栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 03月 23日

943) シカク 「中里麻沙子・個展 『温かい室(へや)』」 終了・3月20日(金)~3月22日(日)

○ 中里麻沙子・個展
     「温かい室(へや)」

 会場:ギャラリー・シカク
     中央区南11条西13丁目2-12・プラハ2+ディープサッポロ・2F 
     (東南角地の2階建て民家)
 会期:2009年3月20日(金)~3月22日(日)
 時間:11:00~21:00
     (最終日は、~18:00まで)

 【滞在制作期間】 :3月9日(月)~3月19日(木)

ーーーーーーーーーーーーーー(3・15、21)

○ 滞在製作中の作品。(一度目の訪問。3月15日。)

 二度訪問。最初は日にちを勘違いして、製作中に見に行った。

943) シカク 「中里麻沙子・個展 『温かい室(へや)』」 終了・3月20日(金)~3月22日(日) _f0126829_9514159.jpg

943) シカク 「中里麻沙子・個展 『温かい室(へや)』」 終了・3月20日(金)~3月22日(日) _f0126829_116268.jpg


943) シカク 「中里麻沙子・個展 『温かい室(へや)』」 終了・3月20日(金)~3月22日(日) _f0126829_955221.jpg943) シカク 「中里麻沙子・個展 『温かい室(へや)』」 終了・3月20日(金)~3月22日(日) _f0126829_955425.jpg











943) シカク 「中里麻沙子・個展 『温かい室(へや)』」 終了・3月20日(金)~3月22日(日) _f0126829_9581852.jpg


943) シカク 「中里麻沙子・個展 『温かい室(へや)』」 終了・3月20日(金)~3月22日(日) _f0126829_9595698.jpg


 薄い生地の支持体を壁に張り付け、養生紙が色のはみ出しを防いでいる。紙の茶色が絵を浮き出させてやけに綺麗だ。勢いで描く画家(今春、教育大学を卒業)だから適当に色が垂れていて、制作中という生々しさがある。

 4.5畳の部屋だ。白い部屋だから狭さが眼に迫る。シンナー臭が強い。さらに、換気の無い部屋にストーブの温かさがムンムンと立ちこめている。絵に打ち込む画家の気分も重なり「温かい部屋」である。

 絵は想像あるいは心象を現した木であり森だ。片腕のリズムで流れで勢いとその時の感覚で絵が成立しているようだ。1年半前に彼女の作品を先輩との2人展で見たのが初めてだが、基本的には今見る絵とは変化がない。同じ画題と雰囲気だ。「木の人、勢いの人」だ。あまり他人がきにならない頑固な人かもしれない。「何がしたい、かにがしたい」というよりも、自分の中から出てくるものを大事にしたいのだろう。だから、絵の勢いとは裏腹に実験性や意外性がないのだろう。筆を持つ勢いと支持体のキャンバスとの会話だけで絵を描いている人なのだろう。自然に出てくる意外性や新たな着想を待っているのかもしれない。それまでは今していることを淡々と進めるだけだ、と決意している風情だ。


○ 正式展示期間中の作品。(2度目の訪問。)

943) シカク 「中里麻沙子・個展 『温かい室(へや)』」 終了・3月20日(金)~3月22日(日) _f0126829_108245.jpg

943) シカク 「中里麻沙子・個展 『温かい室(へや)』」 終了・3月20日(金)~3月22日(日) _f0126829_10103356.jpg


943) シカク 「中里麻沙子・個展 『温かい室(へや)』」 終了・3月20日(金)~3月22日(日) _f0126829_10112778.jpg


943) シカク 「中里麻沙子・個展 『温かい室(へや)』」 終了・3月20日(金)~3月22日(日) _f0126829_10122558.jpg


 (カメラが無かったので、今回は携帯です。作家には申し訳ない写真のできです。制作途中の作品と比較して見て下さい。)


 作品は2作。赤い森のワイルドな作品と、緑の木に雪が降っているような作品。
 狭い部屋なので、絵画がとても身近に感じて温かい。中里・絵画を少しは知っている人間にとっては新たな発見だ。絵がそうなのか?展示空間が新たな気付きをもたらしたのか?
 最近思うのだが、個展はある程度の広さがなければ成立しないと思っていたが、この考えは撤回したい。広さや場が個展を選ぶのではないのだ。作家の個性が場を決めるのだ。特異な空間のテンポラリー、小振りでお洒落なたぴおの個展の使われ方を見ていると、作家の強い意識と場の関係で個展は成立するのだろう。
 更に、完結した作品の展示だけが個展ではないようだ。個々の作品の強さだけが問題ではなさそうだ。作品成立までの物語や作家の脳内構造の開示が個展の主要な動機の一つになっているようだ。もちろん、力不足の作品を見せることへの作家自信の姿勢が常に問われていることは忘れてはならないだろう。

 今回は中里絵画を前にして、中里ワールドを語ることは少なかった。絵を見ていて自分の世界に長く居すぎたようだ。
 狭い部屋で画家と並んでイスに座り、同じ向きで同じものを見、ふとそこに描いた人がいるのだなと思うと、本当に「温かい部屋」を感じた。
 倦むこと無く、大きな絵を描き続けてもらいたいものだ。森だけによる春夏秋冬の絵巻物、太古からの歴史物、同じ画題であっても画法やアプローチに深化はあるだろう。
 今展、赤の円が、緑に降る雪のような円が印象的だった。

by sakaidoori | 2009-03-23 10:57 | (シカク)


<< 945)  ①CAI02 「国...      942) 美唄 「ピパの湯・ゆ... >>