栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:澁谷俊彦 ( 7 ) タグの人気記事


2014年 02月 05日

2338)⑤「帯広小旅行 ④『防風林アートプロジェクト2013-14』」 (帯広市)防風林 2月1日(土)~2月16日(日)

f0126829_951984.jpg
f0126829_953361.jpg




防風林アートプロジェクト2013-14    





◯ 防風林アート 野外展示  
 
 会場:(帯広)空港線沿い防風林 及び 雪原 
      帯広市愛国町東1線9番
     電話:

 会期:2014年2月1日(土)~2月16日(日)
 時間:10:00~15:00
 入場:無料



◯ 関連企画:防風林アート参加作家展 

 会場:帯広市民ギャラリー A1-2 
     帯広市西2条南12 JR帯広駅地下1階
     電話:

 会期:2014年2月1日(土)~2月16日(日)
 時間:10:00~18:00
 入場:無料

※  防風林アートオープニング ⇒ 2/1 10:00~ 於・帯広市民ギャラリー
  アーティスト一言トーク  ⇒ 2/1 10:30~11:30 
  防風林アート見学会    ⇒ 2/1 13:00~15:00
  ミニシンポジウム     ⇒ 2/1 16:00~ テーマ「極限の寒さの中のアートと美学」
                 於・帯広市図書館視聴覚室
  


 主催:帯広テンポラリーアート2013実行委員会

 【参加作家】
  多数。(パンフを拡大して確認して下さい。)

 
ーーーーーーーーーー(1.31)


 2333)①『防風林』、2334)②『防風林』、2336)③『防風林』に続く。

 (以下、敬称は省略させていただきます。)




 毎日だらだらと『防風林アート』作品掲載が続いています。今回も同じように続きます。えっ、「毎日載せると、ブログで満足しちゃて、現場にお客さんが来なくなるよ」ですって!そうかもしれません。そうかもしれませんが、勝手に進めるのが栄通記の特徴です。もう少し、帯広市愛国町、冬の酪農地帯にお付き合い下さい。

 それでは、当日の時系列で掲載を続けます。




f0126829_2226442.jpg




f0126829_22261952.jpg




f0126829_22265337.jpg
f0126829_222735.jpg
   ↑:21番 塩田晃(帯広)、「root」・木。


 「root=根っ子」、そのまんまヒガシ君のようなタイトルだ。切り株、開拓開墾の証でしょう。これ以上の言葉は無粋というもの。記憶に留めておこう。






f0126829_22321338.jpg




f0126829_22342526.jpg
   ↑:5番 荒井善則(旭川)、「Soft Landing to Field in Bohuurin」


 「防風林のある草地で軟着陸」という意味か。知恵のない直訳で恥ずかしい限り。このポールは着陸点か。深い意味はない。野原にポールを立てる。すると辺りの風景はどう見えるか?どう変わるか?作家は確かめたかったのだろう。
 僕らも確かめたいが・・・、目の前の「白い木」のようなものが気になって先を急ぐことにした。ポールへの足跡もない、他の方もそんな感じで先を急いだのだろう。それとも、ポールに近づきがたい何かを感じたのかもしれない。





f0126829_2247287.jpg




f0126829_22475260.jpg




f0126829_22484934.jpg
   ↑:36番 半谷学(帯広・群馬)、「NATURE UNBRELLA」・鉄 FRP ファイバー 木 2013年。



 木と思いきや「傘」だった。それにしても本当に何てことのない「白物」なのだが、雪の白さ空の青さと重なって清々しかった。見上げれば空だ、青空だ、ただそれだけだ。

 「葉っぱの人・半谷学」だ。作家ご本人も居られた。ニコニコ笑顔で幸せそうだった。実は、この作品は風で廻る。得意の葉っぱが風をもらって引っ張るわけだ。『今日はよく廻る』ということで、ご機嫌半谷氏なのだ。それにしても幸せ顔だ。こちらまで幸せになる。こういのが「幸せ」というのかもしれない。





