栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 09月 07日

1092) ②市民ギャラリー 「第54回  新道展 2009」 終了・8月26(水)~9月6日(日)

○ 第54回 
    新道展  2009


 会場:札幌市民ギャラリー・全階
     中央区南2条東6丁目
     (北西角地)
     電話(011)271-5471

 会期:2009年8月26(水)~9月6日(日)
 料金:有料
 時間:10:00~17:30
    (最終日は、~14:30まで。)

 主催:新北海道美術協会

ーーーーーーーーーーーーーー(9・1)

 (①の続き。)

1092) ②市民ギャラリー 「第54回  新道展 2009」 終了・8月26(水)~9月6日(日)_f0126829_1026653.jpg



1092) ②市民ギャラリー 「第54回  新道展 2009」 終了・8月26(水)~9月6日(日)_f0126829_1027148.jpg
     ↑:会員・亀井由利、「生命の樹」・F100 アクリル。

 作家は黒を背景にして水しぶきを纏(まと)う裸婦を画く。今回も様式は同じだが、裸婦にみえない。一見、暗闇の水面に写る風景に見えるが、何を画いているのかは分かりにくい。分かりにくいが、白が黒から浮かぶボリューム感が良い。暗い絵だが華がある。
 美しき女性、哀しき女性を描きたい人だと思う。それ以上に生命力を感じる。


1092) ②市民ギャラリー 「第54回  新道展 2009」 終了・8月26(水)~9月6日(日)_f0126829_120628.jpg
     ↑:会員・佐藤萬寿夫、「風の路」・P120 油彩。

 脳溢血で相当にお体を不自由にされた方だ。リハビリ途上だと思う。今まで使っていた右手が自由自在でないはずだ。だのに、この絵は・・・。
 以前は四季折々の自然を賛歌して綺麗に丁寧に画いていた。再起なってのこの大作、自然を謳いあげる以上のものだ。世間を圧倒する風が画家の体内を走っている。
 体が不自由ということは画家の精神を萎えさせないのだ。むしろ、過去の実績から開放されて、新たな「目」を「感性」を確保されたようだ。


1092) ②市民ギャラリー 「第54回  新道展 2009」 終了・8月26(水)~9月6日(日)_f0126829_1115233.jpg




1092) ②市民ギャラリー 「第54回  新道展 2009」 終了・8月26(水)~9月6日(日)_f0126829_1132168.jpg
     ↑:(遺作) 会員・渡辺恵子、「春夏秋冬ふわふわ」・F50 油彩。

 渡辺恵子さんが亡くなられた。突っ張っていて愛すべき女性たちが、もう見れなくなる。他人を関知せず、我が道を行くという無手勝流の自由さがある。去年58歳。
 合掌。


1092) ②市民ギャラリー 「第54回  新道展 2009」 終了・8月26(水)~9月6日(日)_f0126829_11111159.jpg
     ↑:会員・高橋芳子、「無意識」・S100 油彩。

 絵とは難しいものだ。充分に上手いし、表現力もある作家だ。だが、見る方は更なる絵を期待してしまう。
 絵に画家なりの型があるのは当然だろう。だが、その型だけには収まりきれないものが画業の継続の中で生まれてくると思う。それが時に絵に微妙な破綻なりアンバランスを生んだりする。アンバランスの影すら避ける画風のようだ。
 作家は形式美の追求に余念がない。それと画質感も。
 大きさは正方形、上下の鏡面構造、闇夜の背景に浮かぶもう一つの女性像。
 具象と型から入っていく作家だろう。


1092) ②市民ギャラリー 「第54回  新道展 2009」 終了・8月26(水)~9月6日(日)_f0126829_11283185.jpg
     ↑:会員・細木博子、「時の流れの中で」・F120 油彩。

1092) ②市民ギャラリー 「第54回  新道展 2009」 終了・8月26(水)~9月6日(日)_f0126829_11345991.jpg 何にも無い中で樹のバランスが好きだ。樹の葉っぱ部分は何やらゴチャゴチャ画かれている。木片のような積み木のような三角や四角だ。ゴチャゴチャだが人の心なり時の負の部分を蓄積させたものではない。過ぎ去りし日々をいとおしんでいるようだ。樹のシルエットのように躓(つまず)きそうで、躓かなさそうで・・・。
 右の部分図の鳥はヤマガラ?




1092) ②市民ギャラリー 「第54回  新道展 2009」 終了・8月26(水)~9月6日(日)_f0126829_1140111.jpg
     ↑:会員・林教司、「News Paper」・180×540cm インスタレーション。
 
1092) ②市民ギャラリー 「第54回  新道展 2009」 終了・8月26(水)~9月6日(日)_f0126829_11475814.jpg メッセージ性の強い作品だ。今や希少価値と言ってもいいかもしれない。実力作家の面目躍如たるものがある。
 もっとも、この縛りや集積や拡散は、作家自身のドロドロした心の反映だけかもしれない。だが、見るものは反社会性や今の社会の気分の象徴とも捉えるだろう。どんな見方をしてもいいのだ。刺激的な作品とは作家の意図を離れるものだ。
 僕は素材の安っぽさ古さと、作家の強い情念・エネルギーに惹かれる。



 今回は会員中心に載せました。次回は一般中心にということで、③に続く
 
 
 

by sakaidoori | 2009-09-07 12:03 | 市民ギャラリー


<< 1093)  槌本紘子のストッ...      1091) 近代美術館 「北海... >>