栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 06月 11日

1003)  ②CAI02 「国松希根太・伴翼・藤沢レオ 『ある』」 終了・3月14日(土)~4月4日(土)

○ 国松希根太・伴翼・藤沢レオ
     「ある」

 会場:CAI02・raum1
    中央区大通西5丁目 昭和ビル・B2 
    (地下鉄大通駅1番出口。注意⇒駅の階段を下りてはいけません。昭和ビルの地下2階です。)
    電話(011)802-6438
 会期:2009年3月14日(土)~4月4日(土)
 休み:日曜・祝日(定休日)
 時間:13:00~23:00 

 主催:CAI現代芸術研究所

※オープニング・パーティー: 初日 18:30~
     (同日は隣室のraum2・3でも「富樫幹『触覚的存在/風景』」の個展の初日、同時刻からのオープニング・パーティーあり。)

※アート・トーク: 3月21日(土) 19・30~

ーーーーーーーーーーーーーーー(3・)

○ 伴翼の場合

1003)  ②CAI02 「国松希根太・伴翼・藤沢レオ 『ある』」 終了・3月14日(土)~4月4日(土)_f0126829_1813858.jpg


1003)  ②CAI02 「国松希根太・伴翼・藤沢レオ 『ある』」 終了・3月14日(土)~4月4日(土)_f0126829_1835738.jpg


1003)  ②CAI02 「国松希根太・伴翼・藤沢レオ 『ある』」 終了・3月14日(土)~4月4日(土)_f0126829_1855283.jpg1003)  ②CAI02 「国松希根太・伴翼・藤沢レオ 『ある』」 終了・3月14日(土)~4月4日(土)_f0126829_188447.jpg











1003)  ②CAI02 「国松希根太・伴翼・藤沢レオ 『ある』」 終了・3月14日(土)~4月4日(土)_f0126829_1891567.jpg1003)  ②CAI02 「国松希根太・伴翼・藤沢レオ 『ある』」 終了・3月14日(土)~4月4日(土)_f0126829_18111386.jpg









     ↑:「車列」。


 伴翼君は彫刻家だ。木でも石でも、とにかく具象一本の若き作家だ。

 物の見える姿を素直に愛する青年だ。だからどうしても具象彫刻にならざるを得ない。

 存在に対するアプローチに二つの道があると思う。
 一つは、「そのものは何か?」という本質論・認識論だ。
 一つは、「存在するものを全面的に受け止めよう!」という実存論だ。
 前者は議論が大好き、後者は愛することが大好きなのだ。議論して愛して最後は相手と抱きあうかもしれない、どちらが正しいというものではない。

 伴君は明らかに後者のタイプだ。
 彼の愛は対象への一方通行を好まない。そして、彼の愛は物そのものだけへの愛ではない。この時この場所この空間という、時空に包まれた全体への愛だ。だから存在する物全部の関係性がとても重要なのだ。その関係をどういうふうにしてつなぐか、ここが彼の楽しくも苦しい表現者のステータスだ。静かにおおらかにお洒落に伴・具象ワールドが展開される。そして彼の知と技の巧に感心して、思わず笑いが込み上げてくる。


 前置きが長くなってしまった。

 壁に並んでいる作品は「車列」、列車ではありません。タイヤの付いた車が列車のように並んで進行しているのです。会場の暗さと影がトリックを手伝っている。
 「な~んだ、普通の列車じゃないか。確かに上手だな」ここでそのまま踵を転じて他の作品に目を向けること無かれ!礼儀としてタイトルを見ると、「車列・・・、(アレッ)列車、れっしゃ、しゃれつ。レッシャ、シャレツ・・・」、よく見ると車だ。
 我が第一印象を恥じて、初めて伴・ワールドのドアを開けることになる。

 ここから先の楽しみは鑑賞者それぞれだ。優しく仕上がった作品に関心するのも良し、昔懐かしのおもちゃを思い出して回想に耽るのも良し、ネーミングにみせるささやかなトンチに知的な思いを走らせるのも良し、そういう人を伴君は闇の向こう側から見ているかもしれない。我が意を得たりとニコニコしているだろ。
 作品は品を保ち、作家は敷居の低い人だ。愛すべき若き芸術家だ。


1003)  ②CAI02 「国松希根太・伴翼・藤沢レオ 『ある』」 終了・3月14日(土)~4月4日(土)_f0126829_1921058.jpg

1003)  ②CAI02 「国松希根太・伴翼・藤沢レオ 『ある』」 終了・3月14日(土)~4月4日(土)_f0126829_1935936.jpg


1003)  ②CAI02 「国松希根太・伴翼・藤沢レオ 『ある』」 終了・3月14日(土)~4月4日(土)_f0126829_195546.jpg1003)  ②CAI02 「国松希根太・伴翼・藤沢レオ 『ある』」 終了・3月14日(土)~4月4日(土)_f0126829_1973651.jpg









     ↑:「one day」。

 コルク栓です。実物のコルクの何十倍だろう。
 テーブルとして実に良い。寝転がして座っても良い。ぼくは勝手に「バン・こけし」と呼んでいる。影が・・・。



 

by sakaidoori | 2009-06-11 19:43 | CAI02(昭和ビル)


<< 1004) af 「紙の世界・...      1002) たぴお 「BOX ... >>