栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 06月 19日

1013) たぴお 「LEBENS・愛・人生展」 6月15日(月)~6月20日(土)

○ LEBENS・愛・人生展  

 会場:ギャラリーたぴお
    中央区北2条西2丁目・道特会館1F
    (中通りの西側の郵便局のあるビル。)
    電話・林(090)7050-3753
 会期:2009年6月15日(月)~6月20日(土)
 時間:11:00~18:00

 ・オープニング・パーティー ⇒初日、18:00~

 【参加作家】
 斉藤保子 笹岡素子 名畑美由紀 林教司 藤川弘毅 YUKO

ーーーーーーーーーーーーー(6・18・木)

 (たぴお、テンポラリー、ミヤシタ、門馬、CAI、af、できることならここでの展覧会は全部記事にしたいと思っている。

 理由はいろいろある。
 写真撮影がお願いしやすい。とても助かっている。もっとも、気になる展覧会は承諾を得るようにしないといけないのだが、なかなかできていない。
 展覧会とは直接関係しなくても、オーナーの顔が感じれるのも書く意欲をそそられる。
 そこでの展覧会で美術鑑賞なり美術感想記を鍛えさせてもらった。それが最大の理由だと思う。

 そんな訳で、以上のギャラリーの展覧会は過去に翻って記事にする機会があるかもしれない。タイムリーな報告は諦めているので、古き美術展の記もそれなりに読んでくださると嬉しいです。
 逆に書くと言って、書けれないままになっている展覧会も実に多い。他意はありません。お許し下さい。)


1013) たぴお 「LEBENS・愛・人生展」 6月15日(月)~6月20日(土)_f0126829_10284562.jpg
     (↑:全作品がYURAYUKO。)
1013) たぴお 「LEBENS・愛・人生展」 6月15日(月)~6月20日(土)_f0126829_1031721.jpg



 編集しながら気付いたのだが、笹岡素子は不参加のようだ。そういうわけで、少し作品数が寂しかった。オーナー・林氏の営業力というかか、より以上の吸引力を今後に期待しよう。

 常連の林教司、名畑美由紀、藤川弘毅は表現という非日常的仕事を、己の日常として淡々とこなしている。今回はこうきたかとウインクをあげたくなる。

 YUK0は一人気を吐いている。贅沢に壁を使えたのは彼女にとっては良い事だが、ポップ調の作品だから他の作家作品とのせめぎ合いの方が更に良かっただろう。

 斉藤保子。作品を持ってこないとその場のイメージが分からないグループ展、恐ろしいものだ。結果的には寂しい出品数になった。こういうこともあるから、より大きい作品とか多目に作品を用意したらと思った。YURAと斉藤保子の2人展に常連3人が間をつなぐ、そういう場にもなれたと思う。


1013) たぴお 「LEBENS・愛・人生展」 6月15日(月)~6月20日(土)_f0126829_10393858.jpg


1013) たぴお 「LEBENS・愛・人生展」 6月15日(月)~6月20日(土)_f0126829_103565.jpg1013) たぴお 「LEBENS・愛・人生展」 6月15日(月)~6月20日(土)_f0126829_10371021.jpg









     ↑:YUKO

 雪ダルマ小僧でお馴染みのYUKO。そのポップなイメージに反して、地道な画業に努めている。こうして雪ダルマ以外にも画題を広げることは良い事だ。雪ダルマは彼女のライフ・ワークだから。
 楽しくお上品に円が遊んでいる。渋い色の中で。


1013) たぴお 「LEBENS・愛・人生展」 6月15日(月)~6月20日(土)_f0126829_115443.jpg
     ↑:藤川弘毅

 素材をそのまま使うのが藤川弘毅の特徴だ。吊るされた絵画、彼の肉筆だろうか?誰かの作品の方が全体の主張としのて興味が湧く。
 氏のオブジェは無題で押し通している。時にはタイトルを付けてみるのも良いのでは。今回などは良いチャンスと思った。例えば栄通風の臭い例だが、「吊るされた誰かの作品」とか、「量りを引っ張る誰かの作品」とか。


1013) たぴお 「LEBENS・愛・人生展」 6月15日(月)~6月20日(土)_f0126829_11144046.jpg1013) たぴお 「LEBENS・愛・人生展」 6月15日(月)~6月20日(土)_f0126829_1119368.jpg









     ↑:林教司。左から、「リラとおだまき」、「紫木蓮」。


1013) たぴお 「LEBENS・愛・人生展」 6月15日(月)~6月20日(土)_f0126829_1123899.jpg


1013) たぴお 「LEBENS・愛・人生展」 6月15日(月)~6月20日(土)_f0126829_11245727.jpg
     ↑:斉藤保子

 家族の温かみを思う。いろんなバージョンを50個ぐらい見たいものだ。


1013) たぴお 「LEBENS・愛・人生展」 6月15日(月)~6月20日(土)_f0126829_11295259.jpg
     ↑:名畑美由紀

 名畑美由紀、面白い女性作家だ。決して良い作品とは思はない。何かをするための準備とか、心のリフレッシュと思う。いろんなことに心が開いているのだ。
 こういうのを見ると、「栄通記」も思った事を明快に吐き出す訓練をもっとせねばと思う。

by sakaidoori | 2009-06-19 11:52 |    (たぴお)


<< 1014) CAI02 「竹田...      1012) 品品法邑 「奥村博... >>