栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:橋本つぐみ ( 3 ) タグの人気記事


2016年 04月 28日

2502) ①「群青(ぐんせい) ①前期『対展』」 アートスペース201 終了/前期:1月28日(木)~2月3日(火)

 群青」(ぐんせい)展

  ぐんじょうと読まないで下さい。
  ぐんせいと読んで下さい。「群れる青い人達」です。

ーーーーーー

●第3回 丸島均(栄通記)企画

群青(グンセイ)
  八つの展覧会
  〔写真、絵画、書、ドローイング、テキスタイル、立体〕

 「群れる青い人達」による自己表現展です。
雪固まる1月、2月・・・
寒い・・・
少しでも元気になれれば・・・ 

●会場:
アートスペース201
札幌市中央区南2条西1丁目山口ビル5&6階
電話:011―251―1418
   
●会期:
前期⇒2016年1月28日(木)~2月2日(火) 
後期⇒     2月4日(木)~2月9日(火)
(前期は6階3室のみ。後期は全館5室の展覧会。)

●時間:10:00~19:00 
    (各会期最終日は、~18:00まで)
 
前期・6階C室
○「対展 Ⅰ」(写真中心の美術展)
西口由美恵 小野寺宏弥 加藤良明 黒澤智博 笹谷健 篠原奈那子 鈴木悠高 加藤エミ 橋本つぐみ 庄内直人、佐々木練・・・(以上11名。)

前期・6階A室
まる「男展」(写真展)
金侑龍 小林孝人 佐々木錬 松尾泰宏  

前期・6階B室
○「鉄の灰」(写真2人展)
阿部雄 千葉貴文

ーーーーーーーーー(1.28)

 群青展(2016年)も終了して、はや2ヶ月。細かい報告をしていません。遅まきながら記していきます。全部で8個の展覧会です。最低でも10回は書かないといけない。気長にお付き合い下さい。


 さて、前期・対展です。11名の参加、①として一人一人紹介していきます。全体の印象は②の最後に記します。



f0126829_10215643.jpg




f0126829_10224498.jpg





f0126829_102673.jpg
   ↑:黒澤智博(北海学園大学写真部OB 2008年卒)、「ナカミとソトミ」・A1。



 大きな作品だ。すっきり青空でシンプル勝負、さわやかだ。この時期、違う会場でも大きな作品を出品していた。やはりAIの大きさだった。しかも沢山だ。「大きく表現をしたい」、ちょうどそういう時期だ。

 見上げる新東京タワー、よくあるアングルだが、意外な感じで迫力もある。大きな作品にしたのが効果を高めているのだろう。撮り手の素直な真一文字の感覚と、タワーの屹立する姿勢が、ともに上昇志向で駆け上がっている感じだ。
 対するタワーの室内風景、情報も一杯あって、一枚の作品として見るのならば楽しめる。だが、見上げるタワーの力量感には負けた感じだ。ここは普通に「ググッと見下ろす」作品が並んだ方が良かったのではなかろうか。「対」ということで、いろいろ考えたのだろう。考えた結果はイマイチだったが、「大きな対」の試みは今後に生きるだろう。




f0126829_10262119.jpg
   ↑:篠原奈那子(藤女子大学2年写真部)、「曖」・バライタ。


 女が女という性を、ムードを美しく撮る、チョット悩ましく。

 「愛」って、「心が晴れやかでひたきな気分」と思っていたら、全く逆な意味だった。「心にせつなく何かがたまり、そぞろ歩きでなかなか前に進めない」、「後ろの人(死んだ人か?)が気になって、去りがたい」との意だった。そして「曖」は「お日様が雲に邪魔されて進みがたい、そのお日様がぼやけて見える=曖昧な姿」だ。
 きっと篠原奈那子は自分の青春心象を作品化したのだろう。要するに「心が曖昧」なのだ。「青春って、そんなものさ」、と言えばお仕舞いだ。そこに人生があり作品が生まれる。作品、なよなよしていないのが良い。しかし、作品は綺麗だ。女性というものは悩んでいても美しくありたいものか?男の悩みはおぞましく醜い。