 さて、この半谷作品が最北端だ。もう道跡はない。引き返そう。戻り道の様子をしつこく載せよう。





f0126829_2322964.jpg





f0126829_2325059.jpg





f0126829_233680.jpg





f0126829_235099.jpg






f0126829_2355023.jpg



 これは何だろう?いたずら?からかい?遊び?・・・





f0126829_2365291.jpg





f0126829_2371719.jpg
   ↑:22番 澁谷俊彦(札幌)、「ホワイトコレクション」・鉄 2013年。



 円盤の下は蛍光塗料のようなもので着色されている。その色が雪に映って色をなしている。氏の冬の定番だ。

 最近の傾向として、小振りさが目立つ。それはそれで面白いのだが・・・、大きければ良いというものでもないが、大地との響き合いがテーマとしたならば、スケール・タイプも拡げる必要があるのではと思った。






f0126829_2316213.jpg





f0126829_23163540.jpg
   ↑:25番 鈴木順三郎(置戸)、「影風紋-けいふうもん」・鉄 ライン 2013年。




f0126829_23164651.jpg




 あれはいったい何だったのだろう?







f0126829_2321974.jpg




f0126829_23212591.jpg
   ↑:35番 伴翼(札幌)、「ブルーバード」・真鍮 陶。



 青い鳥です。刺さった杭の上に止まっている。仲間たちも1羽1木という感じで一列に並んでいる。近づけば逃げていきそうなので、アップの写真は無しです。

 小さな小さな青い鳥、止まって止まって青い鳥、並んで並んで青い鳥、何処に何処にいくの青い鳥。





f0126829_23503490.jpg
   ↑:44番 吉田茂(札幌)、「In the stream of Life」・陶 木。


 「人生、流れ流れて何どこどこ行くの・・・」か?
 しかし、作品は人生の可能性を枠で区切っている。方向があるのだ。しかも強い。迷い無き流れ、「我が信じる道」なのだろう。たとえそれが願望であっても。「信念の人・吉田茂」か?




 何日か後に、⑥「帯広小旅行 ⑤『防風林・・・』に続く

by sakaidoori | 2014-02-05 07:24 | [帯広] | Comments(0)
2013年 08月 10日

2141) 「澁谷俊彦インスタレーション -ホワイトコレクション-」 門馬 8月7日(水)~8月20日(火)

  


澁谷俊彦インスタレーション 

 -ホワイトコレクション
       

 
  
 会場:ギャラリー・門馬 ANNEX  
      中央区旭ヶ丘2丁目3-38
       (バス停旭ヶ丘高校前近く) 
     電話(011)562ー1055

 会期:2013年8月7日(水)~8月20日(火)
 時間:11:00~19:00

ーーーーーーーーーーーーーー(8.9)




f0126829_1343330.jpg





 (以下、敬称は省略させていただきます。)


 会場の全体風景を何枚か載せます。
 私が行ったのは午後6時半、撮影は7時前。やや暗やんだ時間帯だが、見るのには問題ない。ただ、以下の写真はいかにも背景が暗くて、これはこれで良いムードなのだが、今展の大枠(大意)とはずれている。それを承知での掲載です。辺りの色を真っ白にして再構成して下さい。想像力を沸き立たせて下さい。






f0126829_1385468.jpg



f0126829_1392553.jpg





 奥から振り返ると--



f0126829_13101295.jpg




f0126829_1322894.jpg






f0126829_13222755.jpg





f0126829_13224540.jpg







f0126829_13263692.jpg







f0126829_13265061.jpg






f0126829_13271250.jpg




 陳列されているのはタンポポの種、化石、骨、・・・生きたものの亡骸だ。なるべく白くなったものを集めている。ホワイトコレクションだ。それを辺りの白で包み、発光色で淡くお化粧をして並んでいる。見せている。


 今展の主旨は明らかに生命であり、澁谷俊彦の「鎮魂」だ。
 陳列物の中身が何であっても、美しいであろう。錆びた釘でも、燃えかすの紙でも、切られた黒髪でも。同じ「命」だ。それらが今展の主意に合ってはいても、澁谷美学の受け付けるところではない。あたかも生きているようでなければならないのだ。話しかけたい気分にならなければならないのだ。崩壊の美学ではだめなのだろう。「生きている」かのような美学だ。

