タグ:群青 ( 4 ) タグの人気記事


2017年 01月 19日

2534)「第4回群青展 (丸島均企画)」アートスペース201 1月26日(木)〜2月7日(火) 10:00〜19:00

f0126829_13542322.jpg
f0126829_13543953.jpg




随分と「栄通記」は休んでいました。

今日から再開です。よろしくお願いします!

再開第一号は2週間後に始まる群青(ぐんせい)展の宣伝です。
チラシを写真掲載しています。
以下、参加者を含めた概要を記します。
まずは何となく確認して下さい。フライヤーには掲載していませんが、参加者の学生のみ大学名などの所属を記します。

―――――――――――――――



第4回 丸島均(栄通記)企画

群青 ぐんせい

・2週間10部屋の展覧会

 ~写真・絵画・立体・ドローイング・書・現代美術・陶芸・他~

・一所懸命な自己主張、老若男女の青い人達がジャンルを問わない展覧会です。

「寒い札幌の2月、少しでも元気になれれば」(丸島から)

【会場】
札幌市中央区南2条西1丁目7-8 山口ビル5階・6階

 アートスペース201

電話:011-251-1414


【前期】

2017年1月26日(木)〜1月31日(火) 10:00〜19:00
 (各会期最終日は、〜18:00まで)

6階A室 「それぞれの風景」(写真展)
 加藤エミ 高橋ヤヒロ(髙橋智乃) 神成邦夫 髙橋徹 佐々木練 


6階B室 「夢から醒めるまで」(モノクロ写真展)
 千葉貴文 橋本つぐみ 篠原奈那子(藤女子大3年) 


6階C室 「対展」(2点一組の写真+α展)
 岩田千穂 西口由美恵(北海学園大学Ⅰ部写真部所属・4年) 長内正志(札幌大学4年生) 野口琴里(北海学園Ⅱ部写真部所属・1年) 野呂田晋 笹谷健 永倉理子(北海学園Ⅱ部写真部所属・3年) 柚原果林 加藤良明 岩佐俊宏 小林孝人


5階D・E室ホール 「元気展」(美術展)
 北村穂菜美(絵画)  佐々木幸(絵画) 栗田健(絵画) 山本和来(陶芸) 阿部雄(写真) 久藤エリコ(切り絵) 北芳樹(現代美術) 酒井彩(立体) 大門愛(陶芸)/平間理彩(写真、藤女子大学4年)/碓井玲子(刺繍)


【後期】
2017年2月2日(木)〜2月7日(火) 10:00〜19:00
 (各会期最終日は、〜18:00まで)

6階A室 「女の空間展」(写真を中心にして)
 竹中春奈 高澤恵 柚原果林 杉下由里子 岩田美津希(北海学園Ⅰ部写真部・4年)


6階B室 「外崎うらん 写真展」
   〜フラーピアト・エ
  

6階C室 「対展」(2点一組の写真+α展) 
 酒井詞音(日本大学1年) 宍戸浩起(北海学園Ⅱ部・2年) 村田主馬(北星学園3年) 宮森くみ 木戸瑠美 山下敦子 佐々木仁美 竹内啓太(北海道大学3年) 佐々木彩乃 吉田切羽


5階D・E室ホール 「元気展」(美術展)(※1)
 今田朋美(書) 杉崎英利(チョーク画) ドローイングマン(ドローイング) 鼓代弥生(絵画) /平間理彩(写真) 岡田綾子(立体) 鈴木比奈子(絵画) 狸小路エリ(絵画)



オープニング・トーク

・1月26日(木) 18:00〜20:00 6階C室

出品者による写真を語る集い
 〜僕はなぜ写真を撮るか?見せるか?見せたいか?〜」


催し

・2月4日(土) 

  17:00〜17:45  「ドローイングマン(ドローイングライブ)+今田朋美(書)+鼓代弥生(ジャンベ・縄文太鼓)」 3人のコラボ・ライブ
 ~まものたちの遊戯~(※2)

  17:45〜     出品者紹介

  17:45頃〜20:00 軽食パーティ

   (以上、全て参加無料)


企画:丸島 均(ブログ「栄通記」主宰)
電話:090―2873―2250
連絡: marushima.h@softbank.ne.jp 
住所:札幌市北区屯田3条2丁目2番33号

助成金:札幌市文化芸術振興助成金活動 
協力:アートスペース201
 (※1):群青展賛助有志展
 (※2):群青展支援イベント

――――――

 どんな展覧会かというと・・・

 ①丸島が気になる作家・作風をジャンルを問わず一同に会して見ること
 ②若い人達の発表の場

 呼びかけ人・丸島均はこれといった主義主張の持ち主ではありません。
 だから、一つに限定された美学を求めて見に来ないで下さい。無手勝流です。何かをしようとするうねりを感じていただきたい。