 会場には被写体のモデル嬢も来てくれた。ご紹介します。藤女子大学生です。


f0126829_13122276.jpg






f0126829_13164864.jpg
   ↑:西口由美恵(北海学園大学写真部所属)、「『  』」。



 合成写真だ。西口由美恵も青春ものだが、こちらは「群れと個」がテーマだ。群れは群集であったり、風景であったり、何枚かの写真の寄せ集めであったり・・・そういう中で、傘を友達にして透明人間気分でさ迷っている感じ。作品心は淡々としているが、写真心は「私、写真大好き、もっともっと遊びたい、しゃしんの秘密とお喋りしたい」とつぶやいているみたい。

 作品は2点あるが、それぞれが完結していて、1枚で充分な世界だ。「2点で対」、というより、「対とかいろんな要素を一枚の作品に詰め込んだ」という作品群だ。




f0126829_13272143.jpg
   ↑:橋本つぐみ(藤女子大写真部OG)、「ジグソーパズル」・A3。



 とても絵画的な作品だ。個人的には左側の作品が特に気に入った。真ん中の何もない空間、この空間がいたく胸にしみる。「何にもないんだな~、何にもないんだな~・・・でも、気になるな~」この感触は何なんだろう?「自分自身を見つめる穴」とでも言おうか?あるいは、「見果てぬ夢の残骸・・・」

 そんなわけで、右側の洗面台は余韻のような存在になってしまった。橋本つぐみの意図はわからない。ただ単に日常のモノゴトが「ジグソーパズル」に見えて、一人楽しんでいるだけかもしれない。ただ、気分良く出品したのは間違いない。仕事も忙しそうで心配していた。忙しさも悪いことではない。





f0126829_1341835.jpg
   ↑:笹谷健(北海学園大学Ⅱ部OB)、「進め」・A3。


 とても暗い印象。でもタイトルは「進め」、この実直シンプルな命名さと作品そのものから伝わる印象が離れている感じ。
 左側の後ろ向きの作品。「前に向かって進もう」ということだろう。だが、後ろ向きスタイルは作品世界を過去にも引っ張っている。過去と未来の両義性を主張しているのではないだろう。そうなると、被写体の姿とは別の問題として、写真の技術力をも前提にした表現力として「進め」になっているのかどうかだ。

 右側の作品、これはもう葬送曲が流れているような場面だ。中心にはこちらを向いた男性が座っているのだろう。一目では識別しがたい。どこか死人が花道をこちらに向かってやってくる、、、そんなシュールな不可思議な世界だ。

 笹谷健は「物語」を作る撮影者かもしれない。今回は、その物語が一人歩きし過ぎちゃって、見る側との距離が離れていった感じだ。彼固有の物語性を「対」という約束事が狭くしたみたいだ。きっと、「対」ということを考え過ぎたのだろう。考え過ぎることは良いことだ。だが、「考え過ぎ」が鑑賞者との距離を遠くしたみたいだ。



 ②で、残りの6人を紹介します。

by sakaidoori | 2016-04-28 18:09 | 群青(2016) | Comments(0)
2015年 02月 21日

2465)「竹中春菜 橋本つぐみ(藤女子大写真部4年)二人展 reply」ニュー・スター 2月17 日(火)~3月2日(月)





竹中春菜 橋本つぐみ 二人展 
reply

 
(藤女子大学写真部4年)


 会場:ギャラリー ニュー・スター
      中央区南3条西7丁目・KAKU1階
       (西向き一方通行の道路の北側。
       美容室kamiyaの隣。)
 電話:
 期間:2015年2月17 日(火)~3月2日(月)
 休み:火曜日(定休日)
 時間:11:00~20:00
      (日曜日は~ 17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーー(2.20)



f0126829_10521360.jpg



f0126829_10534029.jpg



f0126829_10525197.jpg




 ビシッと決めたモノクロ・ワールドだ。

 橋本つぐみはやや淡い色調で心象気分。
 竹中春菜は黒の強さに変化をつけ、被写体そのものと向き合う姿勢。
 狭いギャラリーは二人の巣箱のようだ。ヒバリさえずる生娘(きむすめ)2人展だ。


