栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 04月 22日

1274) CAI02 「自分のためにアートを買いたい -U 50,000- 2010」 4月17日(土)~4月28日(水)

○ 自分のためにアートを買いたい
    -U 50,000- 2010


1274) CAI02 「自分のためにアートを買いたい -U 50,000- 2010」 4月17日(土)~4月28日(水)  _f0126829_1147498.jpg 会場:CAI02・raum1 2 3
    中央区大通西5丁目 昭和ビル・B2 
    (地下鉄大通駅1番出口。
    注意⇒駅の階段を下りてはいけません。
        昭和ビルの地下2階です。)
    電話(011)802-6438

 会期:2010年4月17日(土)~4月28日(水)
     (4月24日 午後5時からは第1室入場不可)
 休み:日曜日・祝日(定休日)
 時間:13:00~23:00 

※ オープニング・パーティー ⇒ 初日 19:30~

 【参加作家】
 沢山。
 (価格はカットして、作品リストを載せています。参考にして下さい。)

ーーーーーーーーーーーーーーー(3・21)

 タイトルにもあるとおり、販売を目的にした小品・商品展です。というわけですから、会場風景だけの紹介にします。


1274) CAI02 「自分のためにアートを買いたい -U 50,000- 2010」 4月17日(土)~4月28日(水)  _f0126829_10565089.jpg


1274) CAI02 「自分のためにアートを買いたい -U 50,000- 2010」 4月17日(土)~4月28日(水)  _f0126829_105772.jpg
     ↑:以上、1室。

1274) CAI02 「自分のためにアートを買いたい -U 50,000- 2010」 4月17日(土)~4月28日(水)  _f0126829_10585127.jpg


1274) CAI02 「自分のためにアートを買いたい -U 50,000- 2010」 4月17日(土)~4月28日(水)  _f0126829_10591549.jpg
     ↑:以上、2室。


 1室。
 ピンク地にたゆたゆし線描の田村佳津子・「うらラララ」(2010年 キャンバス アクリル絵の具 ペン 40×20㎝)。ピンクの淡さに勘違いしそうですが、執念の線描画です。
 奥山三彩、「落ち葉のコンチェルト」(登別軟石 桂 2009年 11×33×14㎝)、強く印象に残った作品。階段状の台座に貝殻のようなものが置かれていて、この二つがコンチェルトを奏でているのでしょう。遺物風の地味さと、花開く若さが同居している。
 鈴木朝美、「おどる人びと」(シルクスクリーン 2008年 31.5×43.8㎝)。これまた悩ましい作品。ピンクのブツブツが散りばめられていて、おそらくその模様が人々なのでしょう。踊っているのでしょう。全体の図柄よりも、ピンクのブツブツが点描になっていて、しなやかな女性らしさを感じた。大きさは額込みのもので、かなりの小品。
 小坂裕美子、「ゴミぐるみ」(プラスチック ビニール 2008年~)。コンクリート壁面の四隅に「ゴミぐるみ君」という風情で沢山の安直人形が重ねられている。「ゴミ」なのかもしれないが、暗がりの部屋では可愛いく明るい生き物だった。

 2室。
 白くて細長い部屋の奥に、顔無しピンクのポートレートが目に飛び込んできます。武田浩志、「服 1」(MDFパネル アクリル 和紙 ウレタンニス 金箔 2010年 45×50×3.4㎝)。タイトルは「服」ですが、やはり「顔無しピンク坊や」と言いたい。
 その武田浩志・服を見にのこのこ近づいていくと、色サンサンの山本雄基・「曖昧のあわ、みえ得るところ「(木製パネル アクリル 2010年 21.5×27.2㎝)。けっして「曖昧なあわ」ではありません。「どうしたの?」と言いたいほどの分かりやすさです。立体仕掛けの水玉模様です。色くっきりで、山本雄基君も人生に絵に恋して春が来た感じです。
 田中由美子・「鳥たちの休日」(ガーゼ 日本刺繍糸 カモメの羽 リンシード 漆 1997年 直径20㎝)。かなり大きめの卵形のガラスに羽根が閉じこめられている。身近に置くには少し大きいかもしれないが、毎日拝んで触りたくなる。 

by sakaidoori | 2010-04-22 11:51 | CAI02(昭和ビル)


<< 1275) さいとう 「櫻井マ...      1273) ②テンポラリー 「... >>