栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 03月 01日

1213) ①大通高校 「アーティスト黒田晃弘さんのラウンジ教室」 終了・2月23日(火)24日(水)26日(金)

※ アーティスト黒田さんのラウンジ教室 ※
    講師:黒田晃弘

   
 会場:市立札幌大通高校・1階ラウンジ
    中央区北2条西12丁目
    (東西に走る道路の北側。道路東側は植物園。)
    電話

 会期:2010年2月23日(火)24日(水)26日(金)
 時間:1回目 → 10:00~11:50 
     2回目 → 15:15~16:45 

ーーーーーーーーーーーーーーーー(2・23 26)

f0126829_10303787.jpg


f0126829_10314916.jpg


f0126829_10493623.jpg


 ひょうんなことから、似顔絵画家・黒田晃弘氏の出張授業を知った。
 場所は一昨年開講した非全日制・大通高校の1階ラウンジ。そこにたむろしている学生の自主参加だ。
 授業は二つ用意されている。
 一つは、学生にテキストの塗り絵を与えて描いてもらう。
 一つは、黒田さんが白板を前にして何やらお話をする。
f0126829_10594445.jpg 当然面白いのは学生の絵描きだ。側で眺めてはあれこれと彼女らと会話した。
 彼女達にしてみれば単なるリフレッシュであったろう。ノートにする落書きと違うのは、描いている様子を他人に見られること、何やかにやと質問されることだけだろう。始めはこわばった表情での丁寧語ではあったが、年の差なんて気にもせず受け応えていた。

f0126829_1143882.jpg


 僕は2度行った。
 1回目は初日の午後3時からのお絵かき時間。参加者は4名。互いに友達同士がテーブルに座り、相手にお構いなく自分ペースで描き始めていく。僕はその様子を眺めるだけなのだが面白い。4人の筆の持ち方も、タッチの違いがそのまま現れていて全く違う。鉛筆で輪郭を収め、色鉛筆、クレヨンとすすんでいく。気分の迷いはあるのだろうが、淀みなく筆は進む。こうして「絵描き体験」に参加しているのだから、普段から描くのは好きなのだろう。腕の運びやテンポ、見ていても気持ちが良い。


f0126829_1121658.jpg
f0126829_1125530.jpg


f0126829_1130935.jpg
f0126829_11263614.jpg
f0126829_11284721.jpg




 小さな塗り絵用紙が、一つ一つ物が入り込んでいく。薄い下地の線は消え、上から太い線が被さっていく。

 人物の輪郭にシャシャシャと色鉛筆が重なっていく。「何色重ねたの?」「○○、○○、○○・・・」10色あまりの色言葉が次から次に出てくる。頬をピンクにして応えてくれる。健康な顔だ。向かいの友達に感想を聞いたら、「普段はもっと大胆なのに~・・・、どうしたの?」。壁に落書きをするスプレータッチを得意としている学生らしい。今日は、小さな世界に思いをギュッと詰め込みたかったのだろう。
 一人はリボンの好きな学生だ。本人も赤い大きなリボンネクタイを締めている。飴玉をしゃぶりながらの夢見心地の絵だ。細かく描いた髪型の線は見えなくなってしまった。何事においても目立つのは濃く太い世界。その影で遊んだ細い世界は描き手だけのものなの。太い世界の支えだ。

f0126829_11332317.jpg
f0126829_11354632.jpg



f0126829_11484996.jpg
f0126829_114914100.jpg


f0126829_11495315.jpg


 本日の圧巻は上の絵だ。
 「鏡に写る夢見る少女」、ちょっとボーイッシュでオシャレな女の子を描きすすめていた。頭の中には物語が進行している。説明を求めたら、頬を染めてはにかみながら応えてくれる。そのたどたどしい言葉とは裏腹に、線に悩みはない。
 突然、背景を消し始めた。紙を動かすこともなく、「SAPPORO ODORI HIGH・・・」と描き始めた。チアガール風のポスターになった。大通高校を讃え始めたのだ。驚いたね~、このサービス精神、母校への愛情、学校に通う仲間達へのエールでもある。しかも、アルファベットをデザインとして頭に描けているのだ。等分線を引く出もなく、紙を動かす出もなく、斜めや反対になって文字を書いている。「栄通ペーパー」でも発行したら、彼女にイラストを頼みたくなった。もちろん謝礼はチョコレートで・・・。


f0126829_1219645.jpg

 さて、良い意味で困った学生がいた。テキストをヌリ絵感覚で描くことができない人だ。「絵」にしなければ気が済まないのだ。
 薄く丁寧に鉛筆で下絵を描く。そこまでは迷いがあっても描き直しができるから、筆先は軽やかだ。色、それもクレヨンが入り始めたら手が止まった。消されないから手が震えるのだ。結局、この日では描き終えない。また来る事になった。もー、やる気満々だ。見る方としては、「そんなに頑張るなよー」、「満足いくまでこだわったらいいのだ」という気持ちが混じり合う。
 画題はヨーロッパ中世の宮殿、そこに住むお姫様だ。さて、どんな結末と相成るか?気になるから、最終日にも見に行くことにした。

f0126829_1224951.jpg


 1日目の参加者の作品。未完成のお二人を加えて8名の参加。
 午前の部も1時間ぐらいは描いていたとのことだ。



f0126829_12322034.jpg


 (余りにも長くなりすぎました。不本意ながら②に続く。)

by sakaidoori | 2010-03-01 16:44 | 学校構内 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/12977482
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 1214) ②大通高校 「アー...      1212) 岩見沢(マネジメン... >>