栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 03月 27日

1241) 資料館 「北海道教育大学札幌校 『写真部・学外展』」 3月24日(水)~3月28日(日)

○ 北海道教育大学札幌校
     写真部・学外展


 会場:札幌市資料館2階 5室
    中央区大通西13丁目 
     (旧札幌控訴院。
      大通公園の西の果て)
     電話(011)251-0731

 会期:2010年3月24日(水)~3月28日(日)
 時間:9:00~19:00
     (最終日は、~17:00まで。)
   
ーーーーーーーーーーーーーー(3・25)

1241) 資料館 「北海道教育大学札幌校 『写真部・学外展』」 3月24日(水)~3月28日(日)  _f0126829_2155236.jpg


1241) 資料館 「北海道教育大学札幌校 『写真部・学外展』」 3月24日(水)~3月28日(日)  _f0126829_2162239.jpg
     ↑:4年目・古屋詩奈


 今回の道教育大学札幌校写真部の写真展はこの作品に尽きるだろう。約1m×1.4mの大きさは圧巻だ。大きければ良いかというと、大きいから良いのだと応えたい。
 中近東の歴史遺産跡のような被写体だ。実際は海外(トルコ?)の建物の天井を写したものとのこと。天井を照らす光が虚なる世界を創ったのだろう。当館は札幌軟石によるヨーロッパ建造物を意識した旧控訴院(高等裁判所)だ。近代的裁きの場であり、国家権力の遺物でもある。当館の一室を飾るにはもってこいの迫力だ。何とも言えない重厚さ歴史臭さを感じる。
 もっとも、こういう作品を学生が提出した事の方がもっと大事だと思う。「大きな写真作品を卒業記念にドーンと飾るんだ」という、強くて積極的な意志が伝わる。


1241) 資料館 「北海道教育大学札幌校 『写真部・学外展』」 3月24日(水)~3月28日(日)  _f0126829_22395466.jpg
     ↑:4年目・三橋夏希

 光を溜め込んで人肌のように優しくもあり、悩ましくもある「風景」。無駄な物は一切排除して、光にスポットを当てている分、白さが多いが、ほのかな闇にも気配りをしている。
 作品は期待通りなのだが、作品数が少なすぎた。2点では心象気分だけに終わりそうだ。少なくとも2点×3組みの6点は欲しかった。就職活動等いろいろと忙しかったのだろう。「喝」を入れたいところだが、仕方がない。


 学生写真展で気に入った作品に1点でもいいから出会えたら、それで充分なのだろう。
 超大作以外は、残念だが、小振りで小さくまとまりすぎていた。冒険というか、写真を楽しんでいて見る人にも何かを積極的に伝える姿勢が欠けているようだ。今の自分で精一杯という感じだ。見せる喜びも体得して欲しい。そうでなければ部活の意味も半減してしまうと思う。


 さて、その責任の一端を担っているのが会場でお話した西田茜さんだ。彼女の作品を紹介します。

1241) 資料館 「北海道教育大学札幌校 『写真部・学外展』」 3月24日(水)~3月28日(日)  _f0126829_23102062.jpg
     ↑:3年目・西田茜。(全作品。)

1241) 資料館 「北海道教育大学札幌校 『写真部・学外展』」 3月24日(水)~3月28日(日)  _f0126829_23104495.jpg


1241) 資料館 「北海道教育大学札幌校 『写真部・学外展』」 3月24日(水)~3月28日(日)  _f0126829_23114023.jpg


 西田茜さんとの会話は実に楽しかった。淡々とややドスを効かし気味に明快に語る。いかにも学生という理知さ加減が心地良い。仲間の作品も簡明に寸評していた。
 そして自分の事も語るのだが、いきなりトーンダウンしてしまう。作品を見せることに恥ずかしがっているのだ。いいではないですか、不出来でも。我が道を信じて大きな作品を沢山出して下さい。出さないと上手くはなれないし、喜びも半減するでしょう。

 作品考。
 JRタワー展望室の人の隠し撮り。人に興味はあるが正面からは挑めない。学生にはよくある姿勢でもある。撮影者の安全な位置が気になるところだ。ならば、安全な位置を前提にしながらも、沢山の窓辺の人影シリーズに徹したら面白いのに。
 桜の作品。光や白さを撮りたかったのだろうか?そういう意味では好きな被写体による研究作品だ。だったら、春夏秋冬のシリーズ、そういう年間を過ごす継続的意志力を見てみたいものです。作品も小さすぎた。


1241) 資料館 「北海道教育大学札幌校 『写真部・学外展』」 3月24日(水)~3月28日(日)  _f0126829_23303444.jpg



1241) 資料館 「北海道教育大学札幌校 『写真部・学外展』」 3月24日(水)~3月28日(日)  _f0126829_2331754.jpg
     ↑:3年目・井手優里

 3点の出品。黒をしっかりと出して好感の持てる作品群なのだが、肝心の撮影者の顔が見えない。何を遠慮しているのだろう?

 
1241) 資料館 「北海道教育大学札幌校 『写真部・学外展』」 3月24日(水)~3月28日(日)  _f0126829_23343768.jpg
     ↑:DMに利用された作品。
 撮影者の名前を聞いたのですが、忘れてしまった。すいません。
 二人は何を語らっているのでしょう?お尻の割れ目も大胆に露出している。顔は見えない。いろいろと気になる写真です。

by sakaidoori | 2010-03-27 08:31 | 資料館


<< 1242) ト・オン・カフエ ...      1240) さいとう 「ドール... >>