栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 07月 19日

1040) たぴお 「中村友三・作品展」 終了・7月6日(月)~7月11日(土)

○ 中村友三・作品展 

 会場:ギャラリーたぴお
    中央区北2条西2丁目・道特会館1F
    (中通りの西側の郵便局のあるビル。)
    電話・林(090)7050-3753

 会期:2009年7月6日(月)~7月11日(土)
 時間:11:00~19:00

※ オープニング・パーティー ⇒ 初日、18:00~
※ 会期中はずっと作家は在廊です。

ーーーーーーーーーーーーー(7・11)

f0126829_23242033.jpg

f0126829_2324564.jpg

f0126829_23255566.jpg


 以上が会場風景。(上の写真は作家ご自身のH.P.より拝借。)
 上から右回りで見るわけです。今回の個展は古い作品も展示していて、柱としての作家の流れを垣間見ることができます。
 


f0126829_23194634.jpgf0126829_23204789.jpg














     ↑:左から、「立つ」・1977年10月、「空洞」・1977年2月。
 (この作品の左に、「Tomb(墓)」・2001年8月があります。)

f0126829_2259624.jpg
 ↑:② 右から、「Noise(雑音)」・2005年6月、「夢の中の夜の街」2007年3月、「王宮」・2007年8月。

f0126829_2331455.jpg
f0126829_0221668.jpg
     ↑:「Blue Operation(青い演算)」・2009年5月。
         

 (会場全体を左から写したものです。作品も左から右へと、新しくなっていきます。
 小品は全て支持体は板。板にノミ彫刻刀で線刻を施し、その上に色を塗っては拭き取り、再び色を塗っては拭き取るという作業行程。)

 古い作品の黒は作家自身のようだ。

 出発は絵画の中で黒として自己が屹立している。色は背景に押しやられている。
 次に、その太くて黒い自我が板の線刻の切れ筋の中に拡散し、埋没することによって画面を支配しようとしている。
 そして、色がロマンとして浮上し、色自体が小刻みに固まって一つ一つが角型細胞のように画面を構築し始めた。
 黒と線刻に滲み出た男の自己主張と、重なる色の世界としての男のロマンティシズム、非常に男臭い作品の流れだ。同時に、線刻は絵画を構築するバック・ボーンになり、色の重なりや配置は見えない作家の意思に支配された道具と云う側面もうかがわれる。

 もし自己主張とロマンのせめぎ合いとして全作を見るならば、前回の個展の作品群(②の3点)が程よいバランスを保っていたと思う。今回の作品群はかなり自己を押さえて、ロマンチックさが勝っているようだ。やさしくふんわりした色使いが、画面全体を被い、線刻の隙間隙間に浸透して自我の強さを和らげている。
 それは作家のロマンティック性ともとれるが、色自体が作家の強い個性から自由になり始めたともいえる。

 絵の模様は集積回路をイメージしたものだ。
 無駄の無い物は美しいという。無駄の無さには構築美があるからだろう。それは往々にして直線斜線と線が中心になる。線の構築美は画家・中村友三の先天的特質かもしれない。札幌という風土が生んだのかもしれない。碁盤の目状の格子群、雪の上に線で落書き遊びで時を過ごした少年かもしれない。
 その直線美は、デザインとは似て非なるものになって人間臭い。そこに色の構築美を重ね合わせること。セザンヌとクレーから多くのインスピレーションを得た画家だと思う。

 現代のミクロ美である集積回路、同時にマクロ美としての風景とも地図にもなる。板という日本的素材、それに札幌という大らかな非日本的風土、倦まずたゆまず線・色・面の美の構築を目指しているように思える。なぜだか、線の優しさ、板の優しさ、色の温かみが今展では強まっていた。


f0126829_0585960.jpg
f0126829_115864.jpg
     ↑:左から、「pink Trouble(ピンクなトラブル)」・2009年3月、「ice Ic」2008年11月。

by sakaidoori | 2009-07-19 23:55 |    (たぴお) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/11558024
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 中村友三 at 2009-07-20 13:40 x
中村です。
ノミではなくて彫刻刀です。
雪の上に落書きしたことはほとんどありません。玉転がしや雪穴
(かまくら)を作って遊んでおりました。
デザインを否定したことは一度もありません。
「無駄の無いものは美しい」といったことはありません。無駄のある物も美しいものがあると思います。
格子にしたのは画面をつぶすのに一番簡単だからで格子に感情移入したことはありません。直線は好きです。
青はblue,pinkuはpinkです。
たぴおは左まわりに古い物から設置しました。

Commented by sakaidoori at 2009-07-20 15:25
>中村さんへ

・ 「ノミ」、すいませんでした。訂正します。

・ 「落書き」、これは私の勝手な推測ですから。
    南国育ちの人間が抱く雪のイメージはそんなものです。書いた後に、北国の人は雪に落書きなどをして遊ぶのだろうか?と考え込んでしまいました。

・ 「デザインを否定したことは一度もありません」、そうだと思います。
   デザインに対する親近感と、デザインに収まりきれない感覚の持ち主だと理解ています。

・ 「『無駄の無いものは美しい』といったことはありません」。これは書き方が悪かったです。語尾の「・・・いう」は一般的な意見という意味です。機能美というのですか。僕も無駄な物に美しいものはたくさんあると思います。

・誤字、訂正します。重ねて失礼しました。

 いろいろと有り難うございました。


<< 1041) 市民ギャラリー 「...      1039) 門馬 「杉田光江・... >>