 かつて、点描風に絵画でミクロとマクロの生命観を表現していた。今、物そのものに降りてきて、近づいてきて、愛でるように、その死相を見せている。綺麗にお化粧させて。

 そしてもう一つ語りたい。褒め言葉を重ねるようなものだ。それはインスタレーション作家一般にいえることなのだが・・・。
 これらを収集する課程が大事なのだ。野原を、海山をさまよって探す。作品主旨を語って、提供者などの協力者をつのる。インスタレーション展示には目には見えなくても普通人がしない行為、社会性がへばりついている。
 その点から言えば、今展は作家の途中経過の一つだろう。大きな節目だ。

 個人的美術表現から社会性を模索していた作家だ。おぼろげに感じ、抱いていた社会性を一つ一つ膨らませている。まだまだ膨らむ澁谷俊彦だ。





f0126829_23184953.jpg





f0126829_231939.jpg




f0126829_23191643.jpg




f0126829_23193342.jpg


 



 外光強き世界を見たい。だから僕はもう一度行こうと思う。白という光に包まれた作品達に会いに行こう。その白んだ空気を吸いに行こう。

by sakaidoori | 2013-08-10 23:28 | 門馬・ANNEX | Comments(0)
2012年 04月 02日

1681)②「絵画の場合 2012 最終章」 ポルト 終了・3月14日(水)~4月1日(日)

  

○ 絵画の場合
 2012 
 最終章
   


 会場:ポルトギャラリーA・B 
      (北翔大学北方圏学術情報センター)
        (地下鉄東西線1番出口、西に徒歩5分)
      中央区南1条西22丁目 1番1号 
     電話(011)618ー7711

 会期:2012年3月14日(水)~4月1日(日)
 時間: 11:00~19:00
       (最終日は、~17:00まで)

 【参加作家&美術関係者】
 大井敏恭 笠見康大 小林麻美 澁谷俊彦 武田浩志 谷口明志 塚崎美歩 末次弘明 西田卓司 林亨 山本雄基 梁井朗 

ーーーーーーーーーーーーーー(4.1)


 1681番①の続き。
 (以下、敬称は省略させて頂きます。)


○ 笠見康大の場合


f0126829_1773783.jpg
     ↑:正面の上の大作は、「支える構造(establishment)」・キャンバス 油彩 163×130㎝ 2012年。        小品は全て、「untitled(私 紙 心象)」・木炭画 ドーサ 油彩 65×50㎝ 2011~2012年。


f0126829_1849974.jpg
     ↑:大作は、「支える構造(lihe best)」・以下上と同じ。


f0126829_18501871.jpg
     ↑:上の大作は、「支える構造(健忘症)」・同。


f0126829_221658.jpg



f0126829_22162435.jpg



 ギャラリーの全体空気を支配している作品群だ。気持ち良いとか、心にドーンとくるとか、魅せられるとは少し違う。絵画の勉強をしていて、その過程を強く見せている。「実験絵画」なのだろう。真摯な姿勢、日頃の研究・研鑽・勉学が想像される。が、生理を知で料理しているみたいだ。さらに言えば何かを隠している感じもする。

 小品のタイトルの副題が面白い。「紙 私 心象」。
 「心象」という言葉が気になった。「絵は画家の心の産物だ」という意味か。喜怒哀楽とか心模様という狭い意味での心象スケッチではないだろう。「知+喜怒哀楽+世界認識」という画家の世界、堅い「心象世界」だ。自己を覆う鎧にもなりかねない絵画のよう。その鎧が他の作品に無意識に襲いかかっているみたいだ。


○ 澁谷俊彦の場合


f0126829_19285937.jpg
     ↑:(タイトル等記録ミス。すいませんでした。)



f0126829_19241429.jpg



f0126829_1925213.jpg



f0126829_19254734.jpg





f0126829_19261924.jpg

 