 昨日拝見。それにしても良い天気だった。天気に誘われてか、3人の塊ができた。見知らぬ女性は気分は上々で目が笑っている。無言では立ち去りがたい雰囲気、何となく二言三言の立ち話。2月というのに春気分の陽気は他人同士を引きつける。
 もう一人の男性は顔見知りの写真家。始まったばかりというのに2度目の訪問という。これまた良い感じで立ち話だ。


 (以下、敬称は省略させていただきます。)



 左側の橋本つぐみから載せます。



f0126829_14265628.jpg




f0126829_1428476.jpg

f0126829_14281539.jpg





f0126829_14284844.jpg




f0126829_14292382.jpg


f0126829_14293452.jpg





f0126829_14302174.jpg






f0126829_14312274.jpg





f0126829_14305282.jpg




f0126829_18191549.jpg






 橋本つぐみは高校時代から写真発表をしていた。僕はその頃を全然知らない。彼女を知る人たちは大いなる期待で見守っていたはずだ。

 結果は・・・、僕は伸び悩みだったと思っている。
 大学入学時のお祝い桜写真も見た。同性愛者達の街中行進も撮っていた。「女」あるいは「女の子」の性にも取り組んでいた。藤女子大特有のモノクロで「風景」にもチャレンジしていた。
 圧巻は、今回の相方・竹中春菜がモデルだ。昭和ロマン的な「女の子」の標本世界でゾクゾクとした。抜群に良かった。橋本のテーマの一つ「女、女の子、性」にも適っていて、その自作の期待を高めた。

 しかし、ここからがいけなかった。相棒・竹中春菜への全面的な信頼は、他の被写体を強く見つめるキッカケにはなれなかった。

 もしかしたら橋本つぐみはセンチメンタルでロマンティックな女の子なのかもしれない。「何かを強く撮らないといけない」という自意識と、「自分の気持ちを吐き出したい」という感情が上手く重なっていないのかもしれない。

 今展、素直な作品だと思う。優しさもあり、男の撮るモノクロとちょっぴり違う感じだ。でも、結局は意図的に求めていたこととは随分違う位置にいる。自分に正直になたのだろう。回り道、試行錯誤の「卒業」という儀式だ。
 卒業後もモノクロに拘るのか?原点のカラーに戻ってより楽しく写真をするのか?な~に、焦ることはない。気長に続けて、大学時代とは違った橋本を見せたらいい。




 次は竹中春菜です。




f0126829_17384253.jpg




f0126829_17393335.jpg



 おーっ、森山大道顔負けの迫力だ。いきなりのハード・パンチだ。




f0126829_17461255.jpg




 この花は撮影者自身だ。

 竹中春菜は野に咲く花を愛する。綺麗とか可憐ではなく、強くしっかりそこにある、という姿を愛する。だから、単作で勝負するタイプだ。その一作の中に自分自身を含めた全部を表現する。そういう意味でのモノクロ派だ。ありのままの美ではなく、誇張を含めてあるべき姿としての美を探求している。理想や願望を強く自覚している。



f0126829_17414097.jpg


f0126829_17415059.jpg






f0126829_17454915.jpg



 まるで中国の「集合住宅のある風景」みたいだ。どこか場末がかって現代との断絶を感じる。それは「昔々~」とか、「トンネルを抜けると・・」で始まる物語の手法で、見る者を別次元に誘う。

 僕は先ほど、「竹中春菜は単作作家」だといった。今まではそうだった。ここにきて、彼女の中の物語が蠢き始めた感じだ。きっと今までは「自分らしくある」という写真に拘っていたのだろう。写真による存在証明だ。その段階は終わった。まさしく「卒業」した。今展は「物語の始まり、予告編」だ。展示作品の黒の色使いはかなりバラバラだ。意図したものではないだろう。あれもしたい、これもしたいという気持の表れだ。