 我が前頭葉ー小賢しくもちょっと出張って、しかもアンバランスな成長をしている。そして極端に不安定に何にでも感応する感受性、そのおもむくままにいろいろな表現者を誘いました。

 幸いにも札幌市から「若手育成・・・展覧会」という募集要項に合致し、援助金を頂くことができました。
その代わり、35歳以下の札幌在住者をかなり参加してもらわなければならなくなった。
 当初は、この制約に困り切っていたのです。が、制約というものは人間を育てる。意図せざる可能性に気付かされる。

 写真中心で学生相手せずで始まった丸島企画展。今の姿はかなり写真部学生とそのOB/OGにおんぶされている。
 確かに彼等は技量的にも自覚的にも表現者としては未熟です。しかし、ともに語らうことができる。何かを求めようとする姿勢は新鮮で瑞々しい。そこに中堅やベテランが絡み会うことができた。64歳という私にとって、楽しい時間を沢山頂いた。自分の為のみで生きてきた丸島ではあるが、少しは参加者のためになれればと思うようになりました。
 そういう彼等の作品結果が人を魅了することができるだろうか?きっとできないだろう。でも、何かを伝えたい。

 もっとも、以上の現象は写真関係者が主体です。
 が、そのムードは「元気展」参加者にも幾ばくかは届いているでしょう。
 それに、総勢53名+αです。とても全員とは充分なコンタクトできていません。美術展はそれでいいとも思っている。所詮、「表現者が作品を持って来て、見せる」だから。

 写真中心の6階、写真を含めた美術展としての5階・・・の2本立てです。

 寒き1月2月、足を運んでいただければ幸いです。

by sakaidoori | 2017-01-19 07:15 | アートスペース201 | Comments(0)
2016年 01月 25日

2491)「第3回丸島企画展『群青』 に寄せて」


 第3回丸島企画展「群青」に寄せて
 以下企画者の立場を書きます




 一昨年の第1回は一部屋での「対展」のみ。写真を中心にした美術展という触れ込みです。11名の参加。やはり記念すべき門立ち展でした。

 昨年の第2回は「丸島均と五つの展覧会」。絵画も有りで本格的な美術展です。参加者の相互交流などの問題が浮かび上がり、悩み多き丸島でした。

 今回は前回の延長です。写真関係が増え、会期も2週間・8展示空間です。準備に問題有りですが、間違いなく今後に繋げる檜舞台です。
 展覧会の総合名称を「群青」と命名しました。「群れる青い人たちによる表現展」です。 
 写真、絵画、書、ドローイング、テキスタイル、立体、版画と何でもありです。年齢もかなり幅があります。
実力的には、これからという若者がいれば(写真は大半がそうです)、バリバリに発表をしている人や、道内でも著名な書道家と、バラバラです(絵画関係は比較的安定した表現者たちです)。

 それではどういう展覧会群か?何を目指しているか?

 丸島均という、美術を見る人間による(私は制作をしません)、個人的関心で呼びかけた表現者たちです。
 どういう関心か・・・見たい人、この人の作品とあの人の作品を組み合わせたらどんな響きになるか、はたまた、若い撮影者には息長く写真に携わって欲しいという老婆心・・・などなどです。


 私の美術好みはバラバラです。細密画が好きだとか、無限増殖表現に目がくらむ、などと言うことはできます。しかし、作品という結果から作家のことをあれこれ妄想し、視覚表現を考える、さらに現在の社会を見つめる、ということをしていると思う――そうなのです、私は「見る」人間であり、そこから妄想する人間です。

 そういう僕の「美術好み」や「見る姿勢」を前面に出すこと。
 一方、表現者一人一人は日頃のスタンスを丸島に拘らずに前面に出すこと。そこでの僕と表現者との絡み合い。さらには、一緒に展示をする結われのない表現者同士の目に見えぬ交流と刺激。この何でもありでの相互交流展を見る人(鑑賞者)も一緒に楽しんでもらいたい。個々の表現を越えた全体の絡み合いでの美術展をつくりたい。


 「群青」とは、「群れる」「青い人たち」です。
 「群れる」とは、感性・表現様式・思想は個々バラバラだが、自分のためにも時には他者と絡み会うのも悪くはない、という意です。一時の共時共通空間です。
 「青い人たち」とは「表現者」の意です。表現の現在は常に青い!明日、更に良くなりたいという願望多き人たちです。誤解という夢を抱く人たちです。
 絵画展の名称である「元気」は群青の志です。発表することによって、それを見ることによって、前頭葉がバチバチする、思わず口元が弛む、それを「元気」と考えています。



