栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 07月 30日

1048) ①時計台 「自由美術北海道グループ・展(坂本公雄氏のこと)」 7月27日(月)~8月1日(土)

○ 自由美術北海道グループ・展

 会場:札幌時計台ギャラリー・2階A B室
    中央区北1西3・札幌時計台文化会館
    (東西に走る中通りの北側のビル)
    電話(011)241ー1831

 会期:2009年7月27日(月)~8月1日(土)
 時間:10:00~18:00 
     (最終日は、~17:00まで)

 【参加作家】
 大崎和男 北島裕子 工藤牧子 黒田孝 佐々木俊二 佐藤榮美子 佐藤泰子 澤田弘子 杉吉篤 高橋靖子 永井瑛子 永野曜一 比志恵司 深谷栄樹 牧輝子 宮崎亨 森山誠 渡辺励子

ーーーーーーーーーーーーー(7・27)

1048) ①時計台 「自由美術北海道グループ・展(坂本公雄氏のこと)」 7月27日(月)~8月1日(土)_f0126829_11135262.jpg

1048) ①時計台 「自由美術北海道グループ・展(坂本公雄氏のこと)」 7月27日(月)~8月1日(土)_f0126829_1117079.jpg



 坂本公雄さんにお会いした。別人かと思うほどスリムになられていた。実に元気そうだった。
 会場出入口でお見かけした時は、サングラスもかけていたし、ご本人とは気付かなかった。森山誠さんが挨拶をされていて、ようやく分かったという情けない話です。積もる話は山ほどあるようなないような、縁浅からぬ方なのです。
 とにかく久しぶりに会えたことが嬉しくて、近々の体調のこと、ホーム・ページのこと、美術のことを立ち話、後は画家・森山誠さんとの語らいの様子を遠巻きに拝見させていただいた。

 坂本公雄さんは、以前「ギャラリーどらーる」を主宰されていた方です。場所は近代美術館を真北に3丁ほど歩いた所にある「ホテル どらーる」のホール内です。企業が全面的に支援していて、氏はそこの社長をされていました。退社と同時に閉廊です。美術愛好家としては残念というか寂しい断絶を目の当たりにしたのですが、むしろ10年近くも運営された事のほうが驚きと言っていいでしょう。
 月単位で主に道内の公募展系の作家を紹介していて、評論家が適切な紹介分を書かれていました。何度も読んで勉強したものです。
 月初めにオープニング・パーティーがあって、恥ずかしながら何回か出席した事があります。
 作品やパーティーの様子をH.P.で紹介していて、意見交換の場として「掲示板」もあります。そこに大いなる勘違いをして美術感想文を投稿したのが「栄通記」の始まりだったのです。H.P.の方は現在でも継続しているのですが、今は休止状態です。のんびりと再開されるの待っています。

 坂本さんは退職前後から、随分と体調を崩して居られた。そして、久しぶりにお会いする事ができた。あれだけ深く美術に関わった方です。これからも元気な美術愛好家として存在していただきたい。

1048) ①時計台 「自由美術北海道グループ・展(坂本公雄氏のこと)」 7月27日(月)~8月1日(土)_f0126829_12145335.jpg


  ~~~~~~~~~~~~~

 展覧会の様子を伝える一齣として、坂本さんのことを書くつもりが長くなってしまいました。項を改めて紹介します。

by sakaidoori | 2009-07-30 12:20 |    (時計台)


<< 1049) たぴお 「キャバレ...      1047) ト・オン・カフエ ... >>