栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 07月 06日

1286) コジカ 「サロン・コジカ誕生展 (タイガー・カワカミ チエの2人展)」 7月3日(土)~7月18日(土)

○ salon cojica Birth Exhibition
   (サロン・コジカ 誕生展
      Taiga Kawakami / CHIe
      (タイガー・カワカミ チエの2人展)


 会場:サロン・コジカ
    中央区北3条東2丁目中西ビル1F
    (東西に走る南側。)
    電話 090ー6211-9331(川上)

 会期:2010年7月3日(土)~7月18日(土)
 休み:月・火曜日(定休日)
 時間:平日   →18:00~22:00 
     土日祝日→14:00~21:00


※ オープニング・パーティー ⇒ 初日、18:00~

ーーーーーーーーーーーーーーー(7・3)

 民間の新しい美術空間がまた一つ誕生した。そのこけら落としとしての2人展だ。会場と作品を紹介します。

 貸しギャラリーとしても運営されるようだが、どういう展開になるのかははっきりしない。認知度も低いし、借り手の少なくなったように感じる昨今だ。直ぐに貸しギャラリーのみでは機能しないだろう。
 夕方から夜にかけての運営時間だ。立派なカウンターも用意されている。若者にターゲット絞っているみたい。CAI02のカウンターの後ろの壁を取り払って、地下室ごと地上に進出して、美術・芸術の好きな人がオープンに語り合う、そんな雰囲気の会場であった。オープニング・パーティーには沢山のお客さん、圧倒的に若い女性が多かった。そういう「女性」達が中心の場になるのだろうか?

 そのオープニング・パーティーに出席した。人だかりで作品の雰囲気を伝えるには不向きだが、何枚か写真紹介をしましょう。人のお顔も小さく写って、まずいのもあるかもしれません。その時は連絡を。オープニングということでご容赦下さればありがたい。

1286) コジカ 「サロン・コジカ誕生展 (タイガー・カワカミ チエの2人展)」 7月3日(土)~7月18日(土)_f0126829_10162527.jpg
     

 税理士事務所の看板のあるビルの1階、白いドアがサロン・コジカだ。
 ドアの右側にはかなり広い窓がある。白尽くめの会場だし、開放的な北向きの窓、なんといっても歩道の広いのが素晴らしい。その広さに反してこの界隈は人通りが少ないと思う。路上パフォーマンスも可能だろう。
 若い人達が、集って群れて語りあって、エネルギーを発散する場になれば良い。街路樹が喜ぶだろう。


1286) コジカ 「サロン・コジカ誕生展 (タイガー・カワカミ チエの2人展)」 7月3日(土)~7月18日(土)_f0126829_10471346.jpg
     ↑:ご存じ、「ミラー・ボールのタイガー・カワカミ」作品。徹底的にミラー・ボールを研究して、次なる飛躍になればと願う。
 彼がこのの中心的スタッフであろう。何人かのスタッフによる運営のようだが、全く分からない。会場の女性の多さから判断して、若い女性スタッフもいるのだろう。

1286) コジカ 「サロン・コジカ誕生展 (タイガー・カワカミ チエの2人展)」 7月3日(土)~7月18日(土)_f0126829_10512642.jpg
     ↑:左側の女性が何かを見つめている。それが下のイラスト?アニメ?作品。


1286) コジカ 「サロン・コジカ誕生展 (タイガー・カワカミ チエの2人展)」 7月3日(土)~7月18日(土)_f0126829_10533158.jpg
     ↑:チエ

1286) コジカ 「サロン・コジカ誕生展 (タイガー・カワカミ チエの2人展)」 7月3日(土)~7月18日(土)_f0126829_10555335.jpg


 結構怖い場面を漫画タッチでコミカルに描いている。見た瞬間のインパクトの薄さが現在の画家の心理的位相だろう。画面がフラットで全てが平均化されて、山や谷がない。画面構成では極端を排しつつ、一つ一つの残虐な行為を楽しんでいる。
 「リアリティー」という視点に立てば、強めて行くのか薄くなっていくのか?「飾り」という立場に立てば、埋め尽くしていくのか、間を取り込んでいくのか?
 いずれにせよ、この壁一面を埋め尽くすぐらいの胆力を一度は披露しなければいけないだろう。描く事によって、先をつかんでいくのだろう。


1286) コジカ 「サロン・コジカ誕生展 (タイガー・カワカミ チエの2人展)」 7月3日(土)~7月18日(土)_f0126829_11132717.jpg


 ミラー・ボール作品は部屋の壁際に置かれていて、反対側はカウンターになっている。展示空間としては6m×4m位と考えたらいいだろう。広い壁にはトイレのドアがあるし、窓も広いから、壁面利用上は制約されるだろう。そういう点はここの特徴・利点だと思って作家が考えればいいことでもあろう。


 以下、サロン・コジカ利用概要を載せます。一週間の利用は45,000円です。まずは会場を見に行ってみて下さい。そして関係者には大いなるアイデアと地道な努力を期待しよう。

1286) コジカ 「サロン・コジカ誕生展 (タイガー・カワカミ チエの2人展)」 7月3日(土)~7月18日(土)_f0126829_11305211.jpg


1286) コジカ 「サロン・コジカ誕生展 (タイガー・カワカミ チエの2人展)」 7月3日(土)~7月18日(土)_f0126829_11311039.jpg



1286) コジカ 「サロン・コジカ誕生展 (タイガー・カワカミ チエの2人展)」 7月3日(土)~7月18日(土)_f0126829_11371467.jpg



 純白とも言える真っ白い壁が印象的だった。人の生理でウッスラと汚れていくのだろう。
 真夏の夕闇、軽やかな女性客に心地良い一時であった。だが、その若さに圧倒され、いささか綺麗すぎる会場にもとまどい気味にもなってしまった。居場所を失いがちになった時、無精ひげスタイリストの知人が目に止まる。頂いたビールに「オープン、カンパイ!」、会話は進み人混みの一員になることができた。
 楽しく刺激的な作品空間になればと願う。

1286) コジカ 「サロン・コジカ誕生展 (タイガー・カワカミ チエの2人展)」 7月3日(土)~7月18日(土)_f0126829_11374591.jpg
 

by sakaidoori | 2010-07-06 13:26 |   (コジカ)


<< 1287) CAI02 「今村...      1285) ②ロシア旅行(2日... >>