 以上、あまりに企画者本意の言葉でした。この言葉が、次回以降に参加者の志や鑑賞者の立場を反映して膨らめばと思っています。私が私という殻を少しでも壊せればと願っています。



 以下、前回の「丸島均と五つの展覧会」の会場風景を載せます。



f0126829_9454770.jpg





f0126829_946910.jpg
   ↑:(以上、「元気展」絵画展の部屋から。)




f0126829_9555248.jpg
   ↑:(「グループ・ループ」美術展の部屋から。)




f0126829_9473755.jpg
   ↑:(「対展」の部屋から。)




f0126829_9495460.jpg
   ↑:(「日常展」写真展の部屋から。)



f0126829_9523759.jpg
   ↑:(「人展」写真展の部屋から。)






by sakaidoori | 2016-01-25 10:18 | 群青(2016) | Comments(0)
2016年 01月 24日

2490) 「展覧会を開催します。『群青(ぐんせい)』 1月28日(木)~2月9日(火) アートスペース201」

f0126829_0174954.jpg




        「群青」(ぐんせい)展。

  ぐんじょうと読まないで下さい。
  ぐんせいと読んで下さい。「群れる青い人達」です。




 いよいよ今週の木曜日からです。前期は「対展」(2点一組の写真を中心にした美術展)、「鉄の灰」(男性2人によるユニット写真展)、「男展」(4人の男性写真展)です。


 随時展覧会の主旨や概要、展覧会風景を報告します。
 しかし、何よりも直に作品を見るのが一番です。丸島の企画がどれほどのものか?何を目的にしているのか?どういう連中の集まりか?次回以降見るに値するものなのか?ご判断下さい。仮に、「これはダメだ」と思われても、今後ともよろしくお願いします。




 上の写真をクリックすれば大きく見られますが、内容を文章で以下に記します。

 注意1⇒「写真を語る集い」のゲストは酒井広司氏(写真家)、山岸せいじ氏(写真作家)、橋本つぐみ(群青代表)。

 注意2⇒「女の空間」(女性写真展)での撮影者の訂正があります。


ーーーーーー

●第3回 丸島均(栄通記)企画

群青(グンセイ)
  八つの展覧会
  〔写真、絵画、書、ドローイング、テキスタイル、立体〕

 「群れる青い人達」による自己表現展です。
雪固まる1月、2月・・・
寒い・・・
少しでも元気になれれば・・・ 

●会場:
アートスペース201
札幌市中央区南2条西1丁目山口ビル5&6階
電話:011―251―1418
   
●会期:
前期⇒2016年1月28日(木)~2月2日(火) 
後期⇒     2月4日(木)~2月9日(火)
(前期は6階3室のみ。後期は全館5室の展覧会。)

●時間:10:00~19:00 
    (各会期最終日は、~18:00まで)
     

前期展覧会 1月28日(木)~2月2日(火)

前期・6階A室
まる「男展」(写真展)
金侑龍 小林孝人 佐々木錬 松尾泰宏  

前期・6階B室
○「鉄の灰」(写真2人展)
阿部雄 千葉貴文

前期・6階C室
○「対展 Ⅰ」(写真中心の美術展)
西口由美恵 小野寺宏弥 加藤良明 黒澤智博 笹谷健 篠原奈那子 鈴木悠高 加藤エミ 橋本つぐみ 庄内直人
・・・(以上10名。) 


後期展覧会 2月4日(木)~2月9日(火) 
 
後期・6階A室
○「女の空間」(女性写真展)
外崎うらん 高澤恵 平間理彩 小澤千穂 杉下由里子 高橋智乃

後期・6階B室
○「神成邦夫 写真展 
   HORIZON-北海道-  
    ~内界と外界の境界線~」


後期・6階C室
○「対展 Ⅱ
佐々木仁美 高橋徹 竹中春奈 杉下由里子 村田主馬 宍戸浩起 高橋智乃 酒井詞音 石澤美翔
・・・(以上9名)


後期・5階D室
○「元気展 ~色・物語の部屋」(多ジャンル美術展)
碓井玲子(テキスタイル) 小西まさゆき(絵画) 佐々木幸(現代美術) 杉崎英利(絵画)   
 
後期・5階E室
○「元気展 ~線の部屋~
久藤エリコ(切り絵) 佐藤愛子(クロッキー) ドローイングマン(ドローイング) 樋口雅山房(書)


オープニング・トーク: 1月28日(木) 18:00~20:00 
       「写真を語る集い 丸島均+ゲスト、そして参集者」
        ゲストは酒井広司氏(写真家)、山岸せいじ氏(写真作家)、橋本つぐみ(群青代表)

