人気ブログランキング | 話題のタグを見る

栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 11日

903) 槌本紘子のストックホルム記 ⑦

 こんにちは。霧のたちこめるストックホルムからお伝えします。学生なりの忙しい日々が続いてしまい、2009年第一号が、この時期になってしまいました。


 2月4日から8日まで、Stockholm Furniture Fair(家具の見本市)が行われていて、ストックホルム記で特集しよう、と思って意気込んで行ったのですが、会場内は撮影禁止、さらに世界的不景気のおかげで、モノトーンの商品が目立ち、特に目新しいものも見つからず。案の定、学生ブースのみが活気に満ちあふれ、創造性あふれる作品を展示していました。


 その代わりに今回ご紹介したいのが、ストックホルムの「郊外」です。ストックホルム中心部で、いわゆる北欧デザインを堪能するのもいいですが、少し羽を伸ばすとまた違った町並みが広がっています。


903) 槌本紘子のストックホルム記 ⑦_f0126829_23433442.jpg

903) 槌本紘子のストックホルム記 ⑦_f0126829_2344522.jpg
     (↑:① ②Trosa・トローサ)

 私が最初に訪れたのは、Trosa(トローサ)。中心部からは、郊外電車とバスを乗り継いで2時間ほど。海沿いの小さな街で、いかにもスウェーデン、といった赤い可愛い家が立ち並んでいます。
 小さな港にはおそらく個人のものと思われるヨットがずらり。手作り小物のお店や、可愛いカフェがあったりと、それだけでも楽しいのですが、水辺をただ眺めているだけでも、ここでの時間を堪能できます。
ただ、ご注意を。Trosaという言葉は、スウェーデン語で、「パンツ」という意味。通りで、電車の中でTrosaのことを話していたら、周りの人からの注目を浴びた訳です。

903) 槌本紘子のストックホルム記 ⑦_f0126829_23452770.jpg

903) 槌本紘子のストックホルム記 ⑦_f0126829_23224917.jpg

903) 槌本紘子のストックホルム記 ⑦_f0126829_23243733.jpg
     (↑:③ ④ ⑤Sigtuna・シグトゥーナ)

 Sigtuna(シグトゥーナ)は、郊外電車とバスで1時間ほど。メーランレン湖に面した街で、教会の廃墟などがある歴史ある街。廃墟は夕方になると、かなり不気味ですが、こういった古い遺跡のようなものは、なかなかストックホルム中心部では見られないので、遺跡好きにはSigtunaはおすすめです。私は12月に行ったのでかなり暗かったのですが、夏に行ったらもっと素晴らしいはず!
 スウェーデンに来て、湖が大好きになりました。湖に沈む夕焼けを見ながらサウナに入ったり、バーベキューをしたり、冬にはスケートをしたり。水辺にじわーっと映る光が何とも言えず美しいのです。曇り空が続く日でも、湖の水辺を眺めていると、暗い気持ちもどこかに行ってしまいます。この湖にも夏にはまた違った表情を見せてくれることでしょう。


903) 槌本紘子のストックホルム記 ⑦_f0126829_23265347.jpg

903) 槌本紘子のストックホルム記 ⑦_f0126829_23272324.jpg

903) 槌本紘子のストックホルム記 ⑦_f0126829_232896.jpg
     (↑:⑥ ⑦ ⑧Gotland・ゴットランド)

 郊外と呼ぶには遠いのですが、中心部から、電車と船で4時間ほどのGotland(ゴットランド)。ゴットランドといえば、羊!私も作品に使う羊毛はここからゲットしています。ゴットランドの羊毛は柔らかく、きついカールが特徴的です。夏は観光客でかなり賑わう島で、毎晩のようにパーティーが催されるのだそう。スウェーデン人はGotlandが大好きで、リゾート地の定番です。市街は城壁に囲まれていて、あちらこちらに廃墟や教会があり、ストックホルムとは全く異なる雰囲気。ユネスコの世界遺産にも登録されている歴史的な街です。年末のゴットランドはかなり静かで閑散としていましたが、海の音と、美しい星空と、独特の地ビールが最高でした。今回は、港周辺のVisby(ヴィスビィ)にしか行けなかったのですが、レンタカーなどを使って島をぐるりと回るのも面白いのだそう。


903) 槌本紘子のストックホルム記 ⑦_f0126829_23384079.jpg
     (↑:Stockholmから10分ほどで、この風景!)
 ストックホルムのいいところは、自然が近くにあることです。少し郊外で出ると湖があったり、森に囲まれていたり。そういった環境が、スウェーデン人のエコロジカルなライフスタイルに繋がっているのだな、とつくづく感じます。


903) 槌本紘子のストックホルム記 ⑦_f0126829_23395356.jpg
     (↑:Matilda・マチルダ)

 さて、今回のゲストは、赤髪が似合う、Matilda(マチルダ)。彼女は学部の3年生で、私と同じくテキスタイルの専攻です。彼女の作品は色であふれていて、見ているだけでも元気になります。
 彼女の洋服もデスク周りも、全てが、彼女のカラーで染まっています。彼女のデスクには、彼女の両親のヒッピー時代の写真が飾られています。
 先日、彼女のプレゼンテーションを見たのですが、彼女の描く幾何学模様に、自分の感覚との共通点を感じ、時々作品について話したりもします。今年で卒業ですが、大学院の試験も受けるのだそう。
 彼女の作品もウェブサイトでチェックしてみてください!

   http://www.matildas.net


 最近ストックホルムのカフェ巡りにハマっています。次回はお洒落なカフェをピックアップ出来たらと思っています。今年も引き続き宜しくお願いします!
   HP: http://www.hirokotsuchimoto.com

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ご無沙汰です。
 綺麗な写真ですね。何か変だな~、・・・雪が無い。そちらは雪は無いの?それとも雪降る前の撮影ですか?
 自然や遺跡を堪能しました。機会があれば社会のごちゃごちゃした風俗や若者達などの人間臭い写真もお願いします。例えば恋人同士のラブシーンとか、和気あいあいのお食事シーンとか。
 次回はカフェですね。友達同士の人の輪などもよろしく!

by sakaidoori | 2009-02-11 23:45 | 槌本紘子ストックホルムキ記


<< 904) ①たぴお 「ALL ...      902) 市民ギャラリー 「第... >>