 風になびいてふ~らふ~ら、ゆ~らゆ~ら、白い体が軽~く軽く、仄かに輝やいている。
 広い空間だ、大きく広がればと思うが、空調の関係かもしれない。飾りのようにふ~らふ~ら、ゆ~らゆ~ら・・・。
 美しき道をマイペースで行く澁谷俊彦。風に光に湿度に空気に、デザインが風景に溶け込もうとしている。目立ちはしないのだが、さわやかで可愛く綺麗だから、気付けばその存在を目が追ってしまう。

 氏にとっての「絵画の場合」とは、「自然」と「人工的な作品」との関わりを問うことみたいだ。現代的な心地良い関係を作り、そこに「人」も加わる。その三つ巴の関係を尋ね歩いているみたいだ。人の社会の「三角関係」は危ういバランスで成り立っている。澁谷・三角関係はまだまだ形成過程だ。

by sakaidoori | 2012-04-02 22:18 | ポルト | Comments(0)
2011年 05月 23日

1562) 「澁谷俊彦・展 ートノサマガエルの雨宿り」 創 5月18日(水)~5月29日(日)

f0142432_16225080.jpg
○ 澁谷俊彦・展 

   ートノサマガエルの雨宿り
 


 会場:ギャラリー創(ソウ)
     中央区南9条西6丁目1-36
      U-STAGE・1F
      (地下鉄中島公園駅から西に徒歩5分。
      南9条通り沿いの南側。)
     ※駐車場は2台分完備
    電話(011)562ー7762

 会期:2011年5月18日(水)~5月29日(日)
 休み:火曜日(定休日)
 時間:10:00~18:00
     (最終日は、~17:00まで)

ーーーーーーーーーーー(5.22)


f0126829_1091564.jpg
          ↑:(歩道からの会場風景。ガラスに写った景色と重なり、何やら芸術的スナップの誕生。)


 (以下、敬称は省略させて頂きます。)

 最近の澁谷俊彦は、気取った秘密性をかなぐり捨てている。白板に七色の中間色を映し、心地良い世界に浸っている。
 今回は円盤。板は浮遊し、重なることによって色を映し、遊び心にカエルを置いた。カエルだったら、円盤は池でしょう、蓮はつきもの、静かな波紋も付けたい、だったら小雨の滴でしょう。そうしてできた「トノサマガエルの雨宿り」。そこで一句、「七色や カワズ夢見る 滴道」。

 今展は見て楽しむもの。それなりの栄通写真技術で会場に思いを馳せて下さい。そして地下鉄に乗って、中島公園で降りて、交番の前を通って、トノサマガエルにあってみましょう。


f0126829_1093531.jpg



f0126829_103642100.jpg



f0126829_10371615.jpg



f0126829_10385083.jpg



f0126829_10441989.jpg



f0126829_113192.jpg
f0126829_10573217.jpg


f0126829_1059574.jpg




f0126829_1047148.jpg
f0126829_10472722.jpg



f0126829_10475560.jpg




f0126829_10483724.jpg


 今年も続々と澁谷俊彦は走る。
 こだわりを捨ててかけっこだ。
 逐次お伝えしたいと思う。

by sakaidoori | 2011-05-23 11:10 | 創(そう) | Comments(0)
2011年 02月 22日

1472) ③モエレ沼公園 「SNOWSCAPE MOERE 6 (スノースケープ モエレ)」 終了・2月18日(金)~2月20日(日)

○ SNOW SCAPE MOERE 6 

   (第6回 スノースケープ・モエレ
  


◎ トーク・イベント  

    ・管啓次郎 × 佐々木愛 
    ・服部文祥 「サバイバル」

◎ 展覧会 於・ガラスのピラミットの雪倉庫

 【参加作家】
 今村育子 河田雅文+伊藤明彦 札幌市立大学山田ゼミ 澁谷俊彦 高臣大介 ICC+S-AIR創造資源開発「アートによる地域資源活用事業 Chen Hangfeng(上海) 村山修二郎(神奈川) 

