栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 03月 19日

940) アイボリー 「石刻画 山田光造・展」 3月17日(火)~3月22日(日)

○ 石刻画 山田光造・展

 会場:ほくせんギャラリー ivory(アイボリー)
    中央区南2条西2丁目 NC・HOKUSENブロックビル4階
    (北西角地、北&西に入り口あり)
 会期:2009年3月17日(火)~3月22日(日)
 時間:11:00~19:00 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー(3・17)

 山田光造氏のH.P.こちら
  上記H.P.内の「安井金比羅宮・著作権侵害差止請求事件についてこちら・・・以上、2012年11月30日追記。


      ~~~~~~~~~~~~~


 会場を左回りで載せます。

f0126829_17563939.jpg

f0126829_17595393.jpg

f0126829_1811425.jpg

f0126829_183423.jpg


 「宇宙」シリーズ、20点ほどの展示です。
 広い会場に少ない作品数、しかも小さいですから写真では物足りないと思うかもしれません。現場は決してそんなことはありません。
 というのは平面作品が空間造形になっているのです。作品の力と照明だけで強いムードを引き起こしているのです。音楽も流れています。足音、部屋の空気、不定形な作品展示によるリズム、もろもろの触れ合いが肌に伝わり「宇宙」を見ることになるのです。

 作家は本州住まいで今展は作品の提供だけです。展示には作家の指示があったかもしれませんが、作家不在で見事に空間を作り上げたものです。設置された関係者が山田・ワールドに深い理解と共感があるのでしょう。
 例えば、作品は少し高い位置にあります。見るには少し疲れます。「宇宙に囲まれた、宇宙の中にいる展覧会」という立場にたてば、会場作りには合っているのでしょう。


 ファイルの中に版画としての「石刻版画」も用意されて販売されています。イスに座ってめくってみては。


f0126829_1811214.jpg

f0126829_18151531.jpg
f0126829_181873.jpg











 どこか「おっぱい」に見える。可愛くて綺麗。宇宙の目であり、誕生の徴(しるし)。
 作家にとっては宇宙や石や絵画は「万物の母」では。そこから生まれ、そこに還る。物語やロマンの尽きせぬ源泉では。


f0126829_1857130.jpg


f0126829_1905448.jpgf0126829_1911158.jpg













f0126829_194396.jpg


by sakaidoori | 2009-03-19 19:40 | 北専・アイボリー | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/10590011
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 山田光造 at 2011-06-27 09:15 x
お世話に成ります。このコメント欄をお借りします。「栄通記さま」のお客様へ。「震災」・震災を通して再発見「驚くほど美しい国 日本」に関してのコメントをハガキでお寄せ頂けますか。折り返し書の商品を送らせて頂きます。あて先はhttp://mitsuzo.com 山田光造まで。楽しみにいたしています。
Commented by 山田 光造 at 2012-10-15 10:57 x
ご無沙汰いたしています、そちらはすっかり明深でしょうね。著作権についてご興味はありますか。「山田光造」を検索して頂ければ、県境資料になるかとおもいます。失礼ながらコメント欄を借りました。山田光造
Commented by 山田光造 at 2012-10-15 11:01 x
県境資料を研究資料に訂正いたします
Commented by sakaidoori at 2012-10-15 14:39
> 山田光造 さんへ

 お久しぶりです。本当にご無沙汰してします。お電話での約束の一件も、書き無精のままで実現せず申しわけありませんでした。それでもこうしてコメントを頂けるとは嬉しい限りです。同時に、不甲斐ない対応をお許し下さい。

 今回、信頼関係を無にするような事件で、憤懣やるかたないことでしょう。普段はにこやかな山田さんでしょうが、怒ればお寺の阿吽像のような形相になって、反正義に立ち向かわれているのでしょう。お察しします。

 裁判経過はとりあえず簡単に読ませていただきました。熟読もしていないので、裁判に対する価値判断は止めておきます。貴重な社会行為の足跡として、いろいろと考えてみたいと思います。

 当方、禁酒半年にてようやくその効果が現れ始めました。この体調を維持し、いろいろな見聞をしたいと思っているところです。
 漸くにして夏気分も終わり、寒き秋の到来です。今年の北海道はどんな天気でしょう?山田さんもお体に気をつけて、バンバンと前に進んで下さい。
Commented by 山田光造 at 2012-11-11 08:57 x
栄通記の丸島ご夫妻さまと、はじめてお逢いさせて頂きましたのが、夕張市美術館で個展鑑賞にわざわざ来ていただいた時です。そして札幌での個展では開催に伴い多大な御尽力を頂きました。それ以来お逢いしていませんが、多くの作家の作品の鑑賞記を紹介してくだされていること、創作をしている者にとって、丸島ご夫妻は誠にありがたく不可欠な存在です。いつも紹介記事を楽しく学習しています。創作者において、著作権は各国が保護した侵害防止の法律であります。しかし、当該裁判所は「安井金比羅宮、著作権侵害差止請求事件ついて」のように「卜権で判断をしている。」から残念であります。多くの創作者の方々も「卜権の判断」に負で判断けないで、創作表現をし、権利をいつも主張してください。皆様もご存知のように丸島様の記事は「価値あるもの。」として大切にしてください。私は今も「全体宇宙」と『富士山」の連作を創作しています。丸島さ~ん、北海道で個展をしようね~。有難う~。みなさ~ま何時の碑か丸島様と一緒にお逢いさせてくださ~い。山田光造
Commented by 山田光造 at 2012-11-11 14:19 x
本日のコメントで、またしてしまいました。「何時の碑か」を「何時の日か」に訂正します。皆様ごかんべんを。
Commented by sakaidoori at 2012-11-12 22:01
>山田光造 さんへ

 あまりヨイショしないでくださいよ。恥ずかしいではないですか。
 リンクの件ですね。わかりました。少し待って下さい。完了次第、コメントで連絡します。

 著作権、考えさせられます。作家にとってはエンドレスの闘いでしょう。頑張って下さい。


<< 941) ① 時計台 「第8回...      939) たぴお 「朴湧一・金... >>