栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 04月 03日

1251)カフェ・エスキス「第100回記念展 河村泰伸絵画展『幼少期の一枚』」 終了・3月11日(木)~3月30日(火)

○ 第100回記念展
   河村泰伸・絵画展
     『幼少期の一枚


 会場:カフェ エスキス
    中央区北1条西23丁目1-1
      メゾンドブーケ円山1F
    (南東角地)
    電話(011)615-2334

 期間:2010年3月11日(木)~3月30日(火)
 休み:水曜日(定休日) ※3月23日(火)は臨時休業
 時間:12:00~24:00
    (日・祝日は、~21:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーーー(3・27)

1251)カフェ・エスキス「第100回記念展 河村泰伸絵画展『幼少期の一枚』」 終了・3月11日(木)~3月30日(火)_f0126829_8223879.jpg


1251)カフェ・エスキス「第100回記念展 河村泰伸絵画展『幼少期の一枚』」 終了・3月11日(木)~3月30日(火)_f0126829_8201292.jpg


1251)カフェ・エスキス「第100回記念展 河村泰伸絵画展『幼少期の一枚』」 終了・3月11日(木)~3月30日(火)_f0126829_8212688.jpg



   「幼少期の一枚」
     絵画が運ぶ役割は過去も現代も過酷。
     突き詰められたり、割り当てられたり、
     画家の源、幼少期からの夢は消えていこうとする。
     だけど、楽しい絵描きは僕だけのものだ。
     なぜならば、いつまでたっても幼少期の一枚だから。
               河村泰伸
                         (会場の案内文より。)

1251)カフェ・エスキス「第100回記念展 河村泰伸絵画展『幼少期の一枚』」 終了・3月11日(木)~3月30日(火)_f0126829_8401458.jpg
          ↑:「幼少期」・40号。


1251)カフェ・エスキス「第100回記念展 河村泰伸絵画展『幼少期の一枚』」 終了・3月11日(木)~3月30日(火)_f0126829_8413366.jpg
1251)カフェ・エスキス「第100回記念展 河村泰伸絵画展『幼少期の一枚』」 終了・3月11日(木)~3月30日(火)_f0126829_8421373.jpg
     ↑:左から、「窓」・30号、「宿」・30号。


1251)カフェ・エスキス「第100回記念展 河村泰伸絵画展『幼少期の一枚』」 終了・3月11日(木)~3月30日(火)_f0126829_8434659.jpg
          ↑:「車」・20号。


 心温まる絵だ。もの悲しさも漂っている。この二つの心を右に左に揺れながら、昔と今を行きつ戻りつ、静かな何かが止まった世界に降りていく。

 そこにいる大人は両親だろうか?男性は父親か作家自身なのか?女性は母親のようだが、恋人のようでもある。現実の両親と作家の組み合わせの家族とその思いで、作家が父親になっての恋人・妻・母と子供のいる仮想家族がダブル・イメージされて見える。
 どの顔もほほ笑んでいる。草しげる庭に憩い、光の降りる窓を空一杯に開き、未来の夢を保証しているような車と恋人とを暖かく迎えている。
 何一つ憂いは無い。哀しみを誘う小道具も見あたらない。さわやかな人のたたずまいだ。幸せな雰囲気そのものだ。今の幸福が将来にも約束されているみたい。心温まる絵だ。

 だが、その浸っている姿が哀しさの泉なのだろう。
 うす青と薄緑が好きな画家だ。濃紺の壁にピッタリと引っ付いて離れようとはしない。


1251)カフェ・エスキス「第100回記念展 河村泰伸絵画展『幼少期の一枚』」 終了・3月11日(木)~3月30日(火)_f0126829_10413692.jpg
1251)カフェ・エスキス「第100回記念展 河村泰伸絵画展『幼少期の一枚』」 終了・3月11日(木)~3月30日(火)_f0126829_10421114.jpg


1251)カフェ・エスキス「第100回記念展 河村泰伸絵画展『幼少期の一枚』」 終了・3月11日(木)~3月30日(火)_f0126829_10424674.jpg
          ↑:「時」。

 人を画くことが好きな作家だが、唯一人の見えない作品。
 赤い部分が時計台のような家にも、四角い不細工な男の顔や人間にも見えたりする。
 やはり木々に囲まれた不動の建物だろうか?何を描いているというわけでもなく、時間を止めたいのだろうか?

by sakaidoori | 2010-04-03 11:11 | (カフェ)エスキス


<< 1252) 資料館 「藤女子大...      1250) たぴお 「高田稔・... >>