◎ ワーク・ショップ  ビバーク入門・児玉毅 

◎ スノウ・ラウンジ 於・雪倉庫内

◎ 他 イグルー作り、子供雪合戦大会 
   

 会場:モエレ沼公園・ガラスのピラミッド[HIDAMARI]とその周辺 
     東区モエレ沼公園1-1
     電話(011)790-1231

 会期:2011年2月18日(金)~2月20日(日) 
 時間:11:00~17:00
     (19日は、~20:00まで)

 主催:当実行委員会 (財)札幌市公園緑化協会

※ 注意 ⇒ 時間や料金など、詳細はパンフを拡大して確認して下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーー(2.18)

 (1468①、1469②の続き。)

 (以下、敬称は省略させて頂きます。)


 残りの展示作家2名の掲載です。


f0126829_1656021.jpg
     ↑:(左上の四隅にガラス作品がぶら下がっている。誰かがのぞき込んでいるのがわかると思います。)


f0126829_16574862.jpg
          ↑:高臣大介、(ガラス・オブジェによるインスタレーション展示。)


f0126829_16592789.jpg



f0126829_1701983.jpg
f0126829_1703349.jpg



 広い空間にお客さんのようにして温和しく四隅にたたずんでいる。
 う~ん・・・、小振りだ・・・、小さい世界だ。常連参加作家が、他の作家をおもんばかって遠慮がちに出品した感じだ。この広い空間に、この占有面積は寂しい。しかもガラスは白く、会場も白く、目立たないことこの上ない。目立つことが美術ではないが、目立って欲しい高臣大介だ。


f0126829_18341275.jpg


f0126829_18345431.jpg



 雪倉庫に吊り下げられていた高臣・ガラス作品だ。どうということはないが、良いものだ。何の気なしに天井を見たら、何かがある、ガラス作品がある。作品がそこにある必然性など無いのだが、作品があれば人の意識はそこに向く。そして、その周囲に意識が向かう。何かの発見や気付きに繋がるかもしれない。
 この作品のように、悪戯小僧・高臣ガラスがそこそこに徘徊する。目立ちはしないが、しっかりと腕白振りで自己主張するかもしれない。


f0126829_18482965.jpg


 最上階の渡り廊下から外を見渡す。機械的構造ラインが目を覆う。建物に寄り添うように可愛く蛍火のように澁谷作品が輝いている。

 外から作品に近づくことはできない。2階のガラスの部屋から見て楽しむだけだ。僕らは何もできない。代わりに陽の光や雪の重なり、風の趣で作品はいろいろと顔をかえるだろう。


f0126829_19455840.jpg



f0126829_19444810.jpg



f0126829_1950887.jpg
f0126829_1951715.jpg



 僕は澁谷俊彦・作品を屋外でみるのは初めてだ。白地にコンペイトウ色はよく似合う。マシュマロがとろけてしまいそうな甘さを思う。だが、雪の自然公園は広い。窓辺から離れたがらないキノコのよう。
 この作品の原点は円山CAIの半地下空間だった。暗闇で輝いていた。形を変え、色を変え、いろんな空間を渡り歩き、今外に出た。そういう意味では発展途上のガラスのピラミッド展だろう。
 この建物からモエレ山まで澁谷・キノコが道標になる。モエレ山から見下ろせば、そこそこで蛍のように輝いている。雪蛍だ。イサム・ノグチの土俵で、コンペイトウ色をノグチはどう思うだろう?ほほ笑むかもしれない。
 壮大な澁谷・灯り展、何かが見えてくるかもしれない。

by sakaidoori | 2011-02-22 00:06 | ☆モエレ沼公園 | Comments(2)
2010年 08月 13日

1333) エッセ 「澁谷俊彦・展 ーコンペイトウの隠れ家 2010ー」 終了・8月3日(火)~8月8日(日)


○ 澁谷俊彦・展
   ーコンペイトウの隠れ家 2010ー
   

 会場:ギャラリー・エッセ
     北区北9条西3丁目9-1 
       ル・ノール北9条ビル1階
     (南北に走る片側2車線道路の東側。)
     電話(011)708-0606

