栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:船 ( 3 ) タグの人気記事


2012年 10月 15日

1826) ①「旅 (フェリー)-仙台-南相馬市-飯舘村-白石市-女川町-多賀城市-(船)」 帰りの海の上

f0126829_10335036.jpg
     ↑:(2012/10/13 7:38 太平洋フェリー「きたかみ」船上にて。)


f0126829_1036759.jpg
     ↑:(同時刻)


f0126829_1037317.jpg
     ↑:(7:39。この日の日の出は5時42分頃。)



 2012年10月3日(水)から10月13日(土)まで、南東北を車で訪問した。行程は概ねタイトルに書いたとおりだ。
 目的は昨年の震災跡地を見ることに尽きる。
 仙台から海岸線を可能な範囲まで南下すること、そこを見ること、どなたかと会話ができれば、というものだ。一望できる山にも登りたかった。幸い手頃な山にも会えたし、以上の目的は果たした。

 行き着いた進入禁止地域から、ぐるっと左回りに廻って、反対側の太平洋岸に行く予定だった。それは止めた。いろんな地域も見れて悪い計画ではないのだが、相当時間を費やしそうだから。地図を見てあらためて思ったのだが、単純に反対側に行く道などない。別の機会に原子力発電所立入禁止地域の西側に行くことにした。

 予定を変更したので、時間に余裕ができた。同じ道を北上しても面白くないので、内陸側の白石市を抜けて仙台に戻った。というか、一端、被災地を見るのを避けたかった。風光明媚とは言わないが、普通の田舎風景を見たかったから。通り道に飯舘村があった。うかつにも、「飯舘村」を通るとは思わなかった。村内は特に交通規制や出入り禁止の立て札はなかった。民家周辺には人の気配は無かった。一人屋根に水を流して除染していた。その辺りに駐車して散策していたら、自警団の人に駐車を咎められた。「誰も住んでいませんから・・・、この辺は放射能が多いので危ないですよ」と立ち退きを促された。止めているところがいけなかった。堂々と広い道路に駐車すべきだった。
 福祉センターと除洗センターに固まって人がいた。
 とりたてて緊迫したムードはなかった。が、当然ながら不思議な雰囲気だった。

 昨年の9月、女川の被災地を見た。今回の旅の北限をそこに決めていた。1年間で、どのくらいの回復がなされたのを見たかった。見てきた。その後、女川原子力発電所をそれなりの近さで見ることができた。これは収穫だった。

 当然ながら、街々の名所旧跡も訪ねた。博物館関係を多く見た。


 多くのことを見た。多くをここで語りたいが無理だろう。実際、昨年の9月の東北旅行に関しては何も報告していない。だが、今回はそういうわけにはいかない。何故悲惨極まりない現地を、失礼さを伴いながら見に行くのか、それを写真紹介するのか、その理由も含めて少しは記していきたいと思う。時系列で進むのは止めよう。その時の思いつきで、現地の写真を載せよう。古墳や城跡や線路の紹介をしながら。


f0126829_10395278.jpg
     ↑:(8:59)

 フェリーに乗る醍醐味はこの光景に尽きるだろう。もちろん、陸上からでも海と空だけの写真は撮れる。撮れるのだが、海のまっただ中で撮るのとはわけが違う。気分が違う。もっとも、船中生活で常時感動している景色ではない。海の彼方に陸を探したり、何かがないかとあてもなく見渡していると、突然そこに海があるではないか、空があるではないか、雲も、と感じ入るのだ。


f0126829_10461457.jpg



f0126829_10475238.jpg


 スカートからの透ける光が朝を際だたせる。



f0126829_10543374.jpg
     ↑:(10:36)


f0126829_10551570.jpg



f0126829_116324.jpg


 仙台も似た風景だろう。これらが破壊されたのだ。行く時に仙台港を見たが、素人目には被災跡が分からなかった。相当なスピードで回復させたと思う。物流の一大基地だからだろう。


f0126829_10564723.jpg
     ↑:(10:46。苫小牧港にて旋回中。11時着港の予定時刻にピッタリだ。)



f0126829_10583878.jpg →本日の朝食。

by sakaidoori | 2012-10-15 11:20 | 【震災跡地2回目の旅】 | Comments(2)
2009年 09月 12日

1099) 小樽港 「滞在型豪華クルーズ船 The World」

f0126829_10594100.jpg


 昨日、小樽に行った。
 春香町ダラ・スペースの2人展を見た後、国道5号線から小樽市内は海沿いに入る。いつものように観覧車を左に見て、美術館に向かった。右手に馬鹿でかい船が横腹をこちらに向けて鎮座している。
 めったに見られぬ豪華クルーズ船だ。間近に見なければ損なことだ。


f0126829_117202.jpg


f0126829_1185374.jpg


f0126829_11103943.jpgf0126829_11114963.jpg












f0126829_11133998.jpg



 僕にとっての船の長さの基準は、苫小牧~仙台間の太平洋フェリーで200m弱だ。この船は壁のような高さを誇るから、かなり長く見える。だが、長さは同じだ。総トン数は倍くらいの大きさである。壁が海を泳いでいる。


 実は、暗くなっての帰り際に、もう一度立ち寄った。もうすぐ就航だから、金網から先に入れると知った。その代わりに見送りの旗を振るのだ。

 その時の関係者の話で、この船はアパート・メントだと知らされた。日本風に言えば分譲マンションだ。7億ぐらいで購入したのでは言っていた。船籍はわからいがオランダの船という。世界の金持ちを集めて、ゆったりと地球を寄航しているのだ。特に目的あっての旅ではない。

