栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:樽前山 ( 1 ) タグの人気記事


2012年 10月 26日

1845)① 「支笏湖紅葉巡り (樽前山 王子製紙水力発電所 千歳川さけ孵化場)」

  

 本格的秋になった。今年の残暑は真夏並みだった。だから紅葉も心配だ。気を揉んでも仕方がない。遅いかもしれないとの思いで、支笏湖に見に行った。

 支笏湖までは遠い。例年とはかなり様子が違うが、やはり山は秋だ。葉っぱを落とした木々、枯れ葉色に染まる木、一方でまだまだしっかりと緑をたたえている木など、100%紅葉とは言い切りがたいが、青空の下での風景はやはり楽しいものだ。
 黄色を代表するシラカバの発色はダメなようだ。赤もあまり目立ってはいない。通りすがりの全体印象を記しておこう。


f0126829_8271778.jpg


 札幌から支笏湖に着いた辺りに、トイレのある休憩所がある。ポロピナイと呼ばれている。近くにキャンプ場もあったはずだ。
 上掲は、そこからドライブ・コースを撮ったもの。


f0126829_8392941.jpg


 恵庭岳方向の景色。


f0126829_839513.jpg


 道路際の景色。


f0126829_8423242.jpg


f0126829_8425715.jpg



 支笏湖温泉区域を過ぎると、道路は湖から一端離れる。支笏湖休暇村入り口を通りすぎて、その近くのモラップ山を迂回して道は進む。途中、ショートカットで砂利道の林道に入る。上の写真はその砂利道からの林の中の様子。
 下草も少ないから、何となく入り込んではぶらぶらと歩き回りたいのもだ。


 さて、本日の目的の樽前山登山だ。
 いつもは一気に樽前山を目指し、ぐるっと廻って風不死岳の麓を通り下山する。この下山しきったあたりの紅葉が素晴らしい。ミヤマナナカマドの赤景色だ。その景色は登山入り口全体を包んではいるが、樽前コースよりも、風不死岳コースの方が抜群に宜しい。というわけで、今日はいつもとは逆に風不死岳コースから樽前山に向かった。


f0126829_8564997.jpg
     ↑:(10:44。)


 登山口付近の景色。赤い山高帽が二つあるが、そこが登山口。


f0126829_8581516.jpg



 入山と同時に紅葉を期待したが、白んだ裸の木々を目にするばかり。ミヤマハンノキか?この白い雰囲気は山頂からでも際だって見えた。



f0126829_921445.jpg


 直ぐにナナカマドが現れた。最近では一番の不作の年だろう。


f0126829_902633.jpg



f0126829_944238.jpg



 遠目からの景色は素晴らしい。山の姿、湖、末広がりのすそ野の様子、空に雲、それらと単純な植生が重なり合い見飽きぬ景色を作っている。


f0126829_9514199.jpg



f0126829_9521058.jpg


f0126829_9522585.jpg



f0126829_9583352.jpg


 右側が風不死岳、左側が風不死岳と樽前山の中間にある942峰。942峰は脇道だが、支笏湖側がよく見えるので、いつも立ち寄る。


f0126829_1015291.jpg


 羊蹄山が見える。黒い雲の右下に、薄い三角錐が見える。それだ。その左側の山並み、黒い雲の真下の山並みがニセコの山々だ。


f0126829_1042533.jpg


 女性の左後方の山が、今登った942峰。


f0126829_1054565.jpg


 さぁ、樽前山を目指そう。瓦礫地帯を歩むばかりだ。


 たいした項目ではありませんが、②に続きます。支笏湖の紅葉事情を、何となくお伝えしました。

by sakaidoori | 2012-10-26 10:10 | ◎ 山 | Comments(0)