 きっと、地道に写真努力をしたのだろう。気持ちの上では焦っていても、一歩一歩着実に技術と感性を磨いたのだろう。



f0126829_1813522.jpg



f0126829_18135160.jpg





f0126829_18143698.jpg




f0126829_18145049.jpg







  ------------

 以下、雑談。藤女子大とモノクロ雑考。



 藤女子大学写真部4年の竹中春菜と橋本つぐみの二人展。いわゆる卒業記念展だ。

 ここの写真部はモノトーンで有名だ。だからだから今展もモノトーンだ。

 不思議なものだ。他大学写真部も暗室の備えはあるのだが、今や発表はカラーが主流と言ってもいい。そして被写体は極々普通の身辺事情ばかりだ。
 その中で、女子大学なのに孤軍奮闘でモノクロ主体でやっている。さぞや男勝りの勝ち気な女性と思いきや、いたって普通ムードで可愛い女子学生ばかりだ。しかも小柄だ。暗室の中でジトーっと時間をかけて写真に向き合う。「良い黒よ黒よ、出てこい!」、「あ~、この淡い灰色が良いんだよな~」と自問自答しながら悪戦苦闘しているだろう。間違いなくそれは良いことだ。

 写真行為をすること、写真を知るには暗室体験は最高だ。悪いわけはない。ところがどうしたことか、この女子大学の卒業生達、卒業後の発表をあまり聞かない。

 何故か?僕は根ながら考えた。

 結論その一。
 モノクロからカラーへの意向に失敗したのだろう。変にモノクロに拘りすぎたのだ。
 卒業後に暗室制作を続けるのは至難だ。それに、これはどんな写真家にもいえるのだが、デジカメで膨大な写真を撮っている。至って普通の女の子がモノクロを続けるのには無理がある。

 結論その弐。
 モノクロは男の美学だと思っている。そこにはウソがある。いや、ウソばかりだ。だからカッコイイ。ウソの中で勝手に空想、妄想に浸ることができる。壮大なロマンに酔うことができる。
 だいたい、現在の美術は西洋価値観を前提にしている。その西洋美学&美学史は男の価値観の結晶だ。
 そのモノクロを普通の女の子が継続するには無理がある。

 結論その参。
 被写体としてはモノクロは何でも料理しやすい。料理とはまさに加工で、撮影者の美学に高めることだ。多重露光でとんでもない加工をしても、黒の美学を重んじるモノクロはあまり異様とは思わない。むしろ、「虚から実」というサインになる。
 その点、カラーは等身大を前提にしている。もちろんいかようにも加工できるのだが、加工それ自体が「実から虚」というサインになる。
 空想よりも生身の実感を愛する女性軍は、鑑賞はともかくとして、なかなか無意識的かつ自覚的に「虚」を前提にはしにくいのでは。

by sakaidoori | 2015-02-21 18:21 |    (ニュー・スター) | Comments(0)
2012年 06月 22日

1799) 「藤女子大学写真部 新人展 ~撮る前、ロマン~」 資料館 6月19日(火)~6月24日(日)

  
  
   藤女子大学 写真部 

     新人展
  ~撮る前、ロマン
 

             

 会場:札幌市資料館2階6室
      中央区大通西13丁目 
       (旧札幌控訴院。
       大通公園の西の果て)
      電話(011)251-0731

 会期:2012年6月19日(火)~6月24日(日) 
 休み:
 時間: 9:00~19:00
      (最終日は、~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーー(6.21)

f0126829_10195537.jpg


f0126829_1020683.jpg


f0126829_10201599.jpg



 モノトーンで名をなす藤女子大学写真部だ。

 新人展ということもあってか、ちょっと元気不足だ。
 新1年生を含めた、新入部生は写真歴が浅いので、目立ちたがり精神が低いのは当然だろう。だが、1年生は入部も浅いのにそれなりの数を出品していて好感が持てた。
 問題は2年生だ。今展を低調にさせている元凶は彼女等にある。全員とは言わない、誰かがドドーンと元気印を発揮すればいいのに。2年生は新人ではないが、今展の本当の主役はあなた方にあるのに、もっともっと頑張って欲しい。
 3年生、「新人展」ということで遠慮がちの出品だが、それなりに自己表現をしていた。というか、この学校のこの学年は充実していると思う。次回の発表時は主役になって、ドドーーンと「藤女子大学写真部」の存在をアピールして下さい。今しないと直ぐに卒業だ。
 4年生、限りなく控えめに、そして「しっかり、今のわたし」だった。