催し:  2月5日(金)17:00~20:00 
17:00~  ドローイングライブ(ドローイングマン)
18:00~   出品者紹介
18:45頃~20:00  パーティー

●企画者: 丸島均(ブログ「栄通記」主宰)
 連絡先: 090―2873―2250、marushima.h@softbank.ne.jp
 住所  : 札幌市北区屯田3条2丁目2番33号


ーーーーーーーーーー


以上です。

by sakaidoori | 2016-01-24 23:04 | 群青(2016) | Comments(0)
2016年 01月 17日

2482) 「展覧会を開催します。『群青(ぐんせい)』 1月28日(木)~2月9日(火) アートスペース201」

f0126829_1503975.jpg



f0126829_1513385.jpg




群青」(ぐんせい)・・・です。

ぐんじょうと読まないで下さい。ぐんせいと読んで下さい。「群れる青い人達」です。


展覧会用の発注チラシを載せました。

我が家に師走か正月に届きます。ちょっと遅い制作でした。市内ギャラリーには適当に置かしてもらいます。三つ折り状態での陳列でしょう。

上の写真をクリックすれば大きく見られますが、内容を文章で以下に記します。


ーーーーーー

●第3回 丸島均(栄通記)企画

群青(グンセイ)
  八つの展覧会
  〔写真、絵画、書、ドローイング、テキスタイル、立体〕

 「群れる青い人達」による自己表現展です。
雪固まる1月、2月・・・
寒い・・・
少しでも元気になれれば・・・ 

●会場:
アートスペース201
札幌市中央区南2条西1丁目山口ビル5&6階
電話:011―251―1418
   
●会期:
前期⇒2016年1月28日(木)~2月2日(火) 
後期⇒     2月4日(木)~2月9日(火)
(前期は6階3室のみ。後期は全館5室の展覧会。)

●時間:10:00~19:00 
    (各会期最終日は、~18:00まで)
     

前期・6階A室
◯「男展」(写真展)
金侑龍 小林孝人 佐々木錬 松尾泰宏  

前期・6階B室
◯「鉄の灰」(写真2人展)
阿部雄 千葉貴文

前期・6階C室
◯「対展 Ⅰ」(写真中心の美術展)
西口由美恵 小野寺宏弥 加藤良明 黒澤智博 笹谷健 篠原奈那子 鈴木悠高 加藤エミ 橋本つぐみ 庄内直人
・・・(※DM記載者は以上10名。) 
 
後期・6階A室
○「女の空間」(女性写真展)
外崎うらん 高澤恵 平間理彩 小澤千穂

後期・6階B室
◯「神成邦夫 写真展 
   HORIZON-北海道-  
    ~内界と外界の境界線~」


後期・6階C室
◯「対展 Ⅱ」
佐々木仁美 高橋徹 竹中春奈 杉下由里子 村田主馬 宍戸浩起 高橋智乃 酒井詞音 石澤美翔
・・・(※DM記載者は以上9名)


後期・5階D室
○「元気展 ~色・物語の部屋~」(多ジャンル美術展)
碓井玲子(テキスタイル) 小西まさゆき(絵画) 佐々木幸(現代美術) 杉崎英利(絵画)   
 
後期・5階E室
◯「元気展 ~線の部屋~」
久藤エリコ(切り絵) 佐藤愛子(クロッキー) ドローイングマン(ドローイング) 樋口雅山房(書)


●オープニング・トーク: 1月28日(木) 18:00~20:00 
       「写真を語る集い 丸島均+ゲスト、そして参集者」
        (※ゲストはすでに決まっています。追ってしらせます。)

●催し:  2月5日(金)17:00~20:00 
17:00~  ドローイングライブ(ドローイングマン)
18:00~   出品者紹介
18:45頃~20:00  パーティー

●企画者: 丸島均(ブログ「栄通記」主宰)
 連絡先: 090―2873―2250、marushima.h@softbank.ne.jp
 住所  : 札幌市北区屯田3条2丁目2番33号


ーーーーーーーーーー


以上です。

展覧会のことはそれなりに語ることにしましょう。

この記事を見られた訪問者の方々、「丸島が、栄通記が展覧会を開くって、1月末から2月始めだって」と、口コミで宣伝して下さい。


この項目は適時冒頭に置きます。


ーーーーーーーーーーーー


f0126829_16173251.jpg



 本日の午後の屯田三条近辺風景。
 今日はそんなに寒くはないが、雪の有り様が白石区とはひと味違う。

by sakaidoori | 2016-01-17 16:25 | アートスペース201 | Comments(0)