栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 02月 13日

1195) アイボリー 「札幌学院大学・写真部 卒業記念写真展2010(3名)」 2月10日(火)~2月14日(日)

○ 札幌学院大学・総合芸術研究会写真部 卒業記念写真展2010
      ※倉内亮 磯田千尋 蜂谷知広
    
 会場:ほくせんギャラリー ivory(アイボリー)
    中央区南2条西2丁目 
      NC・HOKUSENブロックビル4階
    (北西角地、北&西に入り口あり)

 会期:2010年2月10日(火)~2月14日(日)
 時間:11:00~19:00
     (初日は、15:00~。最終日は、~16:30まで。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー(2・13)

f0126829_23102736.jpg


 広い会場だ。確かにもっと多く、という思いはある。が、しっかり学生達の現況を張り付けていた。短所は多いだろう、当然だ。会場で話した学生を中心に報告します。

○ 倉内亮の場合

f0126829_23114392.jpg


f0126829_2312628.jpg


 僕は学生グループ展で彼の作品は知っていた。
 他の学生とは違って、しっかり現像技術をつかもう、今の心境を率直に表明しようとする真摯な態度が好ましかった。好ましいのだが、作風は夜の誰もいない公園だったりして、あまりに自分に閉じこもり気味で、かつ、それに甘えているようで、「もうそろそろ何とかならんのか」という気持ちだった。

 今展、彼はいろいろ出しているのだが、一つのシリーズは旧作だ。それが、上に載せた作品群だ。
 単純に言えば、夜中に放浪する、自分自身の投影であり、それに浸る甘えた心情だ。人恋しいのだが、人は撮らないという態度だ。そのことを責めない。ここから出発することは悪くはない。ここに長く留まることはよろしくないと思う。

f0126829_23214930.jpg


f0126829_23221495.jpg

f0126829_23223038.jpg

f0126829_23224585.jpg

f0126829_2323788.jpg


 今回の新作だ。ようやく変化した。しかも、ネオン街の「人」を撮り始めた。
 作品そのものは人を撮れた喜びで、腰が退けているのは否めない。バライタ印画紙や、現像の仕上げ具合の努力はたいしたものだが、「人」を撮るのに撮影者の心が退いているのが最大の欠点だろう。ベンチに腰掛けた女性を撮る視点は男の情けないロマンチシズムの表れで、ちょっと恥ずかしいところだが、やっぱり男はここから出発するのだから良しとしよう。今後は、意力を込めてもっともっと迫って撮る、あるいは余裕を持って一歩離れて撮るのだろう。倉内亮と被写体との対話が始まった。


○ 磯田千尋の場合

f0126829_23425751.jpg


f0126829_23433121.jpg


f0126829_23435541.jpg
f0126829_23441330.jpg


f0126829_23443772.jpg
f0126829_234529.jpg



 彼女は白黒やカラー、オーソドックスに動物を枠に収めて撮ったりと、ファンサービスを込めていろんなバージョンを披露していた。だが、面白いのは上に紹介したカラーの接写シリーズだ。
 自室にミニ・スタジオを作って、いろんなアイテムでそこを飾っての撮影とのことだ。今展の全作品はそこから生まれたのだろう。だが、建前と本音で撮ったのでは、見る人に与える印象は全然違う。本音中の本音が上の作品群だ。
 アイテムを並べる。カメラで自分の作った世界を覗く。ぐっと、接写で入り込む。そこに自分を発見するのかもしれない。そして、色付いた姿でこちらの世界にウインクする。カメラという眺める手段から入りはするが、決して眺める人ではないのでしょう。女の本姓というのか、色づき着飾り、チラリズムで廻りに対話しているのです。セクシーを自覚してはいないが、甘いピンク心がほの見えて、実に愉快だ。

 卒業後も、もっともっと作る世界を研いて欲しい。積極的に見せる機会を作って、ご自分の美学を邁進して欲しいものです。

by sakaidoori | 2010-02-13 22:52 | 北専・アイボリー


<< 1196) CAI02 「①上...      1194) ①セントラル 「第... >>