栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 09月 07日

1093)  槌本紘子のストックホルム記  ⑫-2

 (⑫のインタビューの記事の続きです。)

 最後に最近の私事を少し。


f0126829_20141891.jpg

f0126829_20143463.jpg
     ↑:新作「wear-able」。 写真:Magnus Johnson(マグナス ヨンソン

 先日、ストックホルムでのグループ展を終えました。
 前回、ちらりとお話しましたが、今回の作品は自分の 中では新しい試みでした。自分の作った作品自体も、 いわゆる”テキスタイル”ではなくて、他の素材にも 積極的に挑戦してみました。

 また、パフォーマンス・アーティストのLotta Melin (ロッタ・メリン)、オー ディオアーティストの大倉尚志さん、ビデオ・アーティ ストのMartin Söderblom(マーティン・ソーデルブルー ム)、フォトグラファーのMagnus Johnson(マグナス・ヨン ソン)とコラボレートし、ドキュメンタリー映像/写 真の制作も行いました。

 このプロジェクトを通して、 自分のフィルター以外のものを通して、作品が出来上 がっていくという、新しい経験をすることが出来まし た。この感覚はやみつきになりそうです。展示でも多 くの方々から、作品に対するメッセージもいただき、 今後に向けてのモチベーションにも繋がっていきそうです。


ーーーーーーーーーーーーーー

 (編集者から)

 栄通記に載せるには、格調高く怪しくも高貴な香が漂う写真ですね。

 モデルの女性がロッタ・メリン嬢ですか?
 パフォーマンス、テキスタイル、写真、映像、音楽と留学1年目で随分と交際が拡がっているのですね。

 槌本作品、古代ローマの闘士を演劇用にアレンジさせて登場させたような意匠ですね。奇想天外な発想で、いろんなことにチャレンジしているみたい。
 問題がなければ、作品写真の投稿を待っています。じっくりと沢山みたいですね。


 次はインタビューの続編です、待っています。「顔」もよろしく。

by sakaidoori | 2009-09-07 20:32 | 槌本紘子ストックホルムキ記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/11865763
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 1094) ①開拓記念館 「第...      1092) ②市民ギャラリー ... >>