 会期:2010年8月3日(火)~8月8日(日)
 時間:10:00~19:00
     (最終日は、~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー(8.3)

f0126829_2144833.jpg


f0126829_21443329.jpg
     ↑:(外からの風景。)


 大人の玩具のような世界だった。

 黄昏時の光も作品には悪くはないだろう、そんな気持ちでの遅い訪問だった。この選択は少し失敗だったようだ。強い光を白い板が力一杯吸い込み、その白地に小道具の色付いた影を映す。さらに四角い板の黒い影を床に投影し、浮遊感を際だたせる、そんな光景が今展にはふさわしかったようだ。

 つまり、「見るー見させる」展覧会だ。
 副題にある「コンペイトウ」を作品に紛らわせて、「見つけて遊ぶ」という参加型の展覧会ではなかった。そう予測したのが間違いだった。


 とにかく綺麗な展示だった。
 四角や丸や三角という幾何学模様、白をベースにして黄・ピンク・緑などをはわせて、遊び心を演出している。光と影が浮遊感と色付いた闇を作り、全体が未来都市のようにやさしくやさしく収まっていた。


 何だかんだと言っても始まらない。拙い写真だが、そのムードぐらいは伝わるでしょう。
 以下、展示空間へ!


f0126829_2242812.jpg



f0126829_225641.jpg



f0126829_226865.jpg



f0126829_2219669.jpg



f0126829_2274650.jpg
f0126829_2281326.jpg



f0126829_22174056.jpg
f0126829_22182579.jpg



f0126829_1056395.jpg
f0126829_10561629.jpg



f0126829_2212348.jpg




 (以下、敬称は省略させて頂きます。)

 (長い小休止でした、スイマセン。そして、以下長い文章が続きます。)

 デザイン性とうるささと肉筆感、この3拍子が澁谷ワールドの特徴だ。都会的センスと自己主張と言い換えてもいい。

 デザイン性は今展の作品でも充分に発揮されている。写真を見て頂ければ一目瞭然だ。

 デザイン感覚と自己主張をつなぐのが「白」だ。氏にとっては目に見えない下地の「白」ではない。額装や装飾の白であり、他を引き立たせる脇役なのだが、うるさいくらいに「白」が目立つ時がある。
 今展の良さは「白」をしっかり主張していることだ。白という大海の中で全てがコンパクトに場を占有し、色輝く中で灰色ゾーンや闇色ゾーンを表現している。
 だから、氏の特徴である「賑やかな絵画」が入る余地が無くなった。以前のインスタレーションは部分部分の総和という印象があった。個々の関係であり融和であり調和であった。今展は「初めに全体ありき」である。

 氏は遊びや鑑賞者との触れ合いを求めてインスタレーション作家になった。枠からはみで、壁からはみで、空間を追求する人になった。その一里塚において、結果的には静かな自分のイメージ世界を「見せる作家」になってしまった。
 素晴らしい展覧会ではあるが、元々持っている氏の特徴が先祖返りをして拡大復活したともいえる。肉筆感無き強き自己耽溺ともいえる。
 「作品を見せる作家」から「時空の流れで関係性を模索する作家」を求めて、これがインスタレーションの出発であった。まだまだ続く「澁谷玩具の世界」だ。

by sakaidoori | 2010-08-13 11:33 | エッセ | Comments(2)
2009年 07月 22日

1042) 紅桜公園 「澁谷俊彦・展 -森の雫 09-」 終了・7月18日(土)~7月20日(月)

○ 澁谷俊彦・展
   -森の雫 09-

 会場:紅桜公園内 茶室寿光庵
     南区澄川4条13丁目389-6
     電話(011)581-4858  

 会期:2009年7月18日(土)~7月20日(月)
 時間:10:00~17:00
     (初日のみ、12:00~)

 料金:園内での散策を含めた鑑賞のみの場合は入園料(300円)が必要。
      飲食メニュ⇒茶屋利用(菓子付き抹茶 680円、他)
              茶室メニュー (問合せ下さい。)