 会場にはアンケート用紙もあった。今回は当ブログでアンケートに代えよう。
 以下、1年生から順番に作品を載せていきます。最後まで載せるつもりですが、時間が・・・。


f0126829_1029111.jpg
     ↑:1年・煤田未来

f0126829_10291154.jpg



 時間を堅く止める、そういう感覚の写真群だ。おspらくそれは無意識の結果だろう。だが、こうして個性が自然に出ていて良い。堅くて真面目な学生かもしれない。



f0126829_10361723.jpg
     ↑:1年・尾初瀬陸子

f0126829_10362939.jpg



 影を撮ったり、置いてけぼりのボールだとか、ロマンティックでクサイ作品だ。だが、クサクて大いにいい。こういう恥ずかしい作品を撮って見せて表現者は皆な成長していく。
 人が好きなのだろう。ニギニギ場が好きなのだろう。次回は2歩前進した被写体、前向きの顔が見たい。その次は半歩後退した作品だ。


f0126829_10442017.jpg
     ↑:1年・岩田千穂


f0126829_1045487.jpg



 写真が好きで何でも撮っちゃおう、でも、近づくのが恐いな~、そんな声が聞こえる。やっぱり近づいて撮らないと、心が見えない。写真部に入ったからには勇気を学ぼう。
 (しかし、僕も恥ずかしくもクサイ言葉を並べているものだ。その代わりに、彼女達に接近して語っているつもりだ。一期一会の切り捨てゴメンに聞こえるかもしれない。許してくれたまえ。)


 次は問題の2年生だ。


f0126829_10551752.jpg
          ↑:2年・橋本つぐみ

 物語の好きな人だろう。それも、カラーを愛する人のようだ。その色具合が白黒のグラデーションに生きてはいない。チャンと撮ってはいるが、う~ん・・・。
 読書に喩えれば、青春本だ。冒頭を読んだら、「あら、若くておもしろそう」、とつぶやいてページを開いたら真っ白、ディ・エンドだ。そんな不完全燃焼の展開だ。
 何を遠慮しているのだろう。白黒表現の技術不足は仕方がない。なぜ、心の物語大きく拡げて他人に問おうとしないのか?


f0126829_118218.jpg


 
 背のの小さい人だ。が、批判がましい言葉にも物怖じせずにバッチリと目が定まっていた。
 「2年生、どうしたの?」「伸び悩みだと思います。皆な、いろいろあって・・」
 伸び悩みは橋本つぐみ本人だろう。
 「次回はタノムヨ」「はい、もっと上手くなります」「いや、上手くならなくってもいい、もっと大きく沢山出そうよ」
 そして約束しあった、「次回は10枚」。合い言葉は「大きく沢山」だ。


f0126829_1146378.jpg
          ↑:2年・熊林美稀


 気分は、「直線、視線、道の先にあるもの」だ。テーマはしっかりしている。撮影者の志向がうかがわれて好感が持てる。だが、あまりにテーマに拘りすぎて、脇を見ていない感じだ。作品から不思議さというか、作家の意思を越えたサムシングが乏しいのが欠点だ。この作品の場合は、ただ単に向こうにあるもので終わっている。向こうに至るまでの悩ましい部分がポッカリと消えている。
 だが、それも徹底して一点を見つめる作品群を発表したから見えたのだ。短所を引き上げる必要はない。長所を生かさない短所を自覚することは大事だ。


f0126829_1363883.jpg
          ↑:2年・竹中春奈

f0126829_13154337.jpg



 もの悲しい心象気分の作品群だ。コンパクトすぎて世界が小さくなった感じだ。



f0126829_13204177.jpg
          ↑:2年・小林紗佑理

 今回は1枚の出品。次回を楽しみにしています。



f0126829_13245262.jpg
     ↑:2年・奥村明日稀


 残念ながら、今回はテンションが低い。それは仕方がない。多人数の部活だ。そういう人がいてもいい。

 問題は、一番目立つ場所に彼女の作品群を展示したことだ。それは、「藤女子大学写真部」のセンスが疑われる。(私見だが、熊林美稀君を正面の目立つ場所に置き、熊林君の置いていたところに橋本つぐみ君、橋本君の場所に奥村君だ。どうでしょうか?)


 とりあえず1、2年生だけは報告できました。できれば3、4年生とも思いますが、②は未定です。


f0126829_13403061.jpg
 

by sakaidoori | 2012-06-22 14:16 | 資料館 | Comments(1)