栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 04月 19日

1273) ②テンポラリー 「藤谷康晴・展 ANALOG FLIGHT」 4月13日(火)~4月25日(日)

○ 藤谷康晴・展
    ANALOG FLIGHT
      ーSAPPORA→ー


 会場:テンポラリー・スペース
     北区北16条西5丁目1-8
     (北大斜め通りの東側。
      隣はテーラー岩澤。)
     電話(011)737-5503

 会期:2010年4月13日(火)~4月25日(日)
 休み:月曜日(定休日)
 時間:11:00~19:00

ーーーーーーーーーーーーーー(4・17)

1273) ②テンポラリー 「藤谷康晴・展 ANALOG FLIGHT」 4月13日(火)~4月25日(日) _f0126829_21402377.jpg


 中作が4点の出品。その内の2点は既発表と思う。ということは新作は2点だ。1年数ヶ月ぶりの個展としては少ない。発表ブランクは制作量のブランクなのだろうか?彼はライブ・ドローイングというイベントもこなすし、作品からも火山性爆発型作家と連想したくなる。が、本当は闘志を内に秘めた非交際型の閉じこもりタイプかもしれない。発表ブランク中、描く事にも距離を置いて、自分自身を見つめていたのかもしれない。


1273) ②テンポラリー 「藤谷康晴・展 ANALOG FLIGHT」 4月13日(火)~4月25日(日) _f0126829_2261230.jpg


 左側は一昨年の作品。ドロドロした婆娑羅スタイルは圧巻ではある。装飾と怨念、あるいは伝統美に対する近親憎悪をモチーフにしている。
 対して右側は昨年の作品だ。

1273) ②テンポラリー 「藤谷康晴・展 ANALOG FLIGHT」 4月13日(火)~4月25日(日) _f0126829_22102584.jpg


 今展のベスト作品だと思う。

 画題は当館・テンポラリー・スペースだ。そして、画題としてのテンポラリーと、空間としてのテンポラリーを意図的に交差している。非常に理知的にトリッキーに構成して、愛すべき場と、空間そのものの畏怖なり可能性を表現している。
 エッシャー風のトリッキーが幾重にも張り巡っている。
 少女の描かれている面、これはテンポラリーの壁であり床だろう。
 まず、普通にギャラリーの入り口からの風景としてみて問題はない。この視点は壁をフラットに見る日常の視点だ。だがこの壁はテンポラリーの2階から見た時の床面にもなっている。この場合は描かれた絵よりも凹みとしての1階の部屋全体の空間を表現している。
 壁画を近代都市という風俗を交えながらも装飾的に描き、同時に空間そのものの異化作用を演出し、人の感覚を異次元に誘おうとしている。
 壁画と同時に凹み空間、彼が表現しているテーマだ。壁画にウエイトがある場合は、オドロオドロした情念なり感情むき出しの模様で塗りたくり、塗りたくる事によって何かが生まれる事を願っている。写真紹介した左の作品がその典型だ。
 だが、怨念で埋め尽くされる壁とは、怨念が噴出する異次元があるから可能なのだ。だから、怨念と異次空間とは同じ事の違う顔でしかない。藤谷はその両方を何とかして視覚化したいのだろう。その一つの答えがテンポラリーで感じもし見えたのだろう。

 上掲の画題の骨格は今述べた事だと思う。だが作品にはいろんな仕掛けや工夫で藤谷ワールドを演出している。冷めた目と熱い心が織りなしている。
 左側の黒い四角い穴、それは2階にあるにじり口だろう。選ばれた人の出入り口だ。それと・・・。語ればきりがない。是非当館に行って、この作品がテンポラリーを入れ子にしているのを楽しんで下さい。


1273) ②テンポラリー 「藤谷康晴・展 ANALOG FLIGHT」 4月13日(火)~4月25日(日) _f0126829_23511626.jpg

1273) ②テンポラリー 「藤谷康晴・展 ANALOG FLIGHT」 4月13日(火)~4月25日(日) _f0126829_2352357.jpg


1273) ②テンポラリー 「藤谷康晴・展 ANALOG FLIGHT」 4月13日(火)~4月25日(日) _f0126829_2353766.jpg
          ↑:上掲作品の部分図。


1273) ②テンポラリー 「藤谷康晴・展 ANALOG FLIGHT」 4月13日(火)~4月25日(日) _f0126829_23545915.jpg

1273) ②テンポラリー 「藤谷康晴・展 ANALOG FLIGHT」 4月13日(火)~4月25日(日) _f0126829_23554712.jpg



 久しぶりの藤谷康晴・個展だ。語りたい事は沢山ある。作品には必ず描かれてある「四角い窓」のこと、今展では「青丸」が登場した。それは太陽のようでもあるが、ぞんざいな描き方が一つの工夫だ。成功しているかどうかはわからないが、画家自身の抜けた心境だろうか。
 抜けたと言えば、上掲作品は「漫画」という彼自身の原点にも立ち返っている。もちろん、漫画と紹介するには限りなく高みに登ったのは間違いないが、現代風俗と「漫画」を取り込もうとしているのは間違いない。

 今展は「サッポロ→」がテーマだ。その作品も次に書きたいが、あまりにシツコイ紹介だろうか?


1273) ②テンポラリー 「藤谷康晴・展 ANALOG FLIGHT」 4月13日(火)~4月25日(日) _f0126829_041578.jpg

タグ:

by sakaidoori | 2010-04-19 23:28 | テンポラリー


<< 1274) CAI02 「自分...      1272) 4プラ 「佐野妙子... >>