栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 03月 05日

932) 巨樹 2番 「ハルニレ(チキサニ) 南幌町・南幌神社境内」 3月5日

 巨樹:目立ち(目の高さ)の幹周りが4m以上。

 樹木:ハルニレ(ニレ、アカダモ アイヌ語・チキサニ)? モクセイ科

 幹周り:推定4m前後。

 場所:南幌町南幌神社

 確認日時:2009年3月5日(木)12時20分


932) 巨樹 2番 「ハルニレ(チキサニ) 南幌町・南幌神社境内」 3月5日 _f0126829_222291.jpg


932) 巨樹 2番 「ハルニレ(チキサニ) 南幌町・南幌神社境内」 3月5日 _f0126829_2245140.jpg

932) 巨樹 2番 「ハルニレ(チキサニ) 南幌町・南幌神社境内」 3月5日 _f0126829_2254798.jpg


 南幌温泉に行く。そのついでに南幌町をドライブする。
 夕張川護岸、新夕張川と旧夕張川の切り替え地点跡地、夕張鉄道跡地農道、南幌役場、南幌神社、旧南幌駅逓跡地、などを見てからの温泉行だった。

 いろいろと書きたいが巨樹の記録を最優先しよう。
 鳥居から本殿までの直線通路の左側、真新しい開墾碑に寄り添うように立っていた。実測していないのではっきりはわからないが4m前後の幹周りだ。実測は次回の楽しみにしよう。樹種も自信はないが、樹皮の様子からハルニレだろう。
 もう一本同じハルニレがあったがそちらは小振りだ。

 開墾碑にはー
 「旧仙台藩家臣・石川邦光翁、明治24年春にこの地を調査開拓す。一旦帰郷して、同郷の仲間を募り、道の開拓許可を得て実質的開拓が始まる。場所は南13線以南から(旧)夕張川まで、西2号から西12号の間」
 ほぼ今の南幌市街が中央北面にすっぽり入る。(やや左側中央を国道337号線が走っている。)許可地の場所でもっとも夕張川から遠い安全な所が生活空間であり、市街地、行政の中心地として発展したのだろ。

 当時の南幌原野に間違いなくこの2本のハルニレがあったのだ。

932) 巨樹 2番 「ハルニレ(チキサニ) 南幌町・南幌神社境内」 3月5日 _f0126829_22383162.jpg

932) 巨樹 2番 「ハルニレ(チキサニ) 南幌町・南幌神社境内」 3月5日 _f0126829_22393157.jpg

932) 巨樹 2番 「ハルニレ(チキサニ) 南幌町・南幌神社境内」 3月5日 _f0126829_22402844.jpg



932) 巨樹 2番 「ハルニレ(チキサニ) 南幌町・南幌神社境内」 3月5日 _f0126829_22413064.jpg


 境内では小鳥の鳴き声に思わず顎が上がってしまう。何種類いるのだろう、高い音低い音、気ぜわしく移動する姿も見える。いきなりキツツキの連打が響きだす。・・・、姿も確認できた。アカゲラか?

by sakaidoori | 2009-03-05 22:47 | ◎ 樹


<< 933)  CAI02 「シャ...      931) 札幌市立高専構内 「... >>