栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 06月 24日

1017) 槌本紘子のストックホルム記  ⑩

 本当に日がおちません。北緯59度のストックホルムからお伝えします。
1017) 槌本紘子のストックホルム記  ⑩  _f0126829_10173571.jpg
     (↑:① ヘルシンランド。)

 一年で一番日が長い、夏至の日。
 最近、本当に日が長く、一瞬暗くなったかと思えば、たちまち明るくなり、なかなか寝付けない日々が続いているのですが、この夏至の日にストックホルムより北部、ヘルシンランドに行ってきました。ヘルシンランドと言えば、夏至祭で有名なところ。色んなところで夏至を祝うイベントが行われていました。


1017) 槌本紘子のストックホルム記  ⑩  _f0126829_10191242.jpg
     (↑:イェニー。)

 さて、インタビュー後編です。

 食にはこだわりがあり、またいわゆるスローライフを実践しているイラストレーター、Jenny (イェニー)。
 まずは少し日本の印象を聞いてみることに。
 (文中の3点の写真は「Jennyが作った食べ物のミニスカルプチャー」。)


1017) 槌本紘子のストックホルム記  ⑩  _f0126829_1022075.jpg 槌本今ストックホルムでは日本食(主にSUSHI) が流行っていますが、日本食は好きですか?

 イェニー:勿論!でも、正直言って、お寿司とお味噌汁以外、本当の日本食っていうものはよく知らないの。お寿司とお味噌汁は大好きよ。だからもっと日本食について知りたいわ!私の日本食のイメージは、色鮮やかで、さっぱりした味。あと缶とか瓶とかのデザインが素敵!


 槌本ずばり、日本のイメージとは?

 イェニー:うーん、難しい質問ね。だって一度も行ったことがないんだもの。でも私が見たことがある日本の写真からイメージすると、桜、漫画、小さくて可愛いステッカー、おもちゃ、ファッション、礼儀正しくて、朝から夜まで一生懸命働く人たち....!!!!


 槌本:日本のカルチャーはスウェーデンでも人気がありますよね。私の周りでも片言の日本語を話せる人、多いですし。”カワイイ”とか!日本でも北欧ブームが続いているのですが、スウェーデンについて、少しお話してもらえますか?

 イェニー:スウェーデンは安全よ。時々、安全すぎて、ちょっと縛られすぎているところもあるかも。冬に降る雪は全然大したことないけど、暗いのはやっぱりうんざりしちゃう。でもスウェーデンは四季ごとに全然景色が違うから、それが”スウェーデン”って感じ。あとは、他の国の大きな都市に比べて、スウェーデンは凄く清潔だし、きれいよ。


1017) 槌本紘子のストックホルム記  ⑩  _f0126829_1023080.jpg 槌本:縛られすぎ...そうですね。ちゃんとルールに従って生活している感じはします。お酒も特定の酒屋さんで平日のみしか買えませんし...ところで、スウェーデンでも日本の漫画やアニメを目にすることが多いのですが、スウェーデン国内のイラストレーションについてはどう思いますか?

 イェニー:えー...面白い質問だけど、難しいわね。私が教えてほしいくらいだわ!日本のイラストレーターと、何か共通点みたいなものはあるのかしら..?あ、でも面白いわ、あなた、私に「何で写真じゃなくてイラストを選んだか」、って聞かないわよね!スウェーデンの雑誌のインタビューでは絶対聞かれるわよ。でもそれは、日本では、もっとイラストとか漫画とかが身近な存在だから、何の疑問も抱かないのが普通なのよね、きっと。


1017) 槌本紘子のストックホルム記  ⑩  _f0126829_10234374.jpg 槌本:うーん。そんな質問は思いつかなかったですね。確かに日本では、広告や商品にイラストが付いているのは当たり前ですし、知らないうちに私たちの生活の中にはイラストがあふれているのかもしれません...そんな日本でもここ最近、スローなライフスタイルが注目されています。今スウェーデン北部の地方に住んでいますよね?何故そこに住むことを選んだのですか?

 イェニー:今私の住んでいる家は、私の家族の別荘だったの。小さい頃から、毎夏そこで過ごしていて、田舎の生活に憧れも抱いていたわ。勉強のためにVisby (ヴィスビー:スウェーデンの島ゴットランドの町)で5年間、静かに平和に過ごした後、ストックホルムに帰ったんだけど、もう、なんていうの、ショックだったわ。私の近所の人がうるさくてうるさくて!それで、眠れない日が続いて、ちょっとの間だけサマーハウスで過ごそう、と思って、ここに来たんだけど、そのままここでの暮らしを気に入っちゃったの。バケツに水を汲んで手を洗って、冬にはたき火をしたり、春には自分で野菜を育てたり、もう、全てが冒険みたい!何か一昔前の暮らしに戻ったみたいで...最高よ!もう都会なんかでは暮らせないわね。


 槌本:いいですねぇ!機会があれば、是非おじゃましたいです!!自然に囲まれてイラストのお仕事なんて、素敵すぎです。
 イェニー:あのね、今、このブログのためにイラストを書いてるんだけど... 簡単なスウェーデン料理のレシピを紹介したくって!これだったら日本でも簡単に出来ると思うんだけど。もうすぐで終わるから、もう少し待ってて!


 槌本:!!!!!


 と、いうことで、私たちのためにオリジナルのイラストを書いてくれているイェニー。是非、そのスウェーデン料理に、私も挑戦してみたいです。


 彼女のブログもよくチェックしているのですが、彼女独自の世界観を垣間みることが出来ます。(そしてお腹もすいてきます...) レシピは次回紹介予定です。お楽しみに!

http://www.hejajenny.se
http://hejajenny.blogspot.com

1017) 槌本紘子のストックホルム記  ⑩  _f0126829_10145360.jpg

1017) 槌本紘子のストックホルム記  ⑩  _f0126829_10151679.jpg
     (↑: Jennyが住んでいる北部の風景。)


     ~~~~~~~~~~~~~~~~

 またまた私の近況報告ですが、只今8月にストックホルムで行われる展示に向けて制作中。今回は少し新しいことに挑戦していて、定番のフェルトの他に新聞紙、土、エアーパッキン、テグス、ホチキスなどを使って、纏えるものを作っています。次回、その作品をお見せ出来たらと思います!


 いよいよ夏休みです。スウェーデンでの初めての夏。思い切り堪能したいと思います。では、また次回も宜しくどうぞ!

ーーーーーーーーーーーーーーー

 (後ほど編集後記を書きます。)

 本当に日が長くなりました。
 明日(6月25日)の札幌の日の出は3時56分日の入りは19時18分です。そちらはもっと長いのでしょうね。もしよかったらそちらの時間を教えて下さい。概ねでいいですよ。
 ちなみに、月は上弦の細い三ヶ月です。

 イェニーのセルフ・ポートレイトを見た時に、写真も得意なんだろうとは思いました。多芸な女性なんですね。
 レシピ、待ってます。

 槌本さんの作品展ですね。遠慮せずに展示風景なり、写真をボンボン送って下さい。

 それでは次回もよろしく。

by sakaidoori | 2009-06-24 10:35 | 槌本紘子ストックホルムキ記


<< 1018) 室蘭美術館 「霞 ...      1016) 室蘭市民美術館 「... >>