 【公共交通手段】 
  地下鉄真駒内駅6番バス乗り場より、
   [南81]西岡線「豊平清掃事務所前」行き乗車。
             「澄川南小学校前」下車、徒歩12分です。
 
   時刻表。 行き、真駒内発     10:00 12:25 14:25 16:25 
          帰り 澄川南小学校を 10:22 12:47 14:47 16:47 18:47
          (土日祝ダイヤ)


ーーーーーーーーーーー(7・20)

f0126829_20552264.jpg

f0126829_20562130.jpg


f0126829_2058538.jpg


f0126829_210731.jpg


f0126829_213493.jpg


f0126829_2144065.jpg


f0126829_2162335.jpg


f0126829_211030100.jpg



 最近の天気は晴れ間が少ない。この日は幸い良い天気であった。

 「久しぶりに晴れて、良かったですね」
 「そうですね。でも、昨日は雨だれの音も聞こえてなかながでしたよ。・・・」

 確かにそうだ。和の空間は自然を取り入れて成り立つものだ。満月よりも朧月夜を良しとした平安貴族の美学を忘れてはいけない。
 足を運ぶには少し不便な所だが、訪問客は途絶える事はない。本来ならば、作家はじっくり座ってお客と対話したいと思う。代わる代わるの客人に、笑みを浮かべて嬉しそうに対応されていた。


 写真は玄関から、二つの茶室、隣接する赤いカーペットのひかれた廊下と進行方向に掲載。(最後の写真は逆向き。)
 
 茶室、廊下と沢山の作品が並んでいる。畳に座って、ゆっくりと個別の作品を愛でるというものではない。あたかも柱状の作品が茶室の主人とお客で、白テーブルを囲んで茶をたしなんでいる。その空間を我々人間がお邪魔をしているみたい。
 主人公は作品だ。だからお邪魔している「ひと」達は作品の動き・視線と同じ高さで向き合うのが望ましいのだろう。
 柱状作品と会話をする、意志の疎通を計る、光がくればその変化に優しく対応させる、椀状の作品とは茶会の会話のように、「畳の部屋の気分はどうですか?色はうまく反射してますか?」と、心の中で掌に乗せて聞いてあげたらいいのだろう。

 インスタレーションにおける美学に、二つのアプローチがあると思う。全体(空間)に重きをおくか、作品を生かすことに重きをおくか。
 例えば、前者は展示される壁を生かすのに、たった一点の作品をどの位置におくか。
 後者は、作品を引き立たせるために、壁のどの位置に展示するか。
 前者は和みやインテリア空間に応用され、時には絶対美学の追求の場にも発展する。
 後者は作品そのものとの関わりが大事で、作品と作家と鑑賞者の関係がより人間臭いものになるかもしれない。

 おそらく、澁谷俊彦氏は後者だろう。
 氏の作品は宇宙の広がりや四季の移ろいを感じさせる。日本美に親和性の強い作家だと思う。ところが、展示となると額装の白さなどを利用した日本美なのだが、沢山展示して余白美とは異にしている。
 氏はもともとは版画家で平面展示作家であったと聞く。最近の発表はインスタレーションが主流だ。なぜそうなったのだろうと時々考える。思うに、平面空間での大人しい展示に物足りなさを抱いたのではないのか。展示壁面に作品と鑑賞者(作家自身)の間に見えない壁が見えてきた。見る人が作品に行かないならば、作品の方からこちらに出向かせよう、何とかして作品自身が世の中を闊歩する、させたい。そのことが触れる作品ということにもなって、親しみやすい澁谷・ワールドになったのだろう。
 点描がおびただしく画面に重なり、内に内にとエネルギーが向かう絵画だ。そのエネルギーがお椀や柱の形を借りて、外の外に行こうとしている。それは、もともとは外に爆発させたかった氏のエネルギーが、ようやく美術の形式て実現しているのかもしれない。
  

f0126829_22215938.jpgf0126829_2223453.jpg












f0126829_22253231.jpg


f0126829_22291480.jpg


f0126829_22295689.jpg


f0126829_22305734.jpg


by sakaidoori | 2009-07-22 22:51 | ★その他 | Comments(2)