栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 07月 20日

1041) 市民ギャラリー 「第17回 国際高校生選抜書展  <北海道展>」 7月8日(水)~7月12日(日)

○ 第17回 国際高校生選抜書展
         <北海道展>


 会場:札幌市民ギャラリー
     中央区南2条東6丁目
     (北西角地)
     電話(011)271-5471

 会期:2009年7月8日(水)~7月12日(日)
 時間:10:00~17:00
    (最終日は、~16:00まで。)

 主催:(財)毎日書道会 毎日新聞社

ーーーーーーーーーーーーー(7・11)

f0126829_23555297.jpg


 教育大学の「7月展」を見に行った。(掲載予定。)幸い、この書展もついでに見ることができて幸いした。昨年も見たが、力強く立派な書体だ。

 毎日新聞が後押しする、全国の高校生を対象にした公募展だ。
 「文部科学大臣賞」、「外務大臣賞」、「大賞」は全国展で授賞された作品が並んでいた。残念ながら、道内高校生の作品は無かった。台湾、ブラジルから、1点ずつ大賞作品があった。
 「準大賞」、「秀作賞」、「入選賞」の作品は道内の学生だけが展示されていた。留学生の外人作品が2点あった。

f0126829_23495988.jpg
f0126829_23521739.jpg
f0126829_2354224.jpg



 以上は受賞作を集めた一室の全作品。この中から何点か載せます。

f0126829_051050.jpg
f0126829_073522.jpg
  ↑:大賞福岡県 2年・掛水弥咲。

 少し字に癖が目立つが、たいしたものだ。
 集中力、持続力と圧巻だ。書の何たるかは分からないが、見る者に迫力を与えるのも書の意味の一つだろう。
 もちろん、書き手にも細かな集中力などの鍛錬になるのだろう。





f0126829_0233938.jpg
     ↑:左、文部科学大臣賞 徳島県 3年・今田ひとみ。
     ↑:中、外務大臣賞 中国 3年・周其泰。
     ↑:右、文部科学大臣賞 福岡県 水取由梨香。

 最高賞になるだけあって、どの字も素晴らしい。
 左の書体は個人的には好みではないが、この字は線の細さが神経質でないのが良い。骨格だけを際立たせて、遊びと安定感がある。高床式の倉庫に租税の穀物が満タンに詰まっているような大きさがある。

 中、中国人の書。どこか感覚が違う感じ。ドスの効いた前衛書のようだ。「竹」だろうか?多分違うだろう。特に右の棒が面白い。川から身を乗り出した子供のようだ。だから真ん中の棒は親にあたるだろう。

 右、一文字も良いが、小さく書き並べた文字群とのバランスが素敵だ。健康的で野原を駆け抜ける清々しさを感じる。


 (続く。明日の夜に、数点追加します。)

by sakaidoori | 2009-07-20 23:56 | 市民ギャラリー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/11565809
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 1042) 紅桜公園 「澁谷俊...      1040) たぴお 「中村友三... >>