栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 08月 04日

1054) さいとう 「久守浩司・夕子 二人展」 8月4日(火)~8月9日(日)

○ 久守浩司・夕子 二人展

 会場:さいとうギャラリー
    中央区南1条西3丁目1
      ラ・ガレリア5階
     (北東角地。
      1階が日産のショールーム。)
     電話(011)222-3698

 会期:2009年8月4日(火)~8月9日(日)
 時間:10:30~18:30
     (最終日は、~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーー(8・4)

 久守さんご夫婦の二人展です。ご主人の久守浩司さんは「久守絵画教室」を主宰されていて、今展の作品はスペイン旅行を題材にしたスケッチです。

f0126829_22182056.jpg


 実は、奥さんの久守夕子さんとばかりお話をして、ご主人の作品を撮り忘れてしまいました。スケッチをされているご主人の後姿のスナップ写真を作品に添えたりと、微笑ましさが作品の旅行気分を盛り上げていました。


 さて、奥さんの久守夕子さんです。焼き物です。
 昨年、アンジュでのグループ展で見たことはあるのですが、会場の狭さなどから充分に自己表現できなかった感じでした。今回は二人展ですが、完璧に会場を2分して、個展ムードです。
 彼女は3年ほど前にモザイク・タイルのワークショップの体験があるようですが、本格的に作陶を始めたのはこの2年ほどのようです。師は僕の好きな内海眞治さん、あの面白おかしく、不気味さを味の素にしたような作風の人です。
 当然、師の影響は随所に垣間見る事ができますが、物語ムンムンの久守夕子風は、これから増す増す自立しようとしていて、いい時期に作品をまとまって見れたと思う。

f0126829_22332736.jpg


f0126829_22353612.jpg


 今展の主役は中央に配された器群でしょう。コーヒー茶碗やどんぶり、小皿をスケッチ帳のようにして絵を画いている。思いつくがままに画いた、と言った感じでの軽いノリです。色は全体がうす黄色で、いろんな物語が詰まっている。大人のメルヘンです。てらい無く、サーッと画かれた勢いや自由さが良い。

f0126829_22444794.jpg


 上の写真、下の方の緑色の斑点のある小皿が不思議に印象に残った。なぜか田園風景を思った。淡い土臭さのある緑草。

f0126829_22513460.jpgf0126829_22531246.jpg











f0126829_22543014.jpg



f0126829_22563025.jpg


f0126829_22584761.jpg
f0126829_2303358.jpg



 今回は器中心に見た。陶板にしろオブジェにしろ、これからもっともっと精力的に制作される方だと判断した。内海眞治という型を無視して自由にやってもらいたい。

by sakaidoori | 2009-08-04 23:13 | さいとう | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/11670282
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by JUNJUN at 2009-08-05 19:24 x
栄通様
御無沙汰しています。
久守夫妻展・・
我が師夫妻です。
今回案内できず・にいましたが、
流石栄通さん
有り難うございます!
奥様の夕子さん素敵ですよね。
最近めきめき腕を上げられてます。
忙しく7~8月絵の教室お休みしてましたので、
私は今日5日に行って来ました。
久守先生は今回淡彩だけにしたそうです。
2人展は雰囲気も大事ですからね。
Commented by sakaidoori at 2009-08-05 21:31
>JUNJUN さんへ

 ご無沙汰しています。
 たまたま立ち寄ったのですが、見れてよかったです。
 あんなに沢山の器を自分の世界に仕上げていて、感心しました。
 やはり、こうしてまとまって見れるのは楽しいものです。今後、ますますはじけそうな感じですね。

 コメント、どうもです。また何かありましたら立ち寄って下さい。


<< 1055) CAI02 「RE...      1053) 庭の花  「ヒマワリ」 >>