栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 03月 01日

1214) ②大通高校 「アーティスト黒田晃弘さんのラウンジ教室」 終了・2月23日(火)24日(水)26日(金)

※ アーティスト黒田さんのラウンジ教室 ※
    講師:黒田晃弘

   
 会場:市立札幌大通高校・1階ラウンジ
    中央区北2条西12丁目
    (東西に走る道路の北側。道路東側は植物園。)
    電話

 会期:2010年2月23日(火)24日(水)26日(金)
 時間:1回目 → 10:00~11:50 
     2回目 → 15:15~16:45 

ーーーーーーーーーーーーーーーー(2・23 26)

 (1214番の①の続き。)

1214) ②大通高校 「アーティスト黒田晃弘さんのラウンジ教室」 終了・2月23日(火)24日(水)26日(金)_f0126829_15315925.jpg


 ほんのチョッピリ最終日に訪問。
 窓ガラス一杯に生徒の作品が貼ってあった。なかなか壮観だ。聞けば、二日目にフィーバーしたとのことです。50枚以上、ということはそれだけの人が描いたわけだ。描かなくても廻りでワイワイガヤガヤと野次なり声援を贈って楽しんだ人も居るはずだ。皆な絵を描いたり見たりするのが好きなんだ。 

 その中で2枚だけピック・アップ。

1214) ②大通高校 「アーティスト黒田晃弘さんのラウンジ教室」 終了・2月23日(火)24日(水)26日(金)_f0126829_1548949.jpg
1214) ②大通高校 「アーティスト黒田晃弘さんのラウンジ教室」 終了・2月23日(火)24日(水)26日(金)_f0126829_15482948.jpg


1214) ②大通高校 「アーティスト黒田晃弘さんのラウンジ教室」 終了・2月23日(火)24日(水)26日(金)_f0126829_15485496.jpg



 幸いにも、先日の描き残していた女学生が現れた。最後の仕上げはこの会場だ。黒田さんに見られながら、作業の続きだ。

1214) ②大通高校 「アーティスト黒田晃弘さんのラウンジ教室」 終了・2月23日(火)24日(水)26日(金)_f0126829_15513178.jpg


1214) ②大通高校 「アーティスト黒田晃弘さんのラウンジ教室」 終了・2月23日(火)24日(水)26日(金)_f0126829_1552018.jpg


 紫に宮殿の妖しげさが漂っているみたい。渋い色が好きな人かもしれない。

 模写した作品も見せてくれた。

1214) ②大通高校 「アーティスト黒田晃弘さんのラウンジ教室」 終了・2月23日(火)24日(水)26日(金)_f0126829_15544050.jpg


 原本は版画家・小林ケイセイ(敬生?)とのこと。原本はエッチングかと思ったが、小口木版かもしれない。氏は、それで有名のようだから。タイトルは・・・、忘れてしまった。
 写すこと自体が大変だったとのことだ。薄い部分で失敗したところがあり、消すわけにもいかずに濃い仕上げになったという。「模写」、全ての基本だろう。沢山したらいいのだ。なかなか良い物を見させてもらった。「コバヤシケイセイ」、記憶しておこう。


1214) ②大通高校 「アーティスト黒田晃弘さんのラウンジ教室」 終了・2月23日(火)24日(水)26日(金)_f0126829_1681234.jpg 左は、前回感動した人の最終的な姿だ。記録しておこう。


     ~~~~~~~~~~~~~~

 ところで、今回のアーティストによる課外授業、単なる思いつきだけのイベントではなさそうだ。
 話の始めは作家からか大通高校関係者なのかはともかくとして、学校側が外部のエネルギーを学内に取り込みたいという姿勢の表れだろう。
 今は2年生が最高学年だ。今年から3年生も誕生し、普通の高校の形をなす。いや、「卒業までに3年間」という形を取っていないから、まだまだ骨組みも固まってはいないのだろう。それに、今年の新年度から、札幌市立の定時制・通信制の学校もこの高校に統合されるとのことだ。午前・午後・夜間の通学、通信制、商業科も加わり、生徒数も1000人単位の大規模化することになるという。 
 今の建物は壊されて、新築に完全移転するそうだ。跡地はグランドになるのだろう。先生のとってもあわただしい日々が続くのだろう。
 そんな学校が、非全日制というスタイルの長所を高めるために、外部の知を感性をエネルギーを欲しているのだろう。そこに「アート」が当然加わる。
 今回のイベントは先を見据えた手慣らしかもしれない。居室にグランドにと外の人が入り込むかもしれない。あるいは生徒や先生が外に出るかもしれない。再び黒田晃弘氏が登場するのか?見知らぬ不思議なユニークな人が登場するのか?どんなイベントを企画するのか?札幌近圏の人が活躍できたらと思う。お金という実入りは期待できないが、表現者も自分を震い立たせる場になればと思う。
 偶然にも知人のアーティストから今回の情報を得た。黒田さんとは意見交換の経験があった。高校美術サークルの顧問の先生も顔見知りだった。気楽なギャラリー巡りの延長気分で楽しむことができた。


1214) ②大通高校 「アーティスト黒田晃弘さんのラウンジ教室」 終了・2月23日(火)24日(水)26日(金)_f0126829_170530.jpg
     ↑:「札幌市立大通小学校 児童通用門」。

 旧大通小学校跡地が高校になったのか。

by sakaidoori | 2010-03-01 17:01 | 学校構内


<< ※ 栄通の案内板  3月(20...      1213) ①大通高校 「アー... >>