っていたが冗談だったようだ。ちょっとその気になったものだ。
 ロシア人訪問ということに少しうろたえて心の準備がなかった。日本からのわずかな駄菓子を持っていたが、何もしないのと同様だ。お土産も持って行かなくて申し訳ないことをした。
 最後は記念写真で辞した。1時間もいたとは思えない充実感があった。実に気さくな人達だった。
 
 
1300) ⑤ロシア旅行(3日目) 「⑤ハバロフスク(3日目ー其の一)・6月18日(金) ダーチャ」 _f0126829_1156474.jpg
     ↑:母娘のツーショット。


1300) ⑤ロシア旅行(3日目) 「⑤ハバロフスク(3日目ー其の一)・6月18日(金) ダーチャ」 _f0126829_11582241.jpg



 
 イリーナ家はこのダーチャの近くに住んでいる。おそらく集合住宅だと思う。そこから仕事の無い日は毎日通っているのだろう。イリーナさんも小さい時には手伝っていた。若い人一般がそうであるように、今ではダーチャでの実労働には無縁なようだ。

 多くのロシア市民は都市の集合住宅に住んでいて、月曜から金曜日まで働いている。そして、週末の土日に郊外の自家ダーチャにいそしむみたいだ。春とは彼等にとって、ダーチャ通いの楽しい始まりを意味しているようだ。ダーチャ、それは畑作りだけではなく、花を育てたり、時には友だちを呼んで多いに雑談に耽ったり、人生の自慢にしているようだ。

 集合住宅はソ連時代からの伝統で、工場などの集団労働には効率的だ。だが、あまりに人が密集していて、非人間的なところもあり住宅環境としてはよろしくない。ソ連時代から社会労働の息抜き・リフレッシュの一環として、市民に郊外の空き地を提供したとのことだ。
 当時ソ連は私有財産を否定していたから、農地の私有化やそこでの生産物の商品化には公には反対の姿勢だった。だが、作物が自家消費を超えれば、それなりに「商品」として「闇」というか、非公式に販売されていただろう。ソ連崩壊時に、政府公開の穀物生産量では市民の飢餓も必死という報道もあった。だが、体制が危機状態になれば市民はダーチャ農園に普段よりも真剣になるわけで、「飢餓的食糧問題」は無かったと言ってよかったみたいだ。西側のメディアはロシアに近いし独自のニュース・ソースを持っていたので、少数だがダーチャの意義を認識していた。日本人の論客は情報不足ということもあり、より深い認識を流すことができなかった。結果的には誤った認識を流していた。今でも日本人による良質のロシア情報は少ない。ソ連には関心大であっても、ロシアには低いようだ。全ての関心は「北方領土」だけかもしれない。何だかんだと言って、ロシアは隣国だ。仲が良くても悪くても、もっと付き合いたいものだ。

 今回、2ヵ所のダーチャを訪問した。日を改めてもう一ヵ所も紹介しますが、今回とは大分較差があるようだ。 イリーナ家のダーチャは作物のみで娯楽の要素はない。ダーチャも自宅に近い。花もひまわりがあったが、愛でると言うよりも、種を楽しみにしているようだ。まさに生きる基盤としてのダーチャだ。隠れ農民だ。それは少数民族ナナイ族の歴史と関係しているのかどうか?ナナイ族のロシア化との問題もあるのかどうか?
 イリーナさんに民族のことを伺った。「博物館に行けば展示されている」という素っ気ないものだった。その日、たまたま僕は博物館で見ていたのだ。確かにアイヌ他の民族と一緒に紹介されていた。ナナイ族はかなりのスペースだった。日本のように民族問題を忌避するムードはない。が、アイヌ同様に狩猟民族が農民化するのにはいろいろとあったことだろう。
 「北海道にもアイヌがいる」と言ったら、「本で知っている」との返事だ。ちなみに今の彼女の大いなる関心はバブテスト教会にあるようだ。信仰の基礎であり、重要な生活基盤のようだ。


1300) ⑤ロシア旅行(3日目) 「⑤ハバロフスク(3日目ー其の一)・6月18日(金) ダーチャ」 _f0126829_12551597.jpg
     ↑:息子はお土産に多くの野菜を頂いた。


1300) ⑤ロシア旅行(3日目) 「⑤ハバロフスク(3日目ー其の一)・6月18日(金) ダーチャ」 _f0126829_12592396.jpg
     ↑:帰りはあっという間にバス・ストップに着いた。82番の大型バスが待機していた。


1300) ⑤ロシア旅行(3日目) 「⑤ハバロフスク(3日目ー其の一)・6月18日(金) ダーチャ」 _f0126829_1315663.jpg
1300) ⑤ロシア旅行(3日目) 「⑤ハバロフスク(3日目ー其の一)・6月18日(金) ダーチャ」 _f0126829_1321278.jpg
     ↑:バス停横にある小学校。イリーナさんの母校だ。


1300) ⑤ロシア旅行(3日目) 「⑤ハバロフスク(3日目ー其の一)・6月18日(金) ダーチャ」 _f0126829_1333339.jpg



 何か良い感じのアジア人3人組だ。イリーナさんともお別れだ。

by sakaidoori | 2010-07-17 13:27 | 【2010年 ロシア旅行】


<< 1301) 時計台 「斉藤嗣火...      1299) アトリエムラ・カフ... >>