 船名: The World
 国籍: パナマ
 全長: 196.35m
 総トン数: 43,188トン

 9月9日より小樽に寄航。今後の予定はウラジオストック→青森→東京→横浜・・→神戸→月末に、松が枝(長崎市)→仁川 ・・・・。

 ○ 基本的には各客室は所有者で埋まっている。彼らが不在の折にはレンタルで乗船できる。これまた法外な馬鹿高い金額だ。1泊全食事付きで、1500(?)アメリカ・ドル~のようだ。資料には実数が書かれてある。実感できないし信じがたいので?を記してしまった。



f0126829_11401188.jpg
     (↑:18:40。右下の明るい点は光に当たるカモメの群れ。)

f0126829_11425554.jpg


f0126829_11441323.jpg
     (↑:19:25。午後7時半の出航。寄航の記念と、船旅の無事を祈っての地元太鼓会?の乱れ打ちが始まった。)

f0126829_1150133.jpg


f0126829_11513465.jpg


f0126829_1153176.jpg


f0126829_11571296.jpg


f0126829_124038.jpg




 気が付けば船は出て行く、煙も汽笛も無しに、静かに横滑りして。
 妻は大旗を借りて降っていた。僕は太鼓に体を揺らし、小旗を忙しく降って世界の大富豪を見ていた。つい、声まで出してしまった。
 「大金持ちや、また来いよ!!」



f0126829_1242693.jpg


by sakaidoori | 2009-09-12 12:28 | ◎ 旅・飛行機・船 | Comments(0)
2007年 02月 09日

51) 石狩湾新港 イージス艦「ステザム」

f0126829_17448.jpg
 石狩湾新港西地区(銭函5丁目、管理責任者高橋はるみ)に軍艦を見に行った。
 新川に沿い、突き当りを右折して海沿いに工業団地内の広い道路をひたすら走った。海沿いといっても分厚い防風林にさえぎられ海の片鱗すら見えない。赤い鉄塔がみえる。その辺が岸壁だろうと勘ぐり、それらしい方向に左折して行くと、海は見えないがパトカー1台と2,3名の港湾管理組合員の関係者が入場チェックしている。そぐ右側の広場にやはりというか、釣り人の車が止まっている。車を止めて海沿いの護岸コンクリート壁の上を浅い雪を踏みながら海と陸の接点を歩いて行った。前もって地図で海岸線を確認しているから、いつ軍艦が現れるか静かに待ちながら歩いた。北海道の管理地域がポッカリと国家が顔を出した時空でもある。とは言っても軍事施設で無い以上大事には至らないだろう。

f0126829_17933.jpg
 やはり期待した地点から期待した物が1キロほど先にこちらを向いて存在していた。砂浜を歩きコンクリー壁を歩き200メートルほどの近さの地点で引き返した。海には鴨がいた。大きなピンクのヒトデが寒くないのだろうか、波で運ばれたのだろうか、そこに居た。

f0126829_17155841.jpg イージス駆逐艦「ステザム」、米国海軍第7艦隊所属横須賀を母港にしている。艦隊原子力空母護衛を主任務にするが、ソ連崩壊後対潜水艦脅威が一挙に減った為、その優れたハイテク防衛システムとオートマチックに連動した迎撃システムを生かして有機的に探索活動に勤めている。この駆逐艦は北朝鮮の弾道ミサイルを監視するのが現在の主任務にしており、日本海を庭のように航海している。緊急時を含めて日本沿岸の寄港地拡大が後方課題になっている。ここ石狩湾新港西岸壁は大型船に対応する為に開発されたもので、昨年12月から供用開始したばかりである。この駆逐艦は利用何隻目なのか、素早い対応である。別の艦が八戸に立ち寄って使い勝手を調査している。

 艦橋、司令室下部ののっぺんだらりとした部分、ここがイージス艦の要で360度の監視レーダーである。1門の大砲は実に貧弱で至近物の威嚇しか要をなさない。この大砲の後方船体内に縦長の箱(セル)が30数個あり、上蓋が開いて瞬時にミサイルが発射される。後方艦橋中段あたりに、弾丸型の白い物がある。レーダーシステムで下部に付随した兵器と連動して、対空防衛システムを突破したミサイルなどを迎撃する。打ち損じた時はこの軍艦の末路になる。全ては防衛迎撃であるが、当然単なる攻撃武器としても機能できる。8億ドルの建造費だ。ハイテク故にメンテナンスの費用も相当だろう。

 日本にはこの駆逐艦の基本仕様を応用して4艘のイージス艦を建造した。後備のヘリコプターの利用スペース、格納庫部分の様子が違うが正面の容姿はほとんど同じである。今春と来春、新たに1艘づつ就航する。空母的概観で関係者に議論を巻き起こしている。ヘリコプター数機が同時に離発着できるのが一大特徴になっている。実は戦闘機の中でもっとも通常活躍が期待されているのはヘリコプターである。人、物の迅速な輸送、探索活動など臨機応変の作戦を担っている。それはともかく、日本イージス艦は艦隊防衛と本土防衛、災害時の敏速な活動を主任務にすることになる。当然アメリカは自国の対外活動の補完を期待しているだろう。
f0126829_1712098.jpgf0126829_17131164.jpg








 対岸(石狩市)の風景。

by sakaidoori | 2007-02-09 15:22 | ◎ 旅・飛行機・船